社会保険労務士を目指せる大学・短期大学(短大)一覧 [全国]

検索結果 5件(1-5件目を表示)

学部・学科・コース

外国語学部ドイツ語学科

EUを中心としたドイツ語圏の文化や歴史、社会を分析。より実践的なドイツ語力の取得ができます。

●「言語・文学」「思想・芸術」「歴史・社会」の3つのコース(専攻)が用意され、2年次秋学期に「専門演習」を決定することによっておのずとコースが定まります。コースごとに必修・選択必修科目が異なり、4年次には学びの集大成である卒業論文に取り組みます。

<言語・文学・思想研究コース>ドイツ語の文法、言語の研究方法、ドイツ語の特徴、ドイツ文学とは何か、など言語・文学をめぐるさまざまな問題を専門的に研究します。

<芸術・文化研究コース>ドイツの音楽や演劇、東西美術の比較、建築・美術様式、映画文化などをテーマとして取り上げ、ドイツ思想・芸術論についての専門知識を深めます。

<現代社会・歴史研究コース>ドイツの政治・対外関係、経済・社会、マスメディアやナチス・ドイツをめぐる諸問題など、現代ドイツ語圏における社会事情を研究します。

● 基礎を身につける1・2年次、専門知識を追究する3・4年次
 ドイツ語については、1・2年次の「学科基礎科目」、3年次からの「学科共通科目」の履修を通して、その運用能力を養成します。

● 全国最大規模のドイツ語学科
 ドイツ語学科では、単なるコミュニケーション能力にとどまらず、専門的な文献を読んだり、ドイツ語で討議することのできる総合的な語学力を身につけることを目的としています。そのため、会話力を磨く授業だけでなく、ドイツ語圏の文化や社会に関するさまざまな情報を自ら収集しつつ、関心のある分野に関する高度な専門知識と研究能力を養うための多種多様な授業が開講されており、4年間の学習で着実な語学力と高い思考能力を自然に習得できるよう配慮がなされています。

●実践的なドイツ語を学ぶ 環境が整っています
 1~2年次までの2年間一貫してネイティブ・スピーカーが担当する「総合ドイツ語」は必修科目。1クラス25名程度の徹底した少人数教育でドイツ語の運用能力を習得します。会話力はもちろん、専門的な文献を読んだり、討議したりする総合的な語学力を育てます。

●既習者も満足できる“上位クラス”があります
 入学してからドイツ語を学び始める学生のためのクラスに加え、入学前にすでにドイツ語を学んでいる学生のための既習者クラスを設置しています。そのため1年次から自らのレベルに合わせてより高度な授業を受けることができます。これにより、高い学習効果を得られるのです。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

外国語学部英語学科

「自由に選べる4つの専門コース」+「コース横断科目」

 2年次から選択できる4つの専門コースでは、専門知識に裏付けられた英語学習にこだわり、情報・知識・ノウハウを集約・統合し、自らクリエイトする力を鍛えます。
 また、カリキュラムの柔軟性を重視していますので、学科内のコース科目は他のコース履修者もすべて自由に履修することがでるようになっています。

●グローバル社会コース
 世界の国々や人々がいま直面している問題を多様な視点から考察し、グローバル社会で活躍できる知識と分析力を養っていきます。

●メディア・コミュニケーションコース
 メディアとコミュニケーションの関係を理論と実践の両面から学び、新たな視点をコミュニケートするメディア・リテラシーを向上させます。

●文学・文化・歴史コース
 詩、小説、演劇、映画、音楽などを味わい、分析し、文化と社会の関わり、その中で生きる人間への理解を深めます。

●言語・教育コース
 人間社会の成り立ちに必須な言語、特に国際化の時代に重要度を増す英語の仕組みとその習得について学び、英語を「教える」力を研きます。

●コース横断科目
 国際ツーリズム、ディズニー研究(科目名は「ポップカルチャー・スタディーズ」、「フィルム・スタディーズ」)、世界のブランド等について学びながらグローバルな視野を広げます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

外国語学部フランス語学科

国内最大級の教員数を誇る環境で 幅広い分野の知識を吸収する

●日本最大級の専任教員数
 専任教員16名、特任教員1名が所属し、この分野では日本最大級の専任教員数です。

●実践的なフランス語を学ぶ
 1~ 2年次には、週6回、集中的な授業を実施。丁寧な指導で、フランス語を基礎から身につけます。2年次末にはフランス国民教育省認定試験TCFを無料で受験し各自の語学力が測定され、3年次から習熟度別の授業も受けられます。さらに高度な授業に移行し、知識と実践力を磨きます。

●専門的に学びを深める3つのコース
 3年次からは、興味や関心に応じて「フランス語コミュニケーション」「芸術文化」「現代社会」の3コースから選択。より研究を深めると同時に、将来に役立つ専門知識を学びます。

●4年間を通じてきめ細かく学生生活をサポート
 1年次には専任教員のクラスアドバイザーが、そして3~4年次にはゼミナールの指導教員が、学生一人ひとりをフォロー。研究の指導だけでなく、進路の相談にも応じます。

●多彩な開講科目
 フランス語の運用能力を高める授業はもちろん、言語学、文学、思想、芸術から経済、政治、歴史の授業まで。

●他学部他学科科目の受講
 他学部や他学科の科目を受講することもできます(一定の条件あり)。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

外国語学部交流文化学科

「英語プラス1」×「フィールド的思考」×「出会い」

●交流文化とは?「ツーリズムの先へ」
 国境を越えて移動する人とともに、国や民族に固有のものと思われがちだった文化も交流して変化し、つねに新しく創造されていきます。そうした「ひと」と「もの」がさまざまに交流する文化に着目し、国際関係論や社会学、文化人類学など多角的な視点からグローバル社会の動きをクリティカルに捉える、いわゆる観光学部や観光学科とは一味違った「学び」の場が、交流文化学科です。

●英語プラス1言語
 必修言語である英語に加え、「プラス1言語」としてドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語の中から1言語を選択し、日本人とネーティヴ・スピーカーの教員が丁寧に指導する授業を受講します。

●ツーリズム、トランスナショナル、グローバル社会の3部門で構成された、多彩な専門科目
 英語圏をはじめ、世界各地のフィールドで調査研究に携わった教員が、国境を越える出会いと想像力をめぐる授業を提供します。

●ゼミナール教育
 10人程度の少人数で教員と学生が協力して学ぶ、交流文化学科が誇るゼミがあります。

●交流文化学科が合っている方は、こんな方。
 観光について学びたい方はもちろん、エアラインやホテルや旅行会社の仕事に就きたい方、そして国際協力機関や外資系企業や海外でのさまざまな活動など、国境を越える想像力を身に付けて世界中のフィールドで活躍することに意欲的な方のための学科です。

続きを読む

〈目指せる資格〉

通訳案内士|観光英語検定|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

国際教養学部言語文化学科

環太平洋諸国の架け橋となる教養人の育成。

 言語文化学科では「異なる価値観から起こる様々な軋轢に対してどのように意思の疎通はかり問題を解決するか」を教育の柱としています。
 「教養」は大人の判断力をかたちづくるものと言えます。 そして「判断力」は、多様な世界観と価値観を獲得する中で、自分自身のものになっていきます。 国際教養学部は、そうした多様な世界観と価値観を「まなぶ」ためのカリキュラムを用意しています。

●2つの外国語
 2言語併習は、英語とスペイン語、英語と中国語、英語と韓国語の3つの組み合わせから1つを選択して、同時に同量の学習を進行させるという、本学部独自のカリキュラムです。大切なのは、英語と日本語ともう1つの言語という3種類の言語を、スイッチして使い分けられるようになることです。

●8の研究科目群
 各研究科目群の科目は「概論」「研究各論」「特殊研究」に分かれ多彩で数多い科目を用意しています。 その科目数は全部で200余り。そこから、自分自身で履修科目を自由に選択し、自分のカリキュラムを作っていきます。

<研究科目群>スペイン・ラテンアメリカ研究、中国研究、韓国研究、日本研究、言語教育研究、人間発達科学研究、総合科学研究、グローバル社会研究

●「哲学」が必修
 必修の「哲学Ⅰ」は、大学での学問の出発点をさだめるものです。教師や友人との議論から自分なりの問題を作って下さい。そして4年の「哲学Ⅱ」は1年の「哲学Ⅰ」で自分自身に発した問へ解答を与えるものです。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

経済学部

国際的な視野を持ち、 よりよい社会を創る優れた社会人を育成します。

●設置学科
 経済学科
 経営学科
 国際環境経済学科

 日本社会の国際化、情報化、専門化、多様化などに適応できる豊かな教養と専門知識を備え、外国語の運用能力を身に付けた優れた社会人の育成を経済学部の目的にしています。
経済学や経営学の基礎はもちろん、より専門的な知識を学べるよう、経済学科に3コース、経営学科に4コース、国際環境経済学科に2コースを設け、日本だけでなく世界の情勢にも目を向けた体系的、系統的な教育を行っています。

●4年間にわたる少人数教育
 4年間にわたって演習(ゼミナール)による少人数教育を必修として行います。1年次春学期(1学期)の「クラスセミナー」では、語学クラスの単位でゼミナールを行い、文献の読み方・調べ方、発表の仕方、レポート・論文の書き方などアカデミック・スキルを学びます。

●「英語が好きだけど、大学では英語だけでは満足できない!」
 将来、経済・ビジネス界で活躍したいと考えているなら、経済学・経営学をしっかりと学んで、そのうえ英語もできるということが売りになります。英語運用能力と経済・経営の知見の両方を備えることで、社会で活躍できるチャンスが大きく広がります。これは「語学の獨協」だからこそのメリットです。

<学科専門科目の紹介>「専門英語a,b」(経済理論、総合政策、国際経済、マネジメント、ビジネス、会計、情報、環境経済、国際政策)
 この授業では、各専門領域で用いられる専門英語能力を養います。それぞれのゼミやコースの専門分野にあわせた各専門領域についての専門英語について学ぶことで、皆さんが英文テキストを講読して専門知識を深めたり、英文文献や英文資料・データを参照して広い情報を得ることができるようになることを目指します。専門領域の基本的な英文テキストを読み、専門用語の英語表現を学ぶことで、専門英語の基礎学力を修得したり、研究テーマを絞って文献を講読したり資料・データを読解するなど、卒業論文執筆に向けて自律的に英語専門文献にあたることができる力を修得します。

続きを読む

経済学部経済学科

「経済理論」「総合政策」「国際経済」の3 コースで学ぶ専門性 ×「語学」

<経済理論コース>
経済成長、物価変動、為替レート、株価、失業、貧困等々の問題がどのような要因に基づいて決まるのか、それらの問題点の解決はどのようにしたらよいのか等について明解に答える分析力を身につけることを目指します。

<総合政策コース>
現代経済において大きな役割を果たしている政府の経済政策に焦点を当てて学びます。公務員志望だけでなく、ビジネスマンを目指す人、幅広く現代の経済現象を分析したいと考えている人に適したコースです。

<国際経済コース>
国際経済社会の歴史と各地域の現状についてさまざまな視点から学び、深い教養に裏打ちされた国際人の養成を目指します。将来、国際的に活躍したいと考えている人や、広く国際的視野を身につけたいと考えている人に適したコースです。

●4年間にわたる少人数教育
 4年間にわたって演習(ゼミナール)による少人数教育を必修として行います。1年次春学期(1学期)の「クラスセミナー」では、語学クラスの単位でゼミナールを行い、文献の読み方・調べ方、発表の仕方、レポート・論文の書き方などアカデミック・スキルを学びます。

●「英語が好きだけど、大学では英語だけでは満足できない!」
 将来、経済・ビジネス界で活躍したいと考えているなら、経済学・経営学をしっかりと学んで、そのうえ英語もできるということが売りになります。英語運用能力と経済・経営の知見の両方を備えることで、社会で活躍できるチャンスが大きく広がります。これは「語学の獨協」だからこそのメリットです。

<学科専門科目の紹介>「専門英語a,b」(経済理論、総合政策、国際経済、マネジメント、ビジネス、会計、情報、環境経済、国際政策)
 この授業では、各専門領域で用いられる専門英語能力を養います。それぞれのゼミやコースの専門分野にあわせた各専門領域についての専門英語について学ぶことで、皆さんが英文テキストを講読して専門知識を深めたり、英文文献や英文資料・データを参照して広い情報を得ることができるようになることを目指します。専門領域の基本的な英文テキストを読み、専門用語の英語表現を学ぶことで、専門英語の基礎学力を修得したり、研究テーマを絞って文献を講読したり資料・データを読解するなど、卒業論文執筆に向けて自律的に英語専門文献にあたることができる力を修得します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書

経済学部経営学科

「マネジメント」「ビジネス」「会計」「情報」の4 コース制 ×「語学」

「マネジメントコース」
企業の活動の一般的な理解からはじまり、企業の組織や戦略および経営管理や人材管理などマネジメントの基礎について幅広く学び、実社会に役立つ知識や技術を身につけることを目的としたコースです。

「ビジネスコース」
企業が実際にビジネスを展開する時の方法や、環境変化に生き残るための方法を実践的に学びます。市場の予測や販売戦略を通じて企業の姿をつかみ、また消費者の生活を豊かにするさまざまな方法を学びます。

「会計コース」
簿記・会計の知識は企業で活躍するための必須アイテムとなってきています。このコースでは、税理士や会計士を目指す学生にとって基礎理論から実践的学習まで、幅広く学習することができるように工夫されています。

「情報コース」
開学以来の情報教育の経験から、充実した情報関連科目を用意しています。ビジネス・社会で生かせる情報技術の修得や、進路としてシステムエンジニア、情報教諭を目指すことも可能です。

●4年間にわたる少人数教育
 4年間にわたって演習(ゼミナール)による少人数教育を必修として行います。1年次春学期(1学期)の「クラスセミナー」では、語学クラスの単位でゼミナールを行い、文献の読み方・調べ方、発表の仕方、レポート・論文の書き方などアカデミック・スキルを学びます。

●「英語が好きだけど、大学では英語だけでは満足できない!」
 将来、経済・ビジネス界で活躍したいと考えているなら、経済学・経営学をしっかりと学んで、そのうえ英語もできるということが売りになります。英語運用能力と経済・経営の知見の両方を備えることで、社会で活躍できるチャンスが大きく広がります。これは「語学の獨協」だからこそのメリットです。

<学科専門科目の紹介>「専門英語a,b」(経済理論、総合政策、国際経済、マネジメント、ビジネス、会計、情報、環境経済、国際政策)
 この授業では、専門領域の基本的な英文テキストを読み、専門用語の英語表現を学ぶことで、専門英語の基礎学力を修得したり、研究テーマを絞って文献を講読したり資料・データを読解するなど、卒業論文執筆に向けて自律的に英語専門文献にあたることができる力を修得します。

続きを読む

経済学部国際環境経済学科

「環境経済コース」と「国際政策コース」 × 「語学」

「環境経済コース」
 社会科学のみならず自然科学まで含めた広い視野で環境を認識し、経済社会システムにおける人間の経済活動との関係において環境を正しく認識する能力を養います。環境と経済活動が両立できる社会の仕組みづくりを提案できる人材を育成します。
授業の一例:地球環境論、地域生態論、環境経済学、環境政策論、資源・エネルギー経済論、環境ビジネス論

「国際政策コース」
 経済学周辺の社会科学領域の科目を広く学んで、国際社会の抱える問題を国際的な相互依存関係において捉える国際的視野を養います。持続可能な発展のための国際社会システムの構築を探り、国際社会に貢献する人材を育成します。
授業の一例:国際公共政策論、国際貿易論、開発経済学、国際開発論、開発社会学、国際NPO論

●4年間にわたる少人数教育
 4年間にわたって演習(ゼミナール)による少人数教育を必修として行います。1年次春学期(1学期)の「クラスセミナー」では、語学クラスの単位でゼミナールを行い、文献の読み方・調べ方、発表の仕方、レポート・論文の書き方などアカデミック・スキルを学びます。

●「英語が好きだけど、大学では英語だけでは満足できない!」
 将来、経済・ビジネス界で活躍したいと考えているなら、経済学・経営学をしっかりと学んで、そのうえ英語もできるということが売りになります。英語運用能力と経済・経営の知見の両方を備えることで、社会で活躍できるチャンスが大きく広がります。これは「語学の獨協」だからこそのメリットです。

<学科専門科目の紹介>「専門英語a,b」(経済理論、総合政策、国際経済、マネジメント、ビジネス、会計、情報、環境経済、国際政策)
 この授業では、専門領域の基本的な英文テキストを読み、専門用語の英語表現を学ぶことで、専門英語の基礎学力を修得したり、研究テーマを絞って文献を講読したり資料・データを読解するなど、卒業論文執筆に向けて自律的に英語専門文献にあたることができる力を修得します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状

法学部法律学科

自ら問題を発見し、解決することのできる 「法学と語学のスペシャリスト」をめざします

●1年次から専門科目を学ぶことができます
 法律学を学ぶ上で重要な基礎となる、憲法・民法・刑法の入門科目を学びます。また、1年次には広い選択の幅をもった全学共通授業科目が用意されています。専門分野にとらわれない、魅力いっぱいの科目が多数開講されています。

●徹底した少人数教育のゼミナール(「演習」科目)
 1年次の「入門演習」では、高校とは異なる大学の講義を受けるための基礎的能力や方法を身につけます。2年次の「基礎演習」、3~4年次の「専門演習(演習Ⅰ・Ⅱ)」では、学生それぞれの関心に基づいて、問題をより専門的に判断する姿勢と洞察力を身につけます。

●関心・将来の進路に応じた3つのコースを設置
<行政法務コース>
「憲法」や「行政法」を必修として公法分野を中心に学ぶコースです。国家・地方公務員、教員、マスコミ関係の仕事を志望する学生に適したコースです。

<企業法務コース>
「民法」や「会社法」を必修として私法関係の科目を中心に学ぶコースです。法的素養と知識を生かして、銀行や商社など企業で活躍できる人材を幅広く養成していきます。

<法曹コース>
 基本六法科目を中心に学ぶコースです。ロー・スクール進学、司法書士や裁判所事務官など法律関係職をめざす学生に適したコースです。

●リアリティーを重視した授業展開
 法学部では裁判ウォッチング(法廷傍聴)を通じた授業や、模擬法廷教室での模擬裁判、また刑務所や少年院などの矯正施設の参観、議会や税関、証券取引所などの見学など、現実の社会を知る授業を数多く取り入れています。

●国家試験対策講座でキャリアアップを応援
課外講座の「公務員試験対策講座」や「法律専門資格講座」を通じて、学生諸君の資格取得を支援してきました。その成果として、これまでに数多くの国家・地方公務員を輩出しています。法学部の卒業生から司法試験合格者も輩出しています。さらに「法学検定試験」にも多数の合格者を出しており、裁判所事務官や検察事務官への進路など受講生のキャリアアップを強力に支援しています。法科大学院(ロ一スクール)進学や司法書士をめざす学生のための講座も人気です。ほかにも国家試験をめざす学生には「受験準備室」が利用できる制度があります。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|司法試験|行政書士|司法書士|社会保険労務士|警察官|裁判所事務官|消防官(消防吏員)|刑務官|自衛官|知的財産管理技能検定

法学部国際関係法学科

法学と政治学の視点から、国際社会の さまざまな問題を解決する力を身につけます

●1年次から専門科目を学ぶことができます
 「国際関係法入門」のほか、法律学を学ぶ上で重要な基礎となる、憲法・民法・刑法の入門科目を学びます。また、1年次には広い選択の幅をもった全学共通授業科目も用意されています。専門分野にとらわれない、魅力いっぱいの科目が多数開講されています。

●徹底した少人数教育のゼミナール(「演習」科目)
 1年次の「入門演習」では、高校とは異なる大学の講義を受けるための基礎的能力や方法を身につけます。2年次の「基礎演習」、3~4年次の「専門演習(演習Ⅰ・Ⅱ)」では、学生それぞれの関心に基づいて、問題をより専門的に判断する姿勢と洞察力を身につけます。

●国際社会で活躍するために、外国語教育を重視
 学科の特性から外国語を重視したカリキュラムとなっています。週3時間の英語の授業では、入学時に行われるTOEIC®テストのスコアにしたがい、レベル別のクラスに分かれて授業を行うことで、効果的に外国語能力の向上がはかれます。

●国際関係法の専門知識を応用し、国際人をめざす
 地球規模の安全保障・環境に関わる法政策、国際的な人権・開発援助・経済活動・知的財産に関する法、英米法、EU法など豊富な専門科目群の知識の修得と、交換留学・認定留学・短期留学の学内制度の活用により、総合的な能力の向上をはかることができます。

●グローバル社会に対応する講義体系
 国際関係法学科のカリキュラムは国際法学・政治学はもちろん、基本的な法学科目も学べるように配慮しています。また、設備面も充実しており、模擬法廷教室は単に国内の法廷を模したものではなく、国際法廷にも対応できる造りで本格的です。また、国際関係法学科では法律学科の5割増で外国語科目を設置しています。加えて、講義科目にも工夫を凝らし、英語を中心とした外国語「文献講読」も専門的な論文を読むものから、実際の企業契約書を英文で読むものまで、学生のニーズに応えた多彩な講義が開講されています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書|警察官|裁判所事務官|消防官(消防吏員)|国税専門官

法学部総合政策学科

社会問題を総合的にとらえ、 解決する力を身につけます

●1年次から専門科目を学ぶことができます
 「総合政策入門」のほか、法律学・政治学を学ぶ上で基礎となる、憲法・民法・刑法の入門科目を学びます。また、1年次には広い選択の幅をもった全学共通授業科目も用意されています。専門分野にとらわれない、魅力いっぱいの科目が多数開講されています。

●徹底した少人数教育のゼミナール(「演習」科目)
 1年次の「入門演習」では、高校と異なる大学の講義を受けるための基礎的能力や方法を身につけます。2年次の「基礎演習」、3~4年次の「専門演習(演習Ⅰ・Ⅱ)」では、学生それぞれの関心に基づいて、問題をより専門的に判断する姿勢と洞察力を身につけます。

●多彩な専門科目群
 国際社会の分析と政策に重点をおいた多彩な科目が開かれています。地方政治のあり方やまちづくり、環境・福祉・人権など、現代社会が抱える重要な課題を把握し解決するための科目がおかれています。また、学生の関心に応じて、他学部他学科の科目も履修可能です。

●リアリティーを重視した授業展開
 「法政総合講座」では、オムニバス形式で、研究や実務に携わっている各分野の専門家をゲストスピーカーとして招き、現代社会の様々な問題についての理解を深めます。

●国家試験対策講座でキャリアアップを応援
 課外講座の「公務員試験対策講座」や「法律専門資格講座」を通じて、学生諸君の資格取得を支援してきました。その成果として、これまでに数多くの国家・地方公務員を輩出しています。また、法学部の卒業生から司法試験合格者も輩出しています。さらに「法学検定試験」にも多数の合格者を出しており、裁判所事務官や検察事務官への進路など受講生のキャリアアップを強力に支援しています。法科大学院(ロースクール)進学や司法書士をめざす学生のための講座も人気です。ほかにも国家試験をめざす学生には「受験準備室」が利用できる制度があります。

<総合政策学科 ゼミナール 一例>
※ゼミナールは法学部3学科すべてのゼミの中から選択できます。
◆行政学・地方自治論
◆行政法
◆基礎から学ぶ刑法
◆会社法の基礎と発展
◆刑事模擬裁判と研究発表
◆政治学・日本政治/外交史・国際関係史
◆刑法各論と特別刑法
◆比較政治/西洋政治史
◆現代思想の批判的検討

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書|警察官|裁判所事務官|消防官(消防吏員)

学部・学科・コース

心理学部臨床心理学科

「心をみつめ、支える力」を身につける

臨床心理学の特長は、科学性(人に共通する法則)と個別性(個人の語りや独自性)を土台にして、勘ではなく、専門性に基づくカウンセリングの知識や技術、態度を用いた援助を追求することです。そのため、臨床心理学科の学修テーマは「心をみつめ、支える力」を身につけることです。
「心をみつめる力」は、専門用語でいうとアセスメントとも言います。具体的には、目の前の人はどんな人か、どんな状態か、どんな風に育ってきたか、これからどうしていきたいかといったことについて、様々な方法やツ ールを用いて理解する力です。
「支える力」とは、カウンセリングの技法です。具体的には、目の前の人に耳も心も傾けて聴けることや、悩みに合わせた専門的知識を提供できるといったことです。前者はいわゆる傾聴技法です。人が安心して語れるように聴くということは案外と難しいことで、専門的なスキルが必要です。また、後者は、例えば、臨床心理学にはリラクゼーションという心をリラックスさせるためのさまざまな方法があり、状況にあわせて役立つ方法を選んでやり方を紹介したりします。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|臨床心理士|認定心理士

心理学部対人・社会心理学科

社会で役立つ心理学を学ぶ

対人・社会心理学の特徴は、状況に注目して、人々の行動を理解・説明することです。ここでの状況とは、その場に誰がいるかといった個人をとりまく対人関係から、広さや温度などの物理的な環境、社会や文化などを含みます。そして、対人・社会心理学では、こうした状況から「人々」が影響を受けるプロセスを明らかにすることを通して、人と人、人と社会の関わりを分析し、「こころ」のメカニズムを解き明かしていきます。
そのため、対人・社会心理学科の学びの特徴は、「人と人との関係にアプロー チ」することです。
「自己」、「対人」場面、「集団」場面、「文化」という4領域から構成される学びを通じて、「いろいろな視点から想像する力」を身につけるとともに、対人・社会心理学の知識を実践し、社会の改善に役立てていくための「実践的な対人スキル」を習得します。対人・社会心理学では、人々の行動や意識を、調査や実験を通して得たデー タから、客観的によみとり、解釈していきます。そのために、統計ソフトを用いて取得したデータ解析するスキルを身につけます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|司書|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|認定心理士

文学部文学科英語英米文学専攻コース

英語力を磨き、英語を通して言語・人間・文化の本質にまで迫る

全学年にわたり、「読む」「書く」「聴く」「話す」の4つの英語スキルをバランスよく修得します。英語を語学としてだけではなく、英語学や英米文学・英語圏の文化・英語コミュニケーションと併せて学ぶことで言語・人間・文化をより深く理解していきます。

1年次ではBrush-up ReadingおよびPre-Seminarを必修科目とし、初年次教育にも力を入れています。Brush-up Readingでは、英語で書かれたエッセイや短編小説などを読んで訳すことで、英語および英語文章の読解力や翻訳力を身につけます。また、学生が取り組んだ課題にはひとりひとり細かく添削をし、フィードバックをしています。そうすることで、学生に自分の弱点を把握してもらい、翻訳力や読解力の向上へとつなげています。
Pre-Seminarでは、日本語および英語の文献講読をとおして文章を的確に読解したり、大学での学びに必要なレポートの書き方や文献の集め方を学んだりすることで、口頭および文章で論理的に表現できるようにしていきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格

地球環境科学部

人、社会、自然環境を科学し、環境問題の解決に貢献する

地球環境科学部は、地球環境の諸問題を科学する環境システム学科と、⼈間と社会・⾃然との関わりをひも解く地理学科からなる、⽂理融合型の学部です。
国内外での積極的なフィールドワークで、環境科学や地理学の基礎的な素養を養います。
また、最新の実験・実習機材や豊富な資料、設備を活⽤し、地球・地域の問題に取り組めます。その他、コンピュータでの実習を通じてICT活⽤能⼒を磨き、問題を解決する⼒が⾝につきます。

環境システム学科では、地球環境の構成要素のうち「生物」「地学」「気象」「水」を中心とした自然科学の知識の修得とともに、環境問題を包括的に捉えるための高度な情報処理技術を学修します。実験や実習を通じて測定・分析方法を修得し、環境問題の解決へ向けて貢献できる力を身につけます。
地理学科で学ぶ「地理学」は、「暗記科目」とみられがちな高校までの受験地理とは異なり、座学では終わらず、自分で地域の課題を見出し、仮説を立て、自分で地域に出かけて調査し、明らかにする力が求められます。
そのため、フィールドワークにおける学びを重視し、地域の個性・特徴や問題を明らかにする、地域の総合的な調査・分析力を修得します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

基本情報技術者試験|測量士|測量士補|土地家屋調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|環境計量士|公害防止管理者|気象予報士|技術士、技術士補|総合旅行業務取扱管理者|国内旅行業務取扱管理者

地球環境科学部環境システム学科

自然現象のメカニズムをひとつのシステムとして捉える

動植物の生態や生物の多様性、地球の固体部分を形成している地形・地質や岩石などを環境情報とともに修得する「生物・地球コース」と、大気現象や気候変動、水循環や水質汚染などを環境情報とともに修得する「気象・ 水文コース」の2つのコースを設置しています。
1年次よりどちらかのコースに所属し、⾃然科学的⼿法を⽤いて地球環境(気圏・⽔圏・地圏・⽣物圏)のメカニズムを体系的に捉えながら環境問題にアプローチしていく⽅法を学びます。

1年次には⾃然科学の基礎科⽬や環境科学の概論科⽬を修得して地球環境を学ぶうえでの基礎を固め、2年次以降に専⾨科⽬を選択して、⾃⾝の選択した分野に関する専⾨知識を深めていきます。⼀⽅、他コースや他学科の科⽬を含む多くの授業を選択でき、環境科学に不可⽋な幅広い視野を養います。
また豊富な実験・実習科⽬や情報処理科⽬、実践的な野外でのフィールドワークによって、実践的な調査・分析能⼒を⾝につけます。
教室で行われる講義だけでは自然や環境、地球や地域を理解することはできません。自分の目で見て、肌で感じ、現地の人の話に耳を傾けてこそ自然や環境、地球や地域の本質について理解を深めることができるため、1年次より積極的にフィールドワークを行う機会を設けています。
フィールドワークは日本だけではなく海外でも行っており、これらを通じて実践的な技術や知識の獲得だけでなく海外・異文化理解能力も養うことができます。このような学修を通じて、幅広い視野と高い専門性をもった環境コーディネーターを目指します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

基本情報技術者試験|測量士|測量士補|土地家屋調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|環境計量士|公害防止管理者|気象予報士|技術士、技術士補|総合旅行業務取扱管理者|国内旅行業務取扱管理者

地球環境科学部地理学科

幅広く興味を追及できる、伝統の立正地理

地理学科における学びの特長は、人文社会系と自然系を融合させた、人文地理学、自然地理学、地図・GIS・測量の3つの領域を学ぶことです。
各学年におけるバラエティ豊富で実践的なフィールドワークや、活発に行われている地域連携・地域貢献プロジェクトでの学び、さらに、旅行業務取扱管理者資格対策講座など、就職を後押しするさまざまな講座での学びを通じて、地域の総合的な調査・分析力を修得します。現代の地域問題と向き合うプロフェショナルを育成し、卒業研究や就職につなげます。

まちづくりや防災も地理学の重要な課題となっており、地図に関する講義や実習が数多く開講されています。
測量や空中写真判読をはじめ、地理情報システムなどの基礎的な技術を修得し、応用分野に発展させます。また、「まちづくり」「観光」「環境保全」「防災」「水環境」などの視点から、国内外の地域特性や課題について興味・関心を持ったテーマを探究していきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

測量士|測量士補|土地家屋調査士|不動産鑑定士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格

社会福祉学部

社会福祉・教育の理論と実践を学び、ソーシャルワーカー、教育・保育のプロを目指す

社会福祉学部では、理論と同時に、豊富な実習・演習など、社会で実際に役⽴つ実践的なカリキュラムを⽤意しています。社会で起こっている問題を的確に分析する能力、様々な困難を抱えた人々の気持ちに寄り添い共感する心と豊かな人間性、そして、創造的に福祉課題に取り組む実践力を持ち合わせた、実社会の各分野で活躍できる力を養います。
社会福祉学科では、社会福祉の学びを基盤として、ソーシャルワーカー(社会福祉⼠・精神保健福祉⼠)、特別⽀援学校教諭、公務員などを⽬指します。
⼦ども教育福祉学科では、教育・福祉・⼼理の3領域の学びを中⼼に、⼦どもたち⼀⼈ひとりの個性や特性を⼤切にできる保育⼠・幼稚園教諭・⼩学校教諭を⽬指します。

学内には実践力を育む環境があります。
◆ボランティア活動推進センター
熊谷キャンパスに設置されているボランティア活動推進センターでは、様々な地域から学生ボランティア活動の要請が集まります。また震災や水害の際には、学生ボランティアを組織化し、現地で様々な活動を行っています。これらの活動に対し、専任のコーディネーターや学生スタッフが、これらの活動に新入生がスムーズに参加できるよう支援するほか、各種研修講座も開催しています。
◆子育て支援センター「ベアリス」
キャンパス内に、熊谷市から委託を受け社会福祉学部が運営する「子育て支援センター「ベアリス」」が設置されています。近隣地域の小さな子どもたちとその保護者の居心地の良い場所として、また子育てに関する相談場所として定着しています。イベントの開催時には、社会福祉学部の学生もサポート役に回り、子育て支援の考え方と方法を実践的に学ぶ機会となっています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

福祉住環境コーディネーター|小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉士|精神保健福祉士|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)|認定心理士

社会福祉学部社会福祉学科

社会福祉の価値や倫理を理解し、福祉社会の実現に寄与できる構想⼒と実践⼒を学ぶ

社会福祉士や精神保健福祉士、特別支援学校教諭の資格・免許取得を目指し、福祉や教育の思想・歴史・制度に加え、人間の行動および社会システムに関する理論を修得し、福祉、教育、社会、身体、心理といった幅広い分野をバランスよく学びます。
また、高齢者や障がい者が地域社会の中で安心して生活できるよう、彼らを支える相談援助の力を培います。

◆ソーシャルワークコース
社会福祉の専門職として必要な知識を学ぶ講義科目、的確な技術を修得する演習科目およびソーシャルワーク実習の単位取得により、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験の受験資格を取得できます。介護職員初任者研修も学内で開催しています。
◆教育福祉・社会デザインコース
特別支援学校、中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許が取得可能です。福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員の資格取得などのサポートも実施しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉士|精神保健福祉士|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

社会福祉学部社会福祉学科教育福祉・社会デザインコース

特別支援教育・行政・NPOの現場で活かす福祉社会の構想力と実践力を身につける

教育福祉・社会デザインコースには「教育福祉」と「社会デザイン」の2つの学びの領域があります。
教育福祉では社会福祉と教育の双方を学び、特別支援教育の現場で活躍するための知識・技術を修得します。講義・演習を通じて福祉と教育を結びつける知識・技術を磨くとともに、特別支援学校など教育現場に出向き、実践力を伸ばします。
社会デザインでは社会福祉の学びを基に、行政・NPO・福祉関連企業など社会の各分野で活躍するための力を身につけます。「福祉テクノロジー」「地域づくり」「多文化共生」の3プログラムから選択してアクティブラーニングに取り組み、福祉社会の担い手として構想力を身につけます。

【資格について】
教育福祉では、特別支援学校、中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許が取得可能です。社会デザインでも中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許は取得可能です。また、福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員の資格取得、介護職員初任者研修、公務員試験受験対策などのサポートが実施されています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

福祉住環境コーディネーター|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

社会福祉学部子ども教育福祉学科

教育・福祉・心理を総合的に学び、高い専門性と実践力を兼ね備えた保育者・教育者を目指す

乳幼児・児童の発達の支援、そして、その家族や地域を支援する力を身につけ、高い専門性と実践力を兼ね備えた保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の養成を目指します。
教育・福祉・心理の3つの学問領域を柱に、4年間じっくり理論と実践に取り組むことで、保育と教育の理念、保育観や教育観を構築することができます。また、本学科では多彩な専門科目を選択して自分のテーマを追求できるカリキュラムを用意しています。さらに、保護者の子育ての悩みや課題に取り組むことができる「認定心理士」の資格や、グローバル化の流れにも対応できる「幼保英検」を受験するなどプラスアルファの保育者・教育者を目指したカリキュラムとなっています。
【資格について】
子ども教育福祉学科では、幼保一体化の流れが進行している現代において必要とされる保育士、幼稚園教諭の2資格を取得できます。また、子どもの幼児期からの発達や心理を理解できる小学校教諭を目指し、小学校教諭と幼稚園教諭の免許を同時に取得することができます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|認定心理士

法学部法学科

リーガルマインドの涵養を目指す

法学部の学修では、単にリーガルナレッジ(法律の知識)だけでなく、それを正しく使うための論理性や客観性にもとづいた思考力・判断力を養います。このことを「リーガルマインド」といいます。
たとえば、「人権」について法律でどのように定義されているかを知識として学ぶだけでは、目の前で実際に誰かの(またはあなた自身の)人権が侵害されていても対応することができません。また、誰かの「人権」と他の誰かの「人権」がぶつかるような場面では、どちらの「人権」をどこまで優先させるべきか、最適な選択が必要になります。それぞれの立場に寄り添い、確かな知識と公平公正な思考力でよりよい解決策を導き判断する力は、どの分野のどのような仕事でも必ず求められます。
法学部では、いま社会で求められるこのような能力、すなわち課題を発見し、大学で得た学びを基礎に問題を適切に判断し、周囲を納得させながら自らの考えを表現できるリーガルマインドの涵養を目指します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

宅地建物取引士|税理士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|司法試験|行政書士|司法書士|社会保険労務士|警察官|裁判所事務官|国税専門官|検察事務官

データサイエンス学部データサイエンス学科

データを実務に応⽤できる⼈材、新しい価値を創造する⼈材を⽬指す

「データサイエンス」は、様々なデータを収集し、分析したうえで導き出されたものを新しいアイデアとして社会の広範に役立てていく学問です。
データサイエンス学部では、問題をデータから発⾒する“⽂系的な発想”とデータを⽤いて解決していく“理系的な視点”のどちらも⼤切です。
データサイエンスの様々な分野での実績を持つ教授陣による講義と、実際にデータを⽤いてビジネスを展開する企業や組織との連携によるインターンシップやフィールドワークといった実践的な学びによる「⽂理融合型」のカリキュラムを展開しています。

1年次には、必修科⽬を通じてデータサイエンティストに求められる幅広い知識・技術の基礎を固め、2 年次以降は、⾃⾝の興味・関⼼に合わせてデータサイエンスの応⽤分野(ビジネス、社会、観光、スポーツ)や、より⾼度な統計、機械学習やプログラミングなどに関する科⽬を選択して学んでいきます。
さらに、データを⽤いたビジネスモデルを展開している企業などと連携したインターンシップなどの体験型の授業も準備しています。このような学びを通じて、データサイエンスを駆使して価値創造を⾏うための⼒を養います。

続きを読む

学部・学科・コース

商学部

商学部・商学科

商学は、ビジネスの場でやりとりされる「企業」と「消費者」、あるいは「企業」と「企業」の間の取引行為について学ぶ学問です。本学の商学部は、企業社会で活躍するための高い実務能力に加え、幅広い教養とコミュニケーション力を備えた豊かな人間性、多様な変化に対応できる適応力や国際的な視野を育みます。具体的には、1年次は簿記、コンピュータ、語学などの基礎科目を学びます。2年次からは3コースに分かれ、専門科目に取り組みます。実学志向の教員が現代社会にマッチした興味深い講義を展開。さらに、ゼミでは各専門の教員のもと、自らの関心あるテーマを探求することによって、知識のみならず、ビジネス社会で求められる積極性を身に付けることができます。

●マーケティングコース
●金融コース
●会計コース

[マーケティングコース]
広告論、流通経営論、市場調査論、マーケティング情報論、物流論、流通論、地域・観光プログラム

[金融コース]
保険論、リスクマネジメント論、銀行論、金融論、証券論、企業金融論 ファイナンシャルマスター・プログラム

[会計コース]
会計学総論、会計情報システム論、税理士・財務諸表論、税理士・税法、財務会計論、財務会計論、原価計算論、税理士養成プログラム

●商学部のゼミナール紹介
石井康彦ゼミ・・・企業の財務報告
伊藤義之ゼミ・・・基礎的税務会計―租税法研究―
上原義子ゼミ・・・マーケティングとリサーチ
恩藏三穂ゼミ・・・リスクと保険
嘉瀬英昭ゼミ・・・運輸業と観光業に関する研究
川﨑芙有ゼミ・・・財務会計
楠美将彦ゼミ・・・「お金」に関するあらゆる問題がテーマ
柴田舞ゼミ・・・証券市場分析
庄司真人ゼミ・・・マーケティング
寺内一ゼミ・・・ビジネス英語の習得とその実践
永井竜之介ゼミ・・・デジタルマーケティングを幅広く知り、自分の人生設計に活かす
成田博ゼミ・・・管理会計・会計情報システム
西山徹二ゼミ・・・会計制度を理解する
山田浩ゼミ・・・グローバル人材に求められている英語とは何か

続きを読む

〈目指せる資格〉

ファイナンシャル・プランニング技能士|不動産鑑定士|公認会計士|税理士|秘書検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|実用英語技能検定(英検)|TOEIC(R)Program|TOEFL(R)テスト|中国語検定試験(中検)|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|警察官|消防官(消防吏員)|国税専門官

商学部商学科

商学科

商学は、ビジネスの場でやりとりされる「企業」と「消費者」、あるいは「企業」と「企業」の間の取引行為について学ぶ学問です。本学の商学部は、企業社会で活躍するための高い実務能力に加え、幅広い教養とコミュニケーション力を備えた豊かな人間性、多様な変化に対応できる適応力や国際的な視野を育みます。具体的には、1年次は簿記、コンピュータ、語学などの基礎科目を学びます。2年次からは3コースに分かれ、専門科目に取り組みます。実学志向の教員が現代社会にマッチした興味深い講義を展開。さらに、ゼミでは各専門の教員のもと、自らの関心あるテーマを探求することによって、知識のみならず、ビジネス社会で求められる積極性を身に付けることができます。

●マーケティングコース
●マーケティングコースの研究テーマ例
インフルエンサー・マーケティング、アフターコロナ時代の観光サービス、コロナ禍のネット通販、インタラクティブ広告

●金融コース
●金融コースの研究テーマ例
大学生に適したネット証券、将来の銀行、投資信託、ダイレクト自動車保険、暗号資産リブラ

●会計コース
●会計コースの研究テーマ例
不適切会計-発覚後の立て直し方-、中小企業会計の実態、新型コロナウイルスの貸倒引当金への影響、動画配信会社比較

[マーケティングコース]
広告論、流通経営論、市場調査論、マーケティング情報論、物流論、流通論、地域・観光プログラム

[金融コース]
保険論、リスクマネジメント論、銀行論、金融論、証券論、企業金融論 ファイナンシャルマスター・プログラム

[会計コース]
会計学総論、会計情報システム論、税理士・財務諸表論、税理士・税法、財務会計論、財務会計論、原価計算論、税理士養成プログラム

続きを読む

〈目指せる資格〉

ファイナンシャル・プランニング技能士|公認会計士|税理士|秘書検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|実用英語技能検定(英検)|TOEIC(R)Program|TOEFL(R)テスト|中国語検定試験(中検)|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|警察官|消防官(消防吏員)|国税専門官

商学部商学科マーケティングコース

現状のデータから未来のトレンドを読み解く

商品をいかに効率よく、効果的に提供するか――、その方法を考えるのがマーケティングという学問です。消費者の年齢層やライフスタイル、年収など、さまざまな視点から分析したり、販売戦略を立てるなどして、現代に求められる商品とは何かを探ります。

【在学生の声】
 商学部 マーケティングコース 4年 永井ゼミ
 岡本 虹花
 神奈川県立藤沢清流高校出身

 マーケティング戦略の知識習得だけでなく、プレゼン力も養うことができました

 入学前から広告業界に興味を持っていたので、マーケティング
コースを選択しました。「マーケティング論」や「広告論」などで広告
についての基本的な知識を学び、一見華やかに見える広告業界は、実は地道な分析や検証の上に成り立っているのだと知りました。永井先生の「マーケティング情報論」では、企業戦略のレポートを毎週提出し、選ばれた人は次の授業で発表をします。何度か発表を重ねるうちに、知識だけでなく分かりやすく相手に伝えるプレゼン力を養うことができたと感じています。卒業後はマーケティングの知識を活かした企業の広報、もしくはアパレルのアルバイトでスキルを磨いた接客業に就きたいと考えています。

続きを読む

商学部商学科金融コース

お金の入口と出口、その扉の奥に迫る

日本のお金が動くしくみを理解し、金融と経済のかかわりについて考察します。「株式はなぜ上がったり下がったりするのか?」「銀行に預けたお金になぜ利子がつくのか?」「生命保険会社は損をしないのか?」といった身近な疑問も、銀行や証券、保険、金融の特徴を理解したうえで解き明かすことができます。

【在学生の声】
 商学部 金融コース 4年 楠美ゼミ
 羽豆 直人
 国立東京学芸大学附属国際中等教育学校出身
 
 さまざまな視点から金融を学びバイタリティのある社会人に

 金融業の中でも特に銀行の仕事に興味を持っていたため、専門
的な知識を学べる金融コースを選びました。「銀行論」や「金融論」
などで、金融の基本的な知識を習得できるだけなく「マクロ経済学」
で社会経済の視点から金融を考えるなど、さまざまなアプローチで
理解を深めることができました。また、金融以外にも、あらゆる分野に挑戦したいという思いもあり、その一環として英語力をもっと身につけたいと考え、1年次に必修科目の「英語」の先生の勧めでアメリカのオレゴン大学への短期留学に挑戦しました。将来は金融の知識とゼミで身につけたディスカッション力を武器に、地域や社会に貢献できる社会人になりたいです。

続きを読む

商学部商学科会計コース

実務に必要な会計スキルと会計情報活用のノウハウを学ぶ

 企業の支出と収入を管理する会計スキルと、会計情報を活用して経営に生かす知識を学習します。「簿記」の知識と技術を学べるほか、コスト計算の手法も身に付きます。難関といわれる「税理士資格」も、授業科目にある税理士養成プログラムによって最短合格をめざすことが可能です。

【在学生の声】
 商学部 会計コース 4年 桝谷ゼミ
 加藤 あかり
 福島県立福島南高校出身

 高校で学ぶ簿記よりもワンランク上の会計理論を追求。専門知識をしっかり学べる環境

 高校時代に簿記や会計の授業を受けましたが、高校の簿記で
学べるのは「問題の解き方」までで、そのワンランク上となる会計の理論を追求したいと考え、会計コースに進みました。1、2年次は、会計制度などの基礎知識を学ぶ「会計学総論」、会計ソフトを使って簿記の知識を実務に結びつける「コンピュータ会計」などの授業を通じ、社外向けに行う財務会計の知識を学びました。3年次には、社内向けの会計制度を扱う「管理会計論」を受講し、新たな角度から企業会計への理解を深めました。経営や組織のあり方にも目を向け、企業を多角的に捉える視点も養うことができたと思います。4年間を通して、入学前に思い描いていた通りの学びができているのを実感しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

税理士|日商簿記検定|国税専門官

経営学部

経営学部・経営学科

経営のしくみと本質を理解し、さまざまな経営組織体を知る。企業では、「ヒト・モノ・カネ・情報」という経営資源をいかに効率良く管理・運営するかが重視されます。本学の経営学部は、企業組織の理解だけにとどまらず、市場や地域・社会の状況を的確に把握できる力を身に付けた、時代の変化に対応できる創造型企業人を育成しています。本学部は、2年次からコースに分かれて学びます。興味・関心や将来の方向性に合わせて選べる3コース(起業・事業承継コースのみ受験時に選択する必要あり)があります。

●企業経営コース
●経営法務コース
●起業・事業承継コース
●情報コース

[企業経営コース]
経営労務論、賃金管理論、生産管理論、販売管理論、経営心理学

[経営法務コース]
企業法、企業論、労働法、経済法

[起業・事業承継コース]
事業計画論、事業創造論、中小企業経営論、企業経営実習、企業家論、企業研究

[情報コース]
経営組織論、経営戦略論、情報管理論、マルチメディア、データベース言語SQL、情報ネットワーク、
社会情報システム論(情報通信技術、情報化と社会)、経営情報論

●経営学部のゼミナール紹介
大島久幸ゼミ・・・企業家に関する事例研究
五野井 郁夫ゼミ・・・文化と国際政治
小林康一ゼミ・・・経営と社会・人間
笹金光徳ゼミ・・・情報通信技術(ICTと現代社会との関わり)
田口和雄ゼミ・・・人材マネジメント
竹内慶司ゼミ・・・実際の経営戦略事例を用い多角的に分析
中山景央ゼミ・・・オペレーションズマネジメントとエンジニアリング
永戸哲也ゼミ・・・情報化と企業経営
藤芳明人ゼミ・・・未来のビジネスリーダー
舟木てるみゼミ・・・英語の歴史
降籏徹馬ゼミ・・・経営工学入門
松崎和久ゼミ・・・企業とは何か、戦略とは何か
村上誠ゼミ・・・会社法・金融商品取引法に関する研究
森平明彦ゼミ・・・独占禁止法

続きを読む

〈目指せる資格〉

秘書検定|上級簿記能力検定、一級簿記能力検定(ZENKEI)|ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|実用英語技能検定(英検)|TOEIC(R)Program|TOEFL(R)テスト|中国語検定試験(中検)|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|行政書士|警察官|社会保険労務士|消防官(消防吏員)

経営学部経営学科

経営学科(企業経営コース、経営法務コース、起業・事業承継コース、情報コース)

経営のしくみと本質を理解し、さまざまな経営組織体を知る。企業では、「ヒト・モノ・カネ・情報」という経営資源をいかに効率良く管理・運営するかが重視されます。本学の経営学部は、企業組織の理解だけにとどまらず、市場や地域・社会の状況を的確に把握できる力を身に付けた、時代の変化に対応できる創造型企業人を育成しています。

●企業経営コース
●企業経営コースの研究テーマ例
リーダーとマネジメントの比較、出前館とウーバーイーツの比較、マクドナルドの規模拡大-人的資源管理の視点から-、エーザイの特徴的な経営方法

●経営法務コース
●経営法務コースの研究テーマ例
SNSでの誹謗中傷、ジョブ型雇用、著作権法と無断掲載について、ニューノーマルな働き方、新型コロナによる人事管理の取り組みと動き

●起業・事業承継コース
●起業・事業承継コースの研究テーマ例
地場産業の歴史、コロナ禍における飲食配達業、フィットネスクラブのビジネスモデル、地域課題解決を目指す新規事業研究

●情報コース
●情報コースの研究テーマ例
チャットアプリ作成、プログラミングにおけるゲーム開発、aiboを用いたレクリエーション設計、アパレルECにおける顧客満足度向上に向けたDX技術の活用提案

[企業経営コース]
経営労務論、賃金管理論、生産管理論、販売管理論、経営心理学

[経営法務コース]
企業法、企業論、労働法、経済法

[起業・事業承継コース]
事業計画論、事業創造論、中小企業経営論、企業経営実習、企業家論、企業研究

[情報コース]
経営組織論、経営戦略論、情報管理論、マルチメディア、データベース言語SQL、情報ネットワーク、
社会情報システム論(情報通信技術、情報化と社会)、経営情報論

続きを読む

〈目指せる資格〉

秘書検定|ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|行政書士|社会保険労務士|警察官|消防官(消防吏員)

経営学部経営学科企業経営コース

さまざまな経営事象を通じて会社の仕組みと働きを学ぶ

●企業経営コース
会社が発展するしくみである、「モノやサービスを売って、利益を分配し、組織を大きくする」という過程を分析・検証します。あらゆる視点から経営事象を探り、変化する時代や市場の中にあって、常に発展するための理想的な企業経営のあり方を学びます。

【在学生紹介】
 経営学部 企業経営コース 4年 竹内慶司ゼミ
 浦島 唯
 神奈川県私立湘南学院高校出身
 
 オールマイティに学べる企業経営コースを選択、初めてでも丁寧に教えてくれます

 1年次からゼミに所属し、少人数制で授業を受けられるところが自分に合っていると考え、高千穂大学に入学しました。また将来の選択肢を広げるため、経営をオールマイティに学べる企業経営コースを選択しました。1年次は主に経営学の基礎を学習しました。数学が苦手な私ですが、必修授業の「簿記」など初めてでも丁寧に教えていただけるので安心でした。企業の事例から経営戦略を読み取る「マーケティング論」で企業経営に興味を持ち、2年次からは竹内慶司ゼミに所属しました。「経営財務論」では、架空の飲食店を経営するシミュレーションを行いました。財務諸表を作るなど難しい作業もありましたが、経営を一から学び理解することができます。将来は大学での学びを活かせる食品・ホテル・観光業界への就職を考えています。

続きを読む

経営学部経営学科経営法務コース

企業を法律的な視点から学ぶ

・現代社会において、企業は自社の利益はもちろん、社会全体の利益を十分に配慮して日々のビジネスを遂行しなければなりません。経営法務コースでは、実践的な法律知識の基礎を中心に、企業におけるコンプライアンス(法令遵守)のあり方を学びます。

【在学生の紹介】
 経営学部 経営法務コース 4年 村上ゼミ
 塚越 祐貴
 群馬県立館林高校出身
 
 社会保険労務士の資格取得とUターン就職の目標を達成します

 社会保険労務士の国家資格の勉強ができる経営法務コースを
選びました。学内で社会保険労務士入門の資格取得講座があることも助かります。2年次で学んだ「労働法」では毎回、事例の紹介がありレポートを提出しますが、この内容は今後、経営者になったときに役立つ内容です。また3年次の「年金論」は、最初は苦手意識がありましたが、授業を受けたことで面白いと思えるようになりました。私の実家は、現在は兼業農家ですが、今後は専業農家になることも検討しているため、大学で学んだ知識や資格を役立てたいです。将来は、国家試験に合格し、アメリカンフットボール部で鍛えられた礼儀礼節と気概のある常識人を目指します。

続きを読む

経営学部経営学科起業・事業承継コース

起業、事業の承継に必要なスキルを理論と実践で磨く

家で行っている家業(事業)の継承を考えている人、自分のアイディアを元に会社を作る(起業)に興味がある人など、企業経営をめざすためのコースです。企業経営のあり方や事業計画の立て方、企業研究や企業経営実習などを学ぶほか、授業以外での研修や実習を行い、理論と実践の両面から経営者にふさわしいスキルを習得します。
すでに学生が事業に着手した事例もあります。「事業創造論」「事業計画論」などを学んだ学生が、大学の近くに「囲碁サロン 絆」をオープンしました。撤退予定だった囲碁サロンを引き継ぎ、守っていきたいという願いをその名に込めて事業を行っています。

【在学生の紹介】
 経営学部 起業・事業承継コース 4年 藤木ゼミ
 金子 芽以
 東京都私立明星学園高校出身

 事業承継の思いを大切に育てながら、広い視野と経営のイロハを学べます

 父が経営する飲食店を自分が継ごうと考えていて、その準備が
できるコースがあると知って入学しました。1年次から藤木ゼミの学びの一環として、高千穂祭で模擬店を出店しました。損益計算をしてフランクフルト店の黒字化を目指し、経営の面白さと難しさを肌で知りました。「企業家論」はトヨタとホンダなど2つの企業のどちらが優れているかをチームで毎回ディベートする授業で、日本の有力企業を知るとともに、チームワークや発言力が鍛えられました。就職活動にもつながる「企業経営実習」では、建設コンサルタントと不動産投資の2社でインターンシップを経験しました。企業と実際に関わる機会が多く、授業での学びをトレースできるのが魅力です。

続きを読む

経営学部経営学科情報コース

経営とITがわかるスペシャリストを養成

企業経営に関する多彩な科目と同時に、プログラミングやデータベースなど実際にコンピュータを使用した情報通信技術も学びます。IT技術をどのように経営に活かしていくか、といったITと経営のつながりについても詳しく学びます。

【コース研究テーマ例】
ビッグデータから見る様々なモノ、新しいアプリビジネスについて、KH Coderによる分析
モノのインターネットとは、Google検索によるヒットから普及への道、不正アクセス、ヴィジュアルプログラミング言語、Appleのコアコンピタンスと成長戦略について、アプリの個人開発、違法ダウンロードの現状と対策 など

【在学生紹介】
 経営学部 情報コース 4年 永戸ゼミ
 加藤 匠
 茨城県立土浦第一高校出身
 
 IT知識やプログラミング技術を深め、経営が分かるクリエイターを目指します

 ゲームが好きで、ゲームを作る人が考えていることを知りたいという理由で、プログラミングが学べる情報コースに決めました。1年次の授業で上級英会話があり、私は英語が苦手でしたが、知識をインプットするだけでなくアウトプットを重視する内容だったことで、英語が好きになりました。また、大衆が求める製品や作品について海外の事例も学んで視野が広がった「マーケティング情報論」、普段使いしているさまざまな機器の成り立ちやインターネットの始まりなど重要な概念の基礎作りができた「情報ネットワーク」など、将来に役立つ授業をたくさん受けることができました。卒業後はゲームのシナリオライターが目標ですが、プログラムが読めて経営が分かるクリエイターも目指したいです。

続きを読む

〈目指せる資格〉

ITパスポート試験

人間科学部

人間科学部

個人として自立しつつ他者とも共生できる、バランスのとれた21世紀型市民の育成、児童教育・福祉と関わる人材を育成しています。2つの専攻を設置しています。

[人間科学専攻:社会・ライフデザインコース]
社会生活全般にかかわる知識を学ぶとともに、社会や経済のしくみを理解し、将来の社会生活をコーディネートできる意欲と行動力のある人を創造します。

[人間科学専攻:心理・コミュニケーションコース]
社会生活全般にかかわる知識を学ぶとともに、社会や経済のしくみを理解し、将来の社会生活をコーディネートできる意欲と行動力のある人を創造します。

[児童教育専攻]
小学校教諭や児童指導員など、子どもの教育に携わりたい人のための専攻です。児童教育に必要な知識・実践力を身につけるほか、小学校のボランティア、幼稚園での授業活動、そして課外実習などを通じて、教師に必要な資質や人間力を磨きます。

●人間科学部のゼミナールを紹介
新井健之ゼミ・・・指導法を中心とした体育・スポーツ
岡田泰介ゼミ・・・歴史にみる世界
小向敦子ゼミ・・・ユーモアが持つ効能と構造、発信する人間科学の研究
齋藤元紀ゼミ・・・哲学・倫理 ―世界のすべてをとことん考え抜いてみよう―
菅野理樹夫ゼミ・・・実験心理学・視覚心理学・環境心理学・交通心理学
鈴木隆弘ゼミ・・・学校教育と授業づくり
染谷昌義ゼミ・・・哲学のおけいこ
竹内淨ゼミ・・・数理科学
立石展大ゼミ・・・口承文芸と現代メディア
徳田治子ゼミ・・・発達とより良く生きるための心理学
並木雅俊ゼミ・・・理科教育の研究
長谷川万希子ゼミ・・・社会の弱者を見つめ、福祉や医療の問題点に迫る
松丸啓子ゼミ・・・哲学的すること
松谷明美ゼミ・・・ヒトの言葉と心について
山田良一ゼミ・・・新時代に輝く教育の創造
吉原千賀ゼミ・・・家族関係について社会と心理から考える

続きを読む

〈目指せる資格〉

秘書検定|上級簿記能力検定、一級簿記能力検定(ZENKEI)|ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|実用英語技能検定(英検)|TOEIC(R)Program|TOEFL(R)テスト|中国語検定試験(中検)|小学校教諭免許状|保育士|社会福祉士|社会福祉主事任用資格|臨床心理士

人間科学部人間科学科

人間科学科(人間科学専攻<社会・ライフデザインコース、心理・コミュニケーションコース>、児童教育専攻)

個人として自立しつつ他者とも共生できる、バランスのとれた21世紀型市民の育成、児童教育・福祉と関わる人材を育成しています。2つの専攻を設置しています。

[人間科学専攻:社会・ライフデザインコース]
家族社会学, 家族関係論, ジェロントロジー, 高齢社会論, 健康と医療の社会学, ジェンダー論,キャリアデザイン論, ライフコース論, 消費者行動論, 社会保障論,公的扶助論, 保険論, 年金論, 環境科学

[人間科学専攻:心理・コミュニケーションコース]
認知心理学, 実験心理学, 社会心理学, 経営心理学, キャリア心理学, 青年心理学, 対人関係論, 異文化間コミュニケーション論, グローバル・コミュニケーション,文化交流史, 多文化共生論, 文化人類学, 比較文化論, 文化変容史,現代哲学(予定)

[児童教育専攻]
児童学概論、児童教育論、発達心理学、人間形成論、社会福祉論、ボランティア論

●人間科学部のゼミナールを紹介
新井健之ゼミ・・・指導法を中心とした体育・スポーツ
岡田泰介ゼミ・・・歴史にみる世界
木村正人ゼミ・・・若者論と世代論の社会学
小向敦子ゼミ・・・ユーモアが持つ効能と構造、発信する人間科学の研究
齋藤元紀ゼミ・・・哲学・倫理 ―世界のすべてをとことん考え抜いてみよう―
菅野理樹夫ゼミ・・・実験心理学・視覚心理学・環境心理学・交通心理学
鈴木隆弘ゼミ・・・学校教育と授業づくり
染谷昌義ゼミ・・・哲学のおけいこ
竹内淨ゼミ・・・数理科学
立石展大ゼミ・・・口承文芸と現代メディア
徳田治子ゼミ・・・発達とより良く生きるための心理学
並木雅俊ゼミ・・・理科教育の研究
長谷川万希子ゼミ・・・社会の弱者を見つめ、福祉や医療の問題点に迫る
松丸啓子ゼミ・・・哲学的すること
松丸修三ゼミ・・・教育の世界(いじめ・不登校・学級崩壊等)
松谷明美ゼミ・・・ヒトの言葉と心について
山田良一ゼミ・・・新時代に輝く教育の創造
吉原千賀ゼミ・・・家族関係について社会と心理から考える

続きを読む

〈目指せる資格〉

ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|実用英語技能検定(英検)|TOEIC(R)Program|TOEFL(R)テスト|中国語検定試験(中検)|小学校教諭免許状|保育士|社会福祉主事任用資格|臨床心理士

人間科学部人間科学科人間科学専攻心理・コミュニケーションコース

人間科学専攻 心理・コミュニケーションコース

【研究テーマ例】
日本各地の挨拶、方言の音声が人に与える印象、コミュ障卒業!?、その選択に満足していますか?(ポジティブ心理学)、色を見ることについての説明、なぜ、嘘を信じてしまうのか(哲学)、それは正義か(哲学)、知覚心理学 など

【在学生紹介】
 心理・コミュニケーションコース 4年 徳田ゼミ
 佐藤 莉子
 東京都立竹台高校出身
  
 学ぶことが自分を知ることにつながり、心理学の楽しさを実感しています
 
 これまで多くの授業を通して身につけたのは、多面的に物事を見る力です。2年次の「異文化間コミュニケーション論」では自分の常識を疑う視点を学び、3年次の「社会心理学」はあだ名をつけてレッテルを貼ることの功罪を考えるきっかけになりました。高校時代、私は“普段の自分”と“部活の部長の自分”の違いに悩んでいたのですが、「対人関係論」で誰もが状況に合わせて役割を使い分けていることを学び、自分の悩みが人間に共通するものだと知ることができました。過去の自分の行動を学問的に理解できるようになり、学びが自分自身を知ることにつながっています。入学当初、心理学への興味は漠然としたものでしたが、今は授業が本当に楽しく、充実しています。

続きを読む

人間科学部人間科学科人間科学専攻社会・ライフデザインコース

人間科学専攻 社会・ライフデザインコース

【研究テーマ例】
ブラック企業と闘え!、ボラバイトとは?、ユーモアとはどこから生まれるのか、2060年までに耐えうる介護業界、年金改革、離婚後の子どもの生活、理想的な保育施設・サービス、新たな子育て助成金
待機児童をなくせ、女性のライフプラン など

【在学生紹介】
 社会・ライフデザインコース 4年 大山ゼミ
 根本 智実
 東京都私立駒込高校出身

 ライフデザインを学び自分を知ることで、社会の問題を解決する力が備わります

 1年次の「ライフデザイン論」で社会保障に興味を持ち、このコースを選びました。印象に残っている授業は、2年次の自分にも根付いていたジェンダー観と向き合えた「ジェンダー論」、遺産相続の計算やマルチ商法など身近なテーマがためになった「法律学」、3年次では“愛とは何か”など日常話さないテーマも討論できた「哲学」、従業員のやる気を考察するといった「経営心理学」などで、どれも自分や周囲の人への理解が深まりました。私はこのコースで学ぶまでは、社会保障制度について考えたことなどなかったかもしれません。しかし、授業で分析力を養い課題に向き合う中で、自分も社会的弱者の力になれる存在へ成長したいと、強く思うようになりました。

続きを読む

人間科学部人間科学科児童教育専攻

子どもたちを導く光になるために必要な人間力を養う

・小学校教諭と保育士の2つを目指せるコース
小学校教員など児童指導員(保育士)をめざしながら、知識とともに人間力を磨ける専攻です。児童の身体的、心理的な特徴について理解を深めるほか、日本の学校教育制度、他国の教育理論などについて学びます。さらに、現代社会の教育に関する諸問題について研究します。

【在学生紹介】
 人間科学部 児童教育専攻 4年 山田良一ゼミ
 藤本 一登
 神奈川県立大和西高校出身

 実践的な学びで指導力を身につけ、他分野の授業で人間的にも成長しました
 
 小学生の頃から教員になるのが夢で、大学入学後に塾講師の
アルバイトで子どもに教える経験をし、あらためてその思いが固まりました。1年次の「人間科学概論」や「児童学概論」では、自ら考える学び方を身につけ、児童教育の基礎力を養うことができました。2年次からの各教科の指導法の授業では、学生同士で教え合う模擬授業で指導力を高め、ICTを使った授業の進め方など実践的なテクニックも学んでいます。また、社会問題を多面的に捉える力が養われた「社会学」、学校という“組織”への理解を深めた「経営組織論」など、教育以外の分野の授業からも多くのことを学び、人間的にも成長できていると感じます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|保育士

東京富士大学

東京富士大学

  • 私立
  • 大学
  • 東京

東京富士大学 実務ⅠQ宣言 社会で役立つ力「実務ⅠQ」育成のため、多彩な教育を行っています。

学部・学科・コース

経営学部

社会に求められる”生きた”経営学を学ぶ

本学の経営学部は、経営学科とイベントプロデュース学科の2学科に分かれています。
経営学科では経営に関するすべての領域を体系的に学びます。
イベントプロデュース学科では、イベントという事象に特化した領域を学びます。
自分の興味に合った履修ができるようになっています。

【4年間の学び】
◆教養科目◆
大学生として身につけておいてほしい教養を養うための科目が設置されています。特に経営学を学ぶ上で必要とされる科目が設置されています。またビジネスの国際化に即した多彩な外国語科目が用意されています。さらに将来の就職を考えさせる科目によって1年次から自分の進路を自然と意識できるように設計されています。

◆専門科目◆
1年次に、経営学科は経営学・経済学・会計学・経営心理学・マーケティング論を、イベントプロデュース学科は経営学概論・イベント学概論・サービス産業概論を学びます。2年次からは、自分の興味に即した分野の科目を体系的に学ぶことになります。また、2年次には3年次から始まる専門演習のためのプレゼミが設置されていて、興味を持った分野の基本的な考え方を身につけます。3年次から始まる専門ゼミで専門分野に特化した奥深い知識を身につけ、大学での学びの集成とします。

続きを読む

〈目指せる資格〉

ITパスポート試験|ファイナンシャル・プランニング技能士|消費生活アドバイザー|中小企業診断士|公認会計士|税理士|秘書検定|ビジネス能力検定(B検)ジョブパス|ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|リテールマーケティング(販売士)検定|文書処理能力検定 (ワープロ・表計算)|ビジネス文書検定|日商PC検定試験(1~3・ベーシック)|所得税法能力検定試験|TOEIC(R)Program|社会保険労務士

経営学部イベントプロデュース学科

人々が求める「驚き」や「感動」を伝える

イベント産業は先進国で最も成長が著しい産業といえます。そんなイベントを経営学の視点から考え、学ぶのが本学科です。イベントの企画や運営に関する知識や技法を学習する講義と、地域や観光産業の活性化、フェスティバル、コンベンションなどイベント実習を通して、柔軟な思考と創造的なアイディアを備えた人材を育成します。イベントを通じた社会意識の形成や経済効果についても学びます。

〔スポーツ・エンタテイメント〕
●スポーツ・音楽・文化に関するイベントを学ぶ
コンサートや映画祭などのエンタテイメント、スポーツ分野におけるイベントの効用を、つくる側の立場で習得。企業スポンサーのメリットや、イベントの活用方法、開催後の認知度などを体系的な理論と実践で学び、企画力と行動力を身につけます。

〔観光・コンベンション〕
●地域活性化や展示会・会議の運営を理解する
地域や観光地におけるイベントや展示会、会議やセミナーの運営について学びます。観光客を呼び込む商品開発やアミューズメント施設の企画、誘致や人員手配などプランナーとして必要な知識を習得。地域の活性化に役立つ人材を育成します。


〔サービス・ビジネス〕
●企業のセールスプロモーションを考える
消費者サービスや販売促進をイベントの観点から学ぶコースです。新製品の発表会や商品のブランディング、企業や組織を認知してもらうためのプロモーションイベントの運営について、小売業界から公共サービスまで幅広く理解しながら身につけます。

続きを読む

学部・学科・コース

法学部法律学科

理論を極めて、実践に生かす。この学びの価値は、社会の第一線で証明される。

●厳選した科目とていねいな指導で、確実に実力をつける。
担当教員のていねいな指導のもと、目的に合わせたコース展開によって卒業後の道を開きます。学習内容を確実に身につけ、効率化を図るため、学ぶ科目を厳選。理論と実践をバランスよく学ぶことで論理的に考える力や課題を解決する力を養います。この「論理的思考力」こそ、法律を学ぶキーワード。筋道を立てて物事を考える力は、あらゆる業界で必ず役に立つ大切なスキルです。
●一人ひとりを見守る体制で、学生の成長を全教員が支援。
大切なのは、学びの先にある4年後の進路。そこで進路計画の専門科目を設定し、やりたいことが実現できるように、教員が一丸となってサポートします。はじめてのひとり暮らしや大学生活で抱える心配ごとにも親身に対応。担当教員だけでなく、学部の教員全体で見守る体制を整えているので安心です。さらに、六法全書の無料配布やゼミ活動の費用補助など、さまざまな面から学生一人ひとりをバックアップしています。
●課題解決型の授業で、実社会の諸問題に挑む。
自分の可能性を開くためには、能動的で主体的な学びが不可欠です。特に、社会で求められる実践力を養うには、課題解決型の授業によって「調べる」「考える」「まとめる」能力を鍛えることが重要になります。こうしたチカラを育むために、本学部ではグループワークを多く採用。現実のなかに潜む課題を自分で見つけ、解決策を探る。これを繰り返し経験することで、社会の即戦力となる確かな実力を身につけます。

続きを読む

現代ビジネス学部

世界が待っている。地域が求めている。その個性を。無限の可能性を。

地域経済学科では、基礎から学ぶから、理解しやすい 「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」は学生全員が受講し、経済や経営の基本を学びます。専門的知識と論理的に考える素地を固めてから「地域経済論入門」など、地域経済学科ならではの領域に進んでいきます。また、北九州経済の“いま”を体感する、「北九州学」や「地域連携講座」など、地域に特化した科目を多く設けています。「地域連携講座」における地元企業家や若手起業家による週替わりのオムニバス講義も好評。教科書だけでは理解しにくい経済や経営の“いま”にふれる機会です。
国際社会学科では、万全のTOEIC®対策でハイスコアをめざす国際機関や国際N G Oの採用基準として、T O E I C ®7 3 0 点以上という指標が示されています。本学では、高得点を達成するために、実力に応じた複数のT O E I C ®関連科目を配置。英語が苦手でも、やる気さえあれば、確実に上達することができます。さらに。知識も語学も、実際に活用してこそ意味があると考え、本学では、対話形式やディスカッションを導入した双方向の授業を展開。コミュニケーション能力や協働力を伸ばしながら、実践的な外国語運用能力を養成します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー AFP、CFP®|通関士|ファイナンシャル・プランニング技能士|ビジネス実務法務検定|日商簿記検定|TOEIC(R)Program|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司法試験|司法書士|警察官|消防官(消防吏員)|自衛官

現代ビジネス学部国際社会学科

外国語という翼で、世界のビジネスシーンを翔る。

●実践的な語学力を養成する海外体験プログラムに全員参加。
グローバル化にともなって、社内の公用語に英語を採用する日本企業も増えています。世界を見据えて働く時代。英語力だけでなく、その背景にある文化や習慣まで理解できれば、ビジネスもスムーズに進み、仕事を楽しむことができるでしょう。そこで本学科では、学生全員が海外を体験する海外実習を必修化。例えば、アメリカ、イギリス、カナダ、フィリピン等の大学で、生きた英語と文化を学ぶなど、多くの機会を設けています。
●成長著しいアジア。その言語と文化が本格的に学べる。
成長著しいアジア諸国。その存在感は、ますます大きなものになっています。だからこそ、アジアの玄関口と呼ばれるここ福岡・北九州でアジアの言語や文化を学ぶことには大きな意義があります。本学科は、韓国語や中国語のほかにインドネシア語が学べるなど、ユニークなカリキュラムが魅力。最大で1年の留学制度を設けているため、現地の文化や習慣にふれながら語学力を磨くことが可能です。
●現地での異文化体験が、視野を広げ、異文化理解を深める。
現地での体験から得られる学びは、机上のそれの数倍にも値します。本学科の学生は、海外を訪れ、現地の歴史や文化、思想にふれることで異文化理解を確かなものにしています。さらに、海外企業やホテルの視察のほか、国際協力活動の現場を訪ねるなど、授業で学んだ知識を体験的に深めるプログラムも用意されています。

続きを読む

検索結果 5件(1-5件目を表示)