職業から進路や進学先を考えよう!!はこちら

職業から進路や進学先を考えよう!! 職業から進路や進学先を考えよう!! 職業マップ音楽・音楽ビジネス関連の仕事

人々を魅了する音楽イベント

華やかな音楽イベントのステージが完成するまでには、そこに立つアーティストを取り巻く、たくさんの仕事が関わっています。

楽曲を創作する

  • 作詞家作曲家
  • 編曲家(アレンジャー)
  • マニピュレーター
  • ミキサー
  • レコーディングエンジニア

楽器店

音楽を発信する

  • レコード会社スタッフ
  • マネージャー
  • ファンクラブスタッフ
  • 音楽プロデューサー
  • 音楽プロモーター

音楽を届けステージを彩る

  • ミュージシャン
  • アーティスト(歌手)
  • バンドマン
    ギタリスト
    ベーシスト
    ドラマー
  • 指揮者
  • オーケストラ団員
  • ピアニスト
  • バックコーラス
  • バックダンサー

ステージを作る

アーティスト・楽曲・ステージを宣伝する

知っとくメモ

作詞家になりたい!

 作詞家になるためには、歌詞を書き発表して、業界関係者に作詞の才能を認められることが必要。決まった進路はないが、作詞法の勉強がカリキュラムに含まれている音楽系専門学校のソングライター関連の学科などに進学するの道もひとつの選択肢だろう。また音楽業界とつながりがある学校に進学することによって、デビューの可能性が高まることもある。

なぜ?アナログレコードの復活劇

 デジタル形式での配信が主流となり、CD売り上げが伸び悩む音楽業界で、唯一勢いがあるとされる分野が「アナログレコード」だ。2016年には79万9,000枚の生産を記録し、前々年と比べほぼ倍増と驚異的な伸びを見せている。さまざまな要因が指摘されており、音楽メディアの「形」としての人気の集め方に、これからも注目が集まりそうだ。

CDよりもライブ?

 ライブ市場は年々拡大し、2015年は公演数、入場者数、年間売り上げ額、著作権使用料額の全てにおいて前年を大幅に上回り、過去最高を記録した。夏に野外などで開催される「音楽フェス」と呼ばれるライブに熱狂する若者たちの姿は、たびたびニュースにも取り上げられている。いま、人々が一層の「体験」を求める時代に突入していると言えるだろう。

希望の仕事を目指せる学校を検索してみよう!