大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

熊本県 私立大学
崇城大学

school

航空整備学専攻

企業で即戦力となる点検・整備スキルを育成。

学部・学科・コース情報

「学士(大学卒)の航空整備士」として、熊本空港直結のキャンパスで、専門技術・知識を身に付け、海外航空メーカーやエアラインと協働できる英語能力とコミュニケーション力を備えたグローバルな人材を育成します。

2014年3月、大学では日本初となる国土交通大臣指定航空従事者養成施設の認可を受けました。
航空従事者として航空業務を行うためには、国土交通大臣が実施する試験を受けた上で、技能証明を受ける必要がありますが、国土交通大臣が指定した指定養成施設の教育課程を修了した者については試験の全部または一部を免除することができる制度です。
従って、学科試験に合格することにより、通常行われる実地試験が免除され二等航空整備士(飛行機・ピストン)の国家資格を取得できます。
学士(工学)と航空整備士ライセンスを取得できる本課程は全国で初となる試みであり、就職活動においても多くの企業から高い評価を受けています。

~専攻の特長~
・二等航空整備士(国家資格)と学士(工学)をダブル取得
・航空整備士国家試験の実地試験免除
・二等航空整備士試験合格率100%
・就職率100%(航空整備学専攻全卒業生)

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年
募集定員
30名

卒業後の進路

~想定される進路~
航空会社や航空機整備会社だけでなく、航空機メーカーや装備品製造関係への就職も可能です。
航空機整備に必要な幅広い知識と工学系のさまざまな科目を学び、並行して基本的な整備技術を習得。
実機実習では、さまざまな課題をくり返し反復実習することで、チームワークの大切さや整備士としての資質を磨きます。
航空業界以外にも、プラントなどのフィールドエンジニアとして幅広く活躍の場が保障されています。

目指せる資格・検定

  • 航空無線通信士
  • 航空整備士

注目のカリキュラム

2つのキャンパスで深い知識と確かな技術を身につける。

注目のカリキュラム

「1・2年次は熊本市中心部に近いメインキャンパスで学ぶ」
多くの学生と学び、交流できるメインキャンパスの池田キャンパス。
サークル活動や運動会・学園祭など学内のイベントも満載です。

▶1年次 : SILC(シルク:英語学習施設)を活用する英語学習をはじめとした幅広い分野の授業や航空工学の専門基礎科目を履修し、大学生としての勉強の仕方を身につけます。
▶2年次 : 学科教育として航空機に関する知識を基礎理論も含めて重点的に勉強します。英語学習も継続。国家資格取得に向けた学科試験の合格が大きな目標です。

「3・4年次は航空機の轟音を体験する空港キャンパスで学ぶ」
熊本空港に直結する空港キャンパス。各航空会社の離着陸を間近で見上げる迫力は、本学空港キャンパスの特権です。

▶3年次 : 実技教育として全ての航空機整備に共通する航空法規と基本技術(工具、機材、計測器の使い方や航空機に使用される部品、航空機材料などの知識)を修得します。技術英語を読む練習や就職支援の授業も。後期に技能審査1回目となる基本技術の審査があります。
▶4年次 : 実際の航空機を用いた整備訓練を行い最後の関門となる実機審査の準備。同時に、得られた知識や技術を生かして卒業研究にも取り組みます。就職活動も本格的になります。

学費

2019年度実績

入学金

220,000円

卒業までの総学費

5,532,000円

学費について

初年度納入金 : 1,360,000円(入学金を含む)
2年次の年間学納金 : 1,140,000円
3~4年次 の年間学納金: 1,516,000円

~「未来人育成特待生制度(通称 ミライク)」~
本学には、入試の得点率と成績順位に応じて選考される、独自の特待生制度があります。
授業料が年間0円になる「ミライクプレミアム」、授業料が年間50万円になる「ミライク50」。(入学金と実習費等は別途必要です)
特待生選考の対象入試など、詳細は本学ホームページ「入試サイト」をご確認ください。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。