大学・短期大学(短大)一覧 [東京都]

検索結果 197件(1-20件目を表示)

学部・学科・コース

千葉工業大学

千葉工業大学

  • 私立
  • 大学
  • 千葉/東京

世界文化に技術で貢献するプロフェッショナルな人材になる! 専門性と好学心を高める5学部17学科

日本大学

日本大学

  • 私立
  • 大学
  • 福島/千葉/東京/神奈川/静岡

「自主創造」の教育理念のもと 多様性ある社会で躍動できる人材を育成します

学部・学科・コース

東京福祉大学

東京福祉大学

  • 私立
  • 大学
  • 群馬/東京/愛知

アクティブ・ラーニングと充実したキャリア支援で 学生の夢を実現させる大学

学部・学科・コース

大東文化大学

大東文化大学

  • 私立
  • 大学
  • 埼玉/東京

地域・領域・時代を超えた多彩な文化が 交差<CROSSING>する本学で あなたを待っています。

学部・学科・コース

文学部書道学科

芸術として、学問として「書」を究める。

国内では初めて書道学科が設立された大学として、さまざまな角度から“書”に取り組んでいます。
書作(制作)・書学(知識)だけでなく、文房四宝(筆・紙・墨・硯)や作品の表装や印など、書に関する知識を幅広く学修できる多彩な授業を選択できます。
板橋キャンパスには、常設展示スペースがあり、常に本物の作品に触れることができます。ギャラリーでは、常時様々な作品が企画、展示されております。また、東松山キャンパスにはアトリエが完備され、大きな作品でものびのびと描くことができ、学生たちの作品の展示会も行っています。

●学科のポイント
01.歴史観と現代的視点を養う
「書」の歴史を尊重するとともに、現代における「書」を社会的、学際的に学び、その伝統を継承し未来に伝える力を養います。

02.書作と書学を並行して学ぶ
歴史、理論、鑑賞法に精通する書学と、芸術表現を追求する書作を並行して学び、「書」に対する広い視野を養成します。

03.ホンモノを体感する
京都や奈良の寺社や博物館を訪ね、貴重な作品と向き合い、日本文化を学びます。また中国・台湾での短期研修で書道文化を学びます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状

文学部歴史文化学科

「世界のなかの日本」というグローバルな視点から、 歴史・文化を広く発信できる人材を養成する。

2020年のオリンピック開催を待たずして、訪日外国人が増加し続け、日本企業の海外進出もさらに活発化する今日。これからは「世界のなかの日本」というグローバルな視点で歴史・文化を学び、その成果を社会に発信できる人材の育成が必要であるという認識から、平成30年4月、文学部の6番目の学科として本学科を新設。全国各地から集まった1期生101名とともにスタートを切りました。また、4年間で積みあげた歴史研究の成果を旅行・観光業界に還元していくという発想のもと、「観光歴史学」という新たな学問領域も構想し、大東は今までにない歴史文化学科の創造に挑戦しています。

●学科のポイント
01.グローバルな視点で学ぶ
訪日外国人が増加し続け、日本企業の海外進出もさらに活発化する今日。グローバルな視点で歴史・文化を学び、社会に発信できる人材を育成します。

02.3つの専門コース
世界を学ぶ「東西文化コース」、日本を学ぶ「日本史コース」、歴史研究を旅行・観光へ活かす「観光歴史学コース」で歴史のエキスパートに。

03.地域を活かした実習
川越、浅草、日光、鎌倉など、地域にある博物館で実習・演習を実施。さまざまな歴史・文化に身近に触れることで、専門性を高めていきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状

法学部法律学科

法学部政治学科

地方自治から国際政治、幅広い視野で政治学を学びながら、社会に貢献できる人材を育成

法学部において政治学を学ぶ。これこそが既成概念にとらわれない大東文化大学ならではの発想。政治学を専門的に学ぶことはもちろん、法学や経済学、社会学、情報学など関連分野も自由に履修し、幅広い視野で社会に貢献できる人材を育成します。歴史的な背景を踏まえながら、ローカルかつグローバルな視野で実際の政治の動きを見ることで、社会の動向をより深く理解する「インターンシップ」や、就職活動を考えるための「キャリア・デザイン講演会」など、知的好奇心をかき立てるプログラムが豊富に用意されています。

●学科のポイント
01.広い視野で社会に貢献
政治学だけでなく法学、経済学、社会学、コンピュータ(情報)など関連分野の科目を自由に選択履修し、社会に貢献できる広い視野と教養を身につけることができます。

02.グローバルな視野で学ぶ
ローカルかつグローバルな視野で実際の政治の動きを見ることで、社会の動向をより深く理解することができます。

03.豊富なプログラム
各種講演会や国際比較政治研究所のシンポジウムの開催など、学生の知的好奇心をかき立てるプログラムを豊富に用意しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状

国際関係学部国際関係学科

アジアを中心に世界諸地域を社会科学的に考察。 国際関係への理解を深め、日本の役割を探る。

「体験型アジア理解教育」を軸とする国際関係学部は、2つの学科に分かれ、“国際関係”に主眼を置いた本学科は、国際関係論ほか、社会科学系の科目から構成されています。アジア諸国の経済動向や政治・外交問題、地域紛争など、国際関係の諸問題について社会科学の視点から考察。日本のアジア社会での役割や他国との相互理解について追求します。政治学や経済学などの科目と地域研研究科目のほかに、より特殊なテーマを扱う3つのクラスター科目も設置。国際文化学科とのカリキュラム上の垣根が低く、文化や芸術を学ぶことができるのも大きな特徴です。

●学科のポイント
01.多彩なアジアをワイドに学ぶ
初年次から、選択言語の地域にとらわれず、アジア4地域の厳選された地域研究科目を、関心に応じて自由に学べます。

02.4年間を通してゼミが必修に
初年次の「チュートリアル」から、2年次の「基幹演習」、3年次の「専門演習」、4年次の「卒業論文演習」まで、少人数の演習(ゼミ)を行い、一人ひとりの学生の学びやキャリアデザインを専任教員が責任をもってサポートします。

03.3つの科目群による進路(出口)
「国際協力・多文化共生」「国際ビジネス」「異文化理解」の3つの科目群には、基礎から発展レベルまで、系統的に科目が配置されています。関心やキャリアデザインに応じて、自由に学ぶことができます。※進路に応じた「履修モデル」については、学部のホームページをご覧ください。

04.3さらに深化する「主体的な学び(アクティブラーニング)」
大教室で行う講義(大人数の座学)は少なく、地域研究科目や左記の3つの科目群には、課題解決型の方法を積極的に導入し、批判的な思考や問題解決能力、「ジェネリックスキル」を鍛えます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書

国際関係学部国際文化学科

アジア諸国の生活文化や歴史、思想、宗教などを理解し、人文科学的視点から考察する

アジアの言語や文化の多様性に学ぶ「体験型アジア理解教育」を軸とする本学部は、2つの学科に分かれています。本学科は、“人文科学系”に主眼を置き、比較文化論ほか、人文科学系の科目から構成されています。基礎の学びながら、アジア諸国の生活文化や歴史、思想、宗教などを考察・研究。絵画や音楽、演劇といった芸術分野も研究の対象とし、社会・文化の特質を多角的に追求。また、アジアの芸能や生活文化に関心を持つ学生によって、地域研究学会の研究班が組織され、民俗資料研究班、ガムラン研究班、茶文化を追求する比較文化研究班などが学内外で活躍しています。

●学科のポイント
01.文化の視点からアジアを理解する
比較文化論を基礎に、歴史、芸術、文化の視点からアジア4地域を地域研究科目から学び、各国の思想や宗教、文化などについての理解を深めます。

02.4年間を通してゼミが必修に
初年次の「チュートリアル」から、2年次の「基幹演習」、3年次の「専門演習」、4年次の「卒業論文演習」まで、少人数の演習(ゼミ)を行い、一人ひとりの学生の学びやキャリアデザインを専任教員が責任をもってサポートします。

03.国際関係学科との連携
学科の垣根を超えて、国際関係学科のゼミを選択することも可能です。人文系の科目で構成される国際文化学科の学びと並行して、アジアの政治や経済を学ぶことでアジアについてさらに深く理解できます。

04.学生主体の研究活動
アジアの芸能や生活文化に関心を持つ学生たちにより、学部内にある地域研究学会にてさまざまな研究班が自主的に組織されています。発表会や公演、イベントなどで研究成果を発表し、学内外で活躍しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書

経営学部経営学科

経営学の基礎を学び、コミュニケーション能力を磨き抜き、現場に強い企業人を育成する

「経営」「会計」「マーケティング」「知識情報マネジメント」の4つのコースで、様々な経営学の分野を幅広く学べます。通常の授業と、4年間学べるゼミ形式の少人数授業によって、プレゼンテーション能力や企画力、論理的思考力も伸ばせます。1年次では、レポートの書き方やプレゼンテーションソフトを使った発表のやり方など、一般知識の習得と並行して、経営、会計、マーケティング、情報処理の基礎を学び、2年次からは上記4つのコースのいずれかを選択し、専門科目を学びます。また、グローバルな人材育成を目的として、英語力を習得できるのも本学科ならではの特徴です。

●学科のポイント
01.4つの専門コース
「経営」「会計」「マーケティング」「知識情報」の4つのコースでさまざまな経営学の分野を幅広く学びます。

02.経営に必要な力を強化
グローバルな人材育成を目的として、英語力も習得が可能です。ビジネス英語やコミュニケーションの強化講座も実施しています。

03.充実したキャリア支援
キャリア支援を目的とし、企業の経営者を招いた授業や、会計のスペシャリストの養成を目的とした講座など、さまざまな講座を用意しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書|学校図書館司書教諭免許状

スポーツ・健康科学部健康科学科

スポーツと健康の側面を備えたスペシャリストが医療に不可欠な資格取得をバックアップする

ルーツとなる「大東医学技術専門学校」の流れを継承し、「臨床検査学」「食品科学」「環境科学」の3分野においてハイレベルな指導を実現。実習用の顕微鏡や医療機器などは最先端の機器が充実しており、最新機器を使いこなす能力を身につけます。4年間で臨床検査技師、食品衛生管理者、食品衛生監視員、第二種作業環境測定士の資格が取得できるのも、本学科の魅力です。臨床検査学を学べる大学は多数ありますが、スポーツ科学や健康科学の側面を備えているのは大東文化大学だけ。臨床検査技師の資格取得を目指しながら、スポーツ関連の科目の一部を習得することもできます。

●学科のポイント
01.質の高い授業と実習内容
「健康科学」の基礎から専門性の高い授業まで充実したカリキュラムを用意しています。多くの実験・実習を通じて、体験的に高度な技術と知識を積み上げていきます。

02.希望進路別の履修モデル
1年次に将来の自分をイメージしたキャリアデザインを行います。2年次から、個々の特性と希望進路を基に、専門性に特化した3つのコースのいずれかを選択します。

03.社会に貢献する専門資格
医療・食と運動・教育などの現場で活躍することができる実力を養い、専門資格の取得を目指します。そして各分野のエキスパートとして社会に貢献できる人材を育てます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

危険物取扱者|第2種作業環境測定士|食品衛生責任者(都道府県・政令市認定)|食品衛生監視員|健康運動実践指導者|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|臨床検査技師

社会学部社会学科

多様性を増す人と社会の現実を見つめ、希望のある未来を生み出す人材を養成する

社会学とは世の中のしくみやその変化について、人びとの気持ちによりそって理解しようとする学問です。人はどのように世の中の「きまりごと」を身につけ、隣人をはじめ文化や価値観の違う人たちとどう共存しているのでしょうか。また人生のさまざまな局面でどのように感じ、どのように決断するのでしょうか。本学科で皆さんは、私たちが社会によって作られると同時に、自らの意思で行動することを通じて絶えず社会を作り変えることもできる存在だということを学びます。

●学科のポイント
01.多様な専門分野を学べる少人数制
1年生の導入ゼミから卒論まで、学生は4年間少人数のゼミに所属します。教員の指導の下、社会学理論からまちづくり、アイドルにいたるまで、関心あるテーマを深く追求していきます。

02.体験重視の教育体制
現地でリアルな体験をするフィールドワークや社会調査、海外・国内研修、国内外への留学制度などが充実。地域社会や国際社会で活躍できる人材を育成します。

03.きめ細やかな英語教育
能力別クラス編成を行い、上位クラスは英語で授業を行います。学期前・後の確認試験により、英語力の向上を自分で確認できます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|司書|認定心理士

学部・学科・コース

未来科学部情報メディア学科

情報メディア学科

私たちの暮らしは、コミュニケーションから学び・遊びまで、さまざまな情報技術によって形づくられ、日々新たな価値と魅力を持った形態に変わり続けています。
そんな可能性と成長力に満ちた分野で、次世代の技術を生み出せる人材を育成します。
「メディア学」と「コンピュータサイエンス」を複合的に学び、デザイン、表現、技術などの観点から包括的な理解を深めていきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

基本情報技術者試験|応用情報技術者試験|CGクリエイター検定|ネットワークスペシャリスト試験|エンベデッドシステムスペシャリスト試験|情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト試験)|CAD利用技術者試験|CGエンジニア検定|マルチメディア検定|画像処理エンジニア検定|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状

学部・学科・コース

文学部キリスト教学科

キリスト教を多角的に探求し、異文化を理解し、国際的感性をもつ教養人を育みます。

○キリスト教学科の3つの特色
1)誰にでも開かれたキリスト教学。
キリスト教が世界の歴史や文化にどのような影響を与え、受けてきたのかを学びます。世界の文化・思想・芸術などについて多様な視点から学ぶことが目的なので、キリスト教の信仰の有無は問いません。

2)徹底した少人数教育。
「キリスト教と科学」「キリスト教と映画」「キリスト教と現代社会」など、一人一人の関心に合わせた少人数教育を徹底しています。

3)ギリシア語、ラテン語、ヘブライ語も学べる。
聖書の原典はヘブライ語で書かれ、ギリシア語、ラテン語と訳されてきました。キリスト教学科では、各言語で書かれた文献を読み解いていく授業を用意しています。

○キリスト教学科で身に付く能力・知識
・異文化を理解し、国際的感性を磨く。
世界人口の約3分の1とも言われる教徒数を誇るキリスト教。広く信仰されている宗教を学ぶことで異文化を理解するとともに、国際的・歴史的な感性を身に付けます。

・問題の本質を見抜く力。
演習では、特定のテーマに対して、自ら積極的に調査・研究し、得た知識をフィールドワークを通し批判的に見直します。これにより、問題の本質を見抜く力が身に付きます。

・自ら探究し、発表・議論する力。
資料収集や整理、分析、論文作成についての基礎を徹底して身に付けます。その後、発表・議論を繰り返すことで、それらの力を高めます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部文学科英米文学専修

英語圏の文化を学び、豊かな英語力で自己表現できる人を育てます。

○英米文学専修の3つの特色
1)文学や文化を、英語で学ぶ。
アジアやアフリカをも含む世界の英語圏の言語・文学・文化を通して、映画、音楽、美術、雑誌など、さまざまな素材を通して、人間の生き方や考え方に触れます。

2)実践的な学びを重視。
「身に付けた英語で何をするか」。そのための実践的な学びが充実しています。例えば海外フィールドスタディを通し、言語表現・異文化対応・現地調査などの基本能力を高めます。

3)幅広い分野の科目から、関心に沿って自ら学ぶ。
1・2年次に基礎を修得、3・4年次に演習を中心にしながら自分の関心と目標に沿って、文学、文化、言語などの分野から自由に履修計画を立てていきます。

○英米文学専修で身に付く能力・知識
・豊かな英語力の獲得。
ネーティブ教員による少人数クラスで、英語学や英米文学を英語で学びます。英語で読み、聞き、発表することを通して、コミュニケーションで本当に使える英語力を身に付けます。

・新しい自分を創造する力。
数多くの英米文学を学ぶことで、従来の自分にはなかったさまざまな視点を得ることができます。これにより自分自身の言葉や考え方について客観的に見つめる力が身に付きます。

・英米文学作品を読解する力。
演習では、小説や詩などの英米文学作品を熟読し、発表やディスカッションを通して文学作品の読み方や文学テキストを深く鑑賞する能力など、文学研究に必要な基礎能力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部文学科ドイツ文学専修

ドイツ語圏の文学・文化を探究し、知性豊かな国際人を育てます。

○ドイツ文学専修の3つの特色
1)ドイツ語の習得と、充実した留学支援。
ドイツの公的なドイツ語検定資格の取得につながるカリキュラムを2年次までに集中的に学びます。またテュービンゲン大学やベルリンのフンボルト大学、ボン大学などへ毎年留学生を派遣しています。

2)ドイツ語圏の文化を幅広く学ぶ。
ドイツ文学はもちろん、ウィーンの音楽やスポーツ、デザイン、環境への取り組みなどについても探究します。また、日本の近代化に大きな影響を与えた存在としてのドイツ文化も学びます。

3)発信型のドイツ語が学べる。
演習では、多様な学びの領域から自分の研究テーマを見つけ、研究発表や討論に参加することで、ドイツ語で論述できるようになることを目指します。

○ドイツ文学専修で身に付く能力・知識
・ドイツ語の実践的運用能力。
ドイツ語圏で使われる教材やネーティブ・スピーカーが担当する演習、さらにはドイツ語検定対策、ドイツ語作文の授業など。充実した語学プログラムにより、実践的なドイツ語力が身に付きます。

・ドイツ文学や文化に根付いた多角的な視野。
詩、戯曲、小説、児童文学、思想などの文学や、美術、建築、映画、音楽など。ドイツの文学や文化を国際関係や異文化比較の視点から捉えることで、自分自身の言葉や考え方を客観的に見つめることができるようになります。

・ドイツ語を読み、書き、自分自身を表現する力。
文章を読み、書くということを何よりも重視。そのため、各自が読み解き、発表し、議論する授業を多数用意しています。これらの学びを通して、確かな表現力が身に付きます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部文学科フランス文学専修

フランスのいまを探究。グローバルな視点を持った、人間性豊かな人を育てます。

○フランス文学専修の3つの特色
1)フランス学の入門から美術・芸術まで幅広く学ぶ。
1年次には、フランスの文化や、文学者・芸術家について学ぶ入門科目を設置。その後、小説や詩、文化、思想、哲学について探究する科目や、美術・芸術分野を学ぶ科目など、多彩な学びが広がっています。

2)充実した留学支援。
パリ・ディドロ大学、パリ東大学、リヨン第3大学などへ毎年留学生を派遣しています。また、夏にはフランスで3週間の語学集中講座も開講しています。語学はもちろん、フランス文化への理解が深まります。

3)全ての教員が、幅広い分野と時代を網羅。
フランス文学専修の教員は、それぞれが専門とする時代が中世から現代の文学・思想まで時代順にほぼ切れ目なくつながっています。また、専門の周囲に配置される分野を幅広くカバーしています。

○フランス文学専修で身に付く能力・知識
・実践的なフランス語力。
実践的なフランス語力を磨くために、一人一人の関心や必要に応じたフランス語の授業を独自に展開しています。文法だけでなく、講読や会話などの授業を通じて、本当に使えるフランス語力が身に付きます。

・グローバル社会に必要な教養。
現代フランスとフランス語圏の文化と社会を学びながら世界を見る。中世・ルネサンスから20世紀までの歴史・文学・思想を学びながら「いま」を知る。これにより、グローバル社会を生きていくための教養が身に付きます。

・世界を相対化して理解する視点。
フランスとの交わりを通して西洋だけでなくイスラム世界やアジアも知り、改めて日本も理解し直す。世界を相対化して理解する視点を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部文学科日本文学専修

日本と世界の視点を持ち、古代から現代までの日本文学・文化を探究する人を育てます。

○日本文学専修の3つの特色
1)日本文学の全領域が、学びの対象。
古代から近現代に至る全領域の中から、多様な素材・テーマを選定し、講義・演習を開設しています。学生の興味・関心を触発し、一人一人の知的好奇心にしっかり応えます。

2)中国の文学・思想を通して日本を学ぶ。
日本文学と深い関わりを持つ中国の文学・思想に関する科目も充実しています。漢文読解力の向上を目指すとともに、漢文が日本の言語文化において果たしてきた役割などについて学びます。

3)日本と世界の二つの視点から、日本文学を探究。
日本文学は世界各地で学ばれており、日本文学専修にも多くの留学生が在籍しています。海外の大学や留学生と連携し、日本と世界という二つの視点から日本文学を見つめ、その本質を追究していきます。

○日本文学専修で身に付く能力・知識
・調査・分析し、発表・討論する力。
文学作品・資料をさまざまな角度から調査・分析し、その結果を授業で発表・討論することで、発信・議論する力を身に付けます。

・本質に迫る、多角的な視点。
特定の作品を繰り返し読み、それに関する研究や評論を多く読むことで、「自己の視点」「他者の視点」「世界の視点」「歴史的な視点」など、多角的な視点が身に付きます。

・自己を再発見し、自分の世界を広げる力。
文学作品の中に自分の知らない世界を発見すること。そして、その作品の解釈は人それぞれであり多様だと知ること。こうした経験を重ねることで自分自身を再発見し、世界を広げる力が身に付きます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部文学科文芸・思想専修

膨大な作品に触れ、感受性を鍛え、新たな表現を創造する人を育てます。

○文芸・思想専修の3つの特色
1)文芸と思想を、横断しながら学ぶ。
創作や批評の実践を志す「文芸」と、生きることの意味や存在の根源について思索する「思想」。これらを連続する一つの学問領域と捉え、横断して学んでいく立教だけのユニークな枠組みです。

2)少人数の演習で膨大な作品に触れる。
より多くの作品に触れ、より深い思考力を養うために、これまで触れたことのないような哲学や戯曲、現代小説などを精読し、学生同士で相互に批評し合います。

3)多様な講義科目。
サブカルチャーや広告の社会的役割、詩を支えている論理、ジェンダー論など、さまざまな講義を通し、ものの見方や考え方、関心の幅を大きく広げることができます。

○文芸・思想専修で身に付く能力・知識
・あらゆる文学作品を読解する力。
演習を中心とした少人数教育で、多くの作品に触れ、2年次では厳選された文芸などの基礎文献をじっくり分析し、本格的な読解力を養います。

・広く、深く、思考する力。
演習では、議論を通してさまざまな考え方に触れ、思考力を養います。講義科目では、触れたことのない考え方や、思いがけない世界のビジョンを学び、ものの見方や考え方、関心の幅を広げます。

・自分の考えを発信する力。
ゼミ形式のディベートや課題、学生同士の作品批評などにより、他者の考えを受け取る心とともに、自分の考えを発信する力が身に付きます。また、卒業論文や卒業制作では、論文の他に、小説や脚本などの作品を制作することもできます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部史学科

歴史を通して社会や文化を理解する力を育み、未来を考察できる人を育てます。

○史学科の3つの特色
1)過去を学ぶことで、いまを深く理解する。
伝統や文化が、いまをどのように規定しているのか。異なる価値体系を持った社会が、どのように形成されてきたのか学ぶことで、現代世界における私たち自身の位置付けを理解していきます。

2)自身の興味に合わせて3専修で学びを深める。
1年次は、少人数制の授業で史学の基礎を修得。2年次からは、世界史学専修、日本史学専修、超域文化学専修のいずれかを選択し、さらに学びを深めていきます。

3)フィールドワークや専門言語プログラムが充実。
1年間に2つ以上のフィールドワークのプログラムと、インドネシア語・トルコ語・イタリア語などの語学プログラムを用意。異なる歴史を生きた人々の文化に触れ、自らの文化を相対化します。

○史学科で身に付く能力・知識
・複数の視点から、社会の全体像を理解する力。
人間の文化や社会を理解するには複数の視点を持つ必要があります。史学科では、文化人類学や地域研究論といった歴史学以外の分野も学び、複数の手法を用いて社会を理解する力を養います。

・自ら調査を企画し、実行する力。
フィールドワークなどの手法を通して、調査を企画・実施し、分析して、発表する力を養います。将来どのような仕事に就いても発揮できる実践的な知識・技能を身に付けることができます。

・社会を見定める力。
私たち自身の歴史的・文化的背景を理解し、多様な価値観に照らして自らの文化を相対化することで、私たちの立ち位置を見定める力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

文学部教育学科

日々変化し続ける人間を多角的に分析し、広い視野を持って、深く人間を理解できる人を育てます。

○教育学科の3つの特色
1)1年次から始まる専門教育。
教育の専門講義は1年次から始まり、基本的な学問の手法を身に付けます。2年次からは、教育心理学、教育社会学、教育哲学など、教育に関する専門理論を学んでいきます。

2)実際の教育問題に触れて、解決法を学ぶ。
ジェンダーと人権、特別支援教育、学級崩壊など、いま教育現場が抱える問題をテーマにした講義を展開。一つの問題を深く掘り下げながら、論点を整理し、批判的視点で教育を問い直す力を養います。

3)「理論」と「実践」の両輪で学ぶ。
哲学、社会学、心理学、歴史学などの「理論」を総合的に学び、同時に、小学校での学習支援やボランティア活動などを通して、「教育方法」も修得します。

○教育学科で身に付く能力・知識
・小学校教員に求められる知識と技能。
「初等教育専攻課程」では、国語や算数などの「各教科教育法」や「教職実践演習」など、実践的な教職専門科目を学び、小学校教員としての知識と技能を身に付けます。

・社会学の視点で、教育を分析する力。
学校、義務教育制度、学歴などは、時代や社会の中でどんな役割を果たしてきたのか。社会学の視点から分析し、教育とは何かを広く深く理解する力を身に付けます。

・他者を理解する思考力
質的調査法や心理実験、行動観察の学習を通して、教育学の方法論と技法を学び、他者を理解するための柔軟かつ粘り強い思考力を身に付けます。

○3年次から「初等教育専攻課程」と「教育学専攻課程」に分かれて、専門性を深める。
1・2年次に「教育学」の基礎に触れ、「教育心理学」や「教育社会学」など、学校教育に関する教養を深めながら、3年次以降は「初等教育専攻課程」と「教育学専攻課程」に分かれ、専門の学習を深めていきます。
初等教育専攻課程では、主に小学校教員の養成を目標として、教育と人間についての深い理解としなやかな感性を磨きます。教材研究、教育実習などの教職専門科目が盛り込まれており、課程修了者は小学校教諭1種免許状が取得できます。
教育学専攻課程では、学問としての教育に関する思考を深め、中学・高校の教員、公共団体などの教育・福祉部門、教育産業、マスコミなどで活躍する人材の育成をめざします。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科

自分とは異なる他者を理解し、社会のあらゆる場面で課題解決に挑む人を育てます。

○異文化コミュニケーション学科の3つの特色
1)論理的な思考を、徹底的に鍛える。
ことばは、世界で活躍するために欠かせないツールです。日本語で論理的に考え、的確に伝えるための表現力を磨くとともに、英語で読み、書き、対話する力を徹底的に強化。異なる文化間で必要となるコミュニケーションの基礎力を高めます。

2)「英語+1」で、多角的な視点を身に付ける。
多様な文化や価値観が混在する世の中で、他者を理解するためには、複数の視点を持って物事を考える力が必要です。英語に加え、さらにもう1つの言語とその背景にある文化を学ぶことで、世界を多角的に理解するための“第三の視点”を身に付けます。

3)原則全員参加の「海外留学研修」。
原則全員が参加する「海外留学研修」や、地域や企業と連携したプログラムなど、教室での知識と体験を結び付ける実践的な学びを展開。また、世界各国からの留学生や国際支援活動に取り組む学生も多く、教室の中でも多様性に満ちた環境で学ぶことができます。

○異文化コミュニケーション学科で身に付く能力・知識
・「違い」を乗り越えていく、コミュニケーション力。
価値観の異なる他者との摩擦を恐れることなく、問題と向き合い、乗り越えていく。複数の言語と文化を学び多様な価値観を知ることで、他者の行動や心情、文化的背景まで理解する力を養い、異文化同士をつなぐ架け橋となるようなコミュニケーション力を身に付けます。

・実社会のあらゆる場面で、課題を解決する力。
さまざまな問題が複雑に絡み合う世の中で、課題を論理的に理解し、解決できる人へ。教室の中だけでなく、現場での体験や実践を重視した学びが、国際舞台や多文化コミュニティはもちろん、実社会のどんな場面においても課題を解決するための力になります。

・異文化コミュニケーションを支える、タフな精神力。
世界で活躍するのは当たり前。周囲に同調するのではなく、「個」で挑戦することを恐れない強さと自信を手に入れる。海外での濃密な体験を取り入れた学びで、慣れ合うよりも、ぶつかり合うことの意味を知り、多様な人々と共に新しい価値を生み出していける力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

経済学部経済学科

経済の理論と歴史を踏まえ、グローバルな視点から問題分析できる人を育てます。

○経済学科の3つの特色
1)理論と歴史を軸に、経済を段階的に学ぶ。
経済や政治の歴史を分析し、「ミクロ経済学」「マクロ経済学」などの基礎理論を学ぶことで、現代の経済システムが生まれた背景や、経済の本質を学びます。

2)専門性を深める、3つの科目群。
理論や統計を用いて経済の動きをデータ化する「経済理論科目群」、社会問題を経済の視点から解決する「経済政策科目群」、国際的な経済や金融の動きを学ぶ「国際経済科目群」。経済学の領域に、3つの角度からアプローチします。

3)実践力を高める多彩な学び。
企業の協力による課題解決型の実習系科目やゼミ、インターンシップなどの実践的科目を用意し、身に付けた理論を実際に生かしていきます。

○経済学科で身に付く能力・知識
・時代の動きを読む力。
経済学の基礎から応用までを学び、変化の時代を生き抜くための自分なりの経済観を身に付け、短期的な動きに流されずに経済の本質を捉えながら、時代を読む力を鍛えます。

・社会の問題を解決する力。
複雑な経済構造をマクロやミクロ、そしてグローバルの視点から分析し、国際的な金融危機や経済格差、労働問題など、課題を洗い出して解決策を探る問題解決力を習得します。

・経済の動きを明らかにする、統計分析力。
消費者物価指数、GDP(国内総生産)、失業率など、さまざまなデータの扱い方を体系的に学ぶとともに、数値の裏側にある背景を理解し、経済の動きを読み解く統計分析力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

経済学部経済政策学科

社会の経済的課題を見極め、解決に向けて政策立案できる人を育てます。

○経済政策学科の3つの特色
1)経済や社会をめぐる政策を、3つの視点で掘り下げる。
経済や社会をめぐる政策を「公共サービスと生活」「グローバル化と地域」「競争と規制」という3つのカテゴリーから掘り下げます。

2)多彩な専門科目を、実践的に学ぶ。
金融政策や都市政策、産業政策、環境政策など、社会を動かすさまざまな政策を専門的に学びます。さらに、政策の現場で活躍する専門家を招いて実践的に学びます。

3)論理的思考力を磨くゼミ教育。
労働経済、環境経済、国際金融など、21世紀の社会が直面する問題を政策面から追究するゼミを多数開設。文献講読やディスカッションを繰り返しながら、論理的思考力やプレゼンテーション力を磨きます。

○経済政策学科で身に付く能力・知識
・社会の問題を解決する、政策立案力。
経済と政策の土台となる理論を学び、「経済活動と地球環境との調和の図り方」や「望ましい税制度の在り方」など、社会的な課題に対する政策立案力を養います。

・社会のためを思う、公的な視点。
民間では対応できない公的な課題に対する政策や、政策を決定する過程などを分析。企業など民間の立場でも役立つ公的な視点を身に付けます。

・問題を多角的に捉える、複眼的な考察力。
社会の問題を、政治や経済、ミクロとマクロ、経済活動と環境問題、グローバルと地域など、多面的に考える考察力を磨きます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

経済学部会計ファイナンス学科

企業経営に関する幅広い知識を生かして、経済の動きや企業の財務を分析できる人を育てます。

○会計ファイナンス学科の3つの特色
1)会計とファイナンスを体系的に学ぶ。
事業活動とマーケットという観点から、会計分野とファイナンス分野の科目を有機的に結び付けて、基礎理論から実践的な分析手法まで、総合的に学びます。

2)3つの専門分野で、企業の分析方法を学ぶ。
企業の能力と活動を数値化して分析する「会計」、経営の視点から企業の活動を分析する「マネジメント」、お金の流れをもとに企業を分析する「ファイナンス」。3つの専門分野を学び、企業分析の実践力を高めます。

3)公認会計士や税理士などの資格取得を支援。
公認会計士、税理士、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなどを目指す学生のために、資格取得を支援するカリキュラムを用意しています。

○会計ファイナンス学科で身に付く能力・知識
・経済の動きを分析する力。
基本的な経済理論や各国の経済構造、政府の財政、金融機関の役割など、経済に関わる領域を広く学び、現実の経済の動きを分析する力を身に付けます。

・経営財務を分析する力。
企業の株価はどのように決まるのか。企業買収はなぜ起こるのか。企業価値の評価方法や企業財務マネジメントを学ぶことで、企業を分析する力を養います。

・世界の動きを考察する力。
外国為替取引の仕組みや為替相場の動き、日本と外国の金融の結び付きなど、国際的な経済活動の知識を身に付け、グローバルな視点で世界の動きを考察する力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

公認会計士|税理士|社会調査士|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

経営学部経営学科

少人数での実践的な学びを通して、未来のビジネスリーダーを育てます。

○経営学科の3つの特色
1)4つの領域で深く学ぶ。
「マーケティング」「組織マネジメント」「ファイナンス」「コミュニケーション」の4領域で、ビジネスに必要な最先端の専門知識を学びます。

2)リーダーシップを育む。
全員が履修する科目「ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)」では、少人数のグループワークを通じて、社会で求められるリーダーシップを身に付けます。

3)リアルなビジネス体験から、社会で役立つスキルを学ぶ。
企業を相手にビジネスプロセスを体験できる授業を通し、社会で求められるスキルや視点を学び、将来のキャリアについて考える機会が多く用意されています。

○経営学科で身に付く能力・知識
・ 問題を見つけ、分析し、解決する力。
企業や社会が抱えている問題に気付き、専門知識を生かして解決策を論理的に考えること。経営学科では、数多くの実践を通して、問題発見力と論理的思考力、解決力を養います。

・チームを動かし、引っ張っていく力。
経営学科では実践的な授業を通じてチームワークを身に付け、一人一人のビジネスの現場で求められるリーダーシップを高めていきます。

・人を動かすプレゼンテーション能力。
アイデアを発表する、プランを議論する、企業へプレゼンテーションする。これらの経験を重ねることでアイデア力、表現力を鍛え、コミュニケーション力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|学芸員|社会教育主事

経営学部国際経営学科

英語で経営を学び、世界中でリーダーシップを発揮できる人を育てます。

○国際経営学科の3つの特色
1)グローバル・リーダーシップを学ぶ。
企業から出された課題を英語で議論し、英語でプレゼン。多国籍の仲間との学びを通して、環境の変化に左右されないリーダーシップを育みます。

2)経営の基礎から専門領域まで、英語で学ぶ。
専門科目の約70%を英語で開講。入学時から英語開講科目を段階的に増やしながら学んでいくことで、経営学の基礎はもちろん、最先端の専門知識を英語で身に付けることができます。

3)全学生が海外留学を体験。
海外留学や海外インターンシップなど英語力が向上する環境やプログラムが充実しています。海外協定校は、約100校。1年次の夏休みには原則全員が3週間の海外短期留学を体験します。

○国際経営学科で身に付く能力・知識
・ビジネスリーダーとして多国籍チームを動かす力。
英語力と経営の専門知識を段階的に高め、英語での討論やプレゼンテーション能力を磨きます。国際社会でリーダーシップを発揮する力を養います。

・多様な価値観を受け入れる、グローバルなマインド。
国際経営学科は海外からの留学生も多く、日本にいながらグローバルな環境で学修できます。異なる文化や言葉を背景とする多様な価値観の中で、異文化交流の基礎力を育みます。

・企業の経営戦略を分析し、解決策を導き出す力。
実在する企業のケーススタディ(事例研究)をもとに学びを深め、企業が直面する社会問題への意識について、経営戦略を分析し、解決策を導き出す力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|学芸員|社会教育主事

理学部数学科

数学の基礎から最先端の知識を身に付け、論理的かつ粘り強く考える力を育てます。

○数学科の3つの特色
1)少人数制教育&充実の設備と指導体制。
学生数に対する教員数の比率の高さは、全国の私立大学数学科の中でも最高水準。少人数クラスできめ細かな指導を受けることができます。

2)基礎から専門へ、知識を掘り下げる。
数学を支える3本柱「代数」「解析」「幾何」を3年次までに修得。4年次には卒業研究を通じて専門知識を深く掘り下げ、学問の面白さに触れていきます。また、中学校・高等学校の「数学」と「情報」の教員免許が取得できます。

3)純粋数学と情報科学の両分野を学ぶ。
数学という学問を追究する「純粋数学」をはじめ、情報サービスや研究などに役立つ「情報科学」が学べます。数学を実社会で役立つツールとして活用する術を身に付けます。

○数学科で身に付く能力・知識
・課題を解決する力。
数学は、自然科学の諸分野とも密接に関係しながら発展してきた全ての学問の基本といえます。数学の専門知識を持つことは、幅広い領域で課題を解決する力になります。

・粘り強く考える力。
数学は「仮説を立て」「数式を解き」「証明していく」学問です。証明するために、数千もの式を解いていく必要があり、演習や少人数のゼミを通じて、粘り強く考える力をしっかりと養います。

・論理的に分かりやすく表現する力。
講義や演習科目を通じて、議論を繰り返したり、研究の過程や結果を論理的な文章にしたりする訓練を重ね、論理的に分かりやすく表現する力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

理学部物理学科

自然界の基礎を形づくる法則を探究。理論を学び、実験で実証できる力を育てます。

○物理学科の3つの特色
1)物理の基礎を学び、最先端の研究へ進む。
力学や電磁気学といった物理学の基礎に加え、統計力学、量子力学など物理学の基礎を修得してから最先端の研究に進みます。

2)充実の研究環境で、物理学の最先端を学ぶ。
自然の仕組みを解き明かす方法を学ぶには、「体験」することが不可欠。充実した実験施設や測定・解析装置、計算機などで、じっくりと実験に打ち込めます。

3)地球から宇宙の果てまで、幅広く学べる宇宙物理学。
地球、太陽系から宇宙の果てまで、宇宙物理学を幅広く学べることが特長。特に宇宙物理学については、人工衛星から素粒子・原子核といったミクロな世界まで、幅広く学ぶことが可能です。

○物理学科で身に付く能力・知識
・実証する力と物理的な感覚。
1年次から数多くの実験科目を通じて、「実証する力」を身に付けます。また、研究を行う上で必要な、さまざまな事象を物理の視点で捉えることができる「物理的感覚」も養っていきます。

・理論的・論理的に思考する力。
物理学では、理論的かつ論理的に思考する力が常に求められます。実験授業や卒業研究を通し、少人数体制のもと教員のきめ細かい指導を受けながら、論理的に考える力を養います。

・宇宙に関する基礎概念を理解し、研究に生かす力。
高学年次で宇宙を学ぶために必要な基礎的な概念を、天文学の歴史や壮大な宇宙の成り立ちを概観することを通して身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

理学部化学科

化学の「なぜ?」に対して自ら考え化学的原因を解明する力を育てます。

○化学科の3つの特色
1)実験で化学を深く学ぶ。
少人数制を生かして1年次から実験科目を実施。「有機化学」「無機化学」などの基本的な実験を行います。2年次からはより専門的な実験へと段階的に学んでいきます。多くの実験科目を通して物質に直接触ることで、化学を深く学びます。

2)着実にステップアップして学ぶ。
高校と大学の化学をつなぐ入門科目を用意しており、スムーズに基礎から学ぶことができます。2年次以降は専門科目へステップアップするとともに、自らテーマを設定して調査を進める演習科目も用意。段階を踏んで確実に修得していきます。

3)最新の話題も学べる幅広い選択科目。
環境問題や材料開発、知的財産権など、化学領域の広がりに対応する幅広い選択科目から、最新の話題を学べます。また、「化学の最前線」の講義では、各教員の最新の研究を知ることができます。

○化学科で身に付く能力・知識
・実験・計算技術とレポート技法。
実験科目では準備から実習、結果の解析、レポート作成までを一貫して実施。実験・計算の技術とコンピューターを活用したレポート技法を身に付けます。

・科学的な視点。
化学を理解する上で大切なのは、物質に直接触れることです。そのために多くの実験科目を通し、さまざまな事象を体感として把握する中で、論理的に理解する能力を鍛えます。

・疑問を見つけ、深く探究する力。
「なぜ、この反応が起きるんだろう?」「なぜ、この物質には特別な機能があるの?」。目の前の事象や現象の「なぜ?」を解明するためには、講義や実験で得た知識を生かして、深く探究する力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

理学部生命理学科

細胞と分子を出発点にさまざまな生命現象に迫り「新たな発見に応える力」を育てます。

○生命理学科の3つの特色
1)生命理学の基礎から最先端の知識を学ぶ。
1年次に細胞の構造と機能を学びます。2年次以降は「分子生物学」「生物化学」「分子細胞生物学」を集中的に学び、分子科学の視点から現代の生命像を理解します。3年次からは生命理学の最先端分野を学んでいきます。

2)指導の行き届く少人数制。
内容を深く理解するために、実験のほとんどを2名1組や1名で行います。また、卒業研究は1研究室あたり6~8名程度という一人一人に目が届く指導体制のもと、じっくりと学びを深めます。

3)「生きている姿」を学ぶ。
生物学科が動植物の行動や生態を扱うのに対して、生命理学科は生物を構成する細胞の仕組みを学びます。DNAやタンパク質などがどのように働くことで、私たちが「生きている」のかに迫ります。

○生命理学科で身に付く能力・知識
・最先端の研究につながる基礎力。
基礎をしっかりと学ぶ課程を経て専門知識の理解を深め、より高度な実験へと導きます。基本から着実にステップアップするカリキュラムで、常に進歩する先端的な生命研究を理解するために不可欠な基礎力を養います。

・実験を行う技術と組み立てる力。
「生命理学基礎実験」「生命理学実験」などの多くの実験科目では、自分の手を動かして取り組むことで知識を体験的に修得。同時に、機器の操作などの実験技術、論理的な実験の組み立て方を学びます。

・問題を解く力。
4年次には、取り組みたいテーマに応じて研究室を選択し、卒業研究を行います。ここで得られるのは知識だけでなく、研究に必要な問題解決能力が身に付きます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

社会学部

「常識」にとらわれない柔らかな感性とグローバルな視点から、社会と文化を理解する。

人と人との関係、コミュニティ、国際社会——。社会学は私たちが普段経験しているさまざまな人との「出会いの場面」を扱う学問です。社会はどう変化しているのか。そこにどのような力が働いているのか。グローバル化にいかに対応するのか。常に変化する社会に多様な切り口でアプローチする社会学において、研究テーマは尽きることはありません。
立教大学の社会学部では、「常識」にとらわれない柔らかな感性で学び、グローバルな視点から社会と文化を理解し、世界中で活躍できる人を育成します。
問題を見いだす、調査を行ってその意味を考察・説明する、実践的な提言を行う。そんな「発見・分析・提言」ができる素養を身に付け、社会と人生の変化に対応できる真の力を自らの内に養います。

○英語力を鍛え、グローバルな視点で社会を追究する、「国際社会コース」を開設。
立教大学社会学部では、3学科の授業を組み合わせて学ぶ「国際社会コース」を開設しています。
英語で専門科目を学びながら実践的な英語力を高め、国際社会で活躍できるグローバルな教養人を1学年15人程度の少人数制で育成します。
本コースの選択方法は、「国際コース選抜入試を通じて入学する」、もしくは「各学科に入学後の2年次にコース選択する」の2種類です。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

社会学部社会学科

社会の問題にアプローチし、自分で考え、解決できる人を育てます。

○社会学科の3つの特色
1)社会学の基礎的な理論と調査法を学ぶ。
1・2年次に「社会学原論」「社会調査法」などの基礎科目を学び、キャンパス外で取り組むフィールド・リサーチ科目も充実。社会に対するものの見方・考え方、調査方法など、社会学の基礎力を身に付けます。

2)社会調査系の科目が充実。資格取得も可能。
社会を調べる方法を学ぶ「社会調査系」の科目が充実しています。社会調査の基礎能力を持つ専門家として認められる「社会調査士」の資格を取得することも可能です。

3)社会学を横断して学べる、5つの領域。
社会学の幅広い領域を「理論と方法」「自己と関係」「公共性と政策」「生活と人生」「構造と変動」の5つに分類。自由に横断して学ぶことができます。

○社会学科で身に付く能力・知識
・社会に潜む問題を発見する力。
社会学科では、社会全体に広く関心を持ち、「常識」にとらわれずに問題を発見し、それを自分のこととして捉える能力を育みます。

・調査し、考え、分析する力。
自ら発見した問題について社会学的な思考方法に基づいて考え抜く力と、調査によってデータを収集・分析する力を鍛えます。

・実践的な提言を行う力。
4年次に、学びの集大成として「卒業論文」か「卒業研究」を選択。4年間を通して実践的な学びを繰り返し、研究を提言へと展開していく力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

社会学部現代文化学科

多様な文化が共生する未来を描き出す人を育てます。

○現代文化学科の3つの特色
1)社会学の基礎的な理論と調査法を学ぶ。
1・2年次に「社会学原論」「社会調査法」などの基礎科目を学び、キャンパス外で取り組むフィールド・リサーチ科目も充実。社会に対するものの見方・考え方、調査方法など、社会学の基礎力を身に付けます。

2)現代社会と文化の問題群に対応した4つの研究領域。
「価値とライフスタイル」「環境とエコロジー」「グローバル化とエスニシティ」「都市とコミュニティ」から、現代社会と文化に迫ります。

3)現実の社会に直接触れるフィールドワーク。
写真で社会を捉えたり、街づくりの活動に実際に参加したりと、教室の中だけの学びにとどまらず、現実の社会に直接触れることも重視します。

○現代文化学科で身に付く能力・知識
・現代社会の文化的な問題を見いだす力。
社会のさまざまな問題について領域を横断して学ぶことにより、今の時代だからこそ発生する文化的な問題を自ら発見し、自分のこととして捉える力を身に付けます。

・さまざまな立場・視点から考え、分析する力。
その問題はどのようにして起きているのか。文献調査やフィールドワークなどによって情報を収集し、さまざまな立場や視点から物事を考え、分析する力を養います。

・未来の構想をまとめ上げる力。
4年次に、学びの集大成として「卒業論文」か「卒業研究」を選択。自ら設定したテーマについて研究を進め、分析、考察した結果をまとめ、社会に向けて実践的な提言ができる力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

社会学部メディア社会学科

情報を読み解き、未来のメディアのあるべき姿を考え、発信していく人を育てます。

○メディア社会学科の3つの特色
1)社会学の基礎的な理論と調査法を学ぶ。
1・2年次に「社会学原論」「社会調査法」などの基礎科目を学び、キャンパス外で取り組むフィールド・リサーチ科目も充実。社会に対するものの見方・考え方、調査方法など、社会学の基礎力を身に付けます。

2)メディア社会を深く学ぶ、3つの領域。
学びの領域を「社会システムとテクノロジー」「生活世界の経験と歴史」「ジャーナリズムと公共性」の3つに分類。学科固有の対象分野であるメディア、コミュニケーション、ジャーナリズムに関する深い知識と思考、分析、表現について学びます。

3)実社会で役立つ力を養う実習・実践科目。
実習・実践科目を通して、調査や取材を行う力、討論する力、文章で表現する力を身に付けます。さらに、メディア企業でのインターンシップなどの実践体験を通して応用力を鍛えます。

○メディア社会学科で身に付く能力・知識
・メディアに対する批判的知性。
社会の中でのメディアとコミュニケーションに関わるさまざまな現象についての理論を取り上げ、その内容や背景、意義と限界を学び、現代のメディア状況に対する「批判的知性」を養います。

・社会の問題を分析・発信していく力。
メディアを通じて質の高い発信をするためには、調査・取材・分析する力が欠かせません。「報道調査・インタビュー実践」など多くの実習科目を通して、実践的な発信力を身に付けます。

・現場を意識した実践的な討論力。
現役で活躍するジャーナリストをゲストに迎え、メディアの現場に即したさまざまな問題をめぐって学生たちが高い密度で討論する授業を実施。新しい考え方やものの見方に触れ、討論力を鍛えます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

法学部

「法」と「政治」を理解し、未来を構想する力を磨く。

現代社会では、立場の違いから争いが起こってしまったとき、問題の本質を見極め、より良い解決方法を導き出す力が強く求められています。意見や利害、価値観の異なる人々が共存するための方法を模索する手段として、法学や政治学の重要性がさらに高まってきました。法学部では、法・政治の2つの観点から、現代社会の課題を解決する人材育成を目指しています。1つの学部で法学・政治学の両方を学ぶことができ、3学科間の垣根を超えて、人と人との関わりを軸に、制度や仕組み、秩序を考え、物事の本質を見極める知識と思考力を身につけることができます。
また、 法学部には5年間で修土号が取得できる「大学院特別進学生制度」があります。研究者を志望する人、 資格試験の受験を考えている人、 専門的学問を修めたいと考えている人に向けたこの制度は、 法学部4年次と法学研究科1年次において集中的に研究 ・ 勉強を行うものです。さらに、 法学科には法曹を目指す学生のための法曹コース制度と早期卒業制度があります。首都圏を中心とした有力法科大学院と連携し、 連携先の法科大学院へ特別枠で受験できます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事|司法試験

法学部法学科

社会の問題を法的に解決し、未来の秩序を創造できる人を育てます。

○法学科の3つの特色
1)法的思考能力(リーガル・マインド)を磨く。
1年次は法の学び方や憲法・民法・刑法といった基幹的な法律(六法)を学び、2年次は法を多角的な視点から見つめます。3・4年次は社会の問題を解決するための議論を重ね、法的な視点での思考能力(リーガル・マインド)を養います。

2)法の世界を、広く深く学ぶ。
国内法から外国法、公法から私法まで重要な法の分野を広く学びます。さらに法哲学や法社会学などの周辺分野を自分の関心に応じて自由に学ぶことができます。

3)少人数で、実践的な学び。
演習や少人数講義で、実際の裁判や事件でどのような法が適用され、紛争の解決を導いたのかなど、法や制度について実践的に学びます。

○法学科で身に付く能力・知識
・法的な視点を持った、リサーチ能力。
ゼミでは、ある問題について自分の主張を展開するにも、膨大な文献や資料を調査・収集・検討し、議論に臨みます。こうした学びを積み重ね、論理を組み立てるために必要なリサーチ能力を高めます。

・問題の本質を見抜き、解決する力。
多岐にわたる分野の法律を学修し、何が重要な論点なのかを見極め、どう解決していくのか、法的ルールの解釈や運用能力を養います。

・制度を設計・構想する力。
専門的・発展的な科目を通し、法と制度の運用方法について理解を深めます。また、演習では社会問題を法を用いて解決することを議論し、将来的にどのような社会秩序を作り出していくべきかを考える力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事|司法試験

法学部国際ビジネス法学科

法的な視点で国際ビジネスのルールを考え、日本と世界のビジネスの架け橋となる人を育てます。

○国際ビジネス法学科の3つの特色
1)ビジネスに必要な法を、実践的に学ぶ。
企業の協力を得て開講される「法学基礎演習(Future Skills Project)」など、1年次から実社会の課題に取り組むトレーニングを開始。3・4年次には、国際ビジネスで実際に起きている問題に取り組みます。

2)最先端の企業法務に触れる。
世界各地の契約書や裁判手続きの書面、判決などの「生きた教材」を使って、企業買収から特許に関わる取引まで、国際ビジネスの舞台で活躍するための法的な知識を養います。

3)英語による、多彩な専門教育プログラム。
外国の判例文を英語で読むなど、英語で法を学ぶ授業も充実。夏に4週間、オックスフォード大学で学ぶ「オックスフォード・サマープログラム」など国際的なプログラムが充実しています。

○国際ビジネス法学科で身に付く能力・知識
・法的な視点で、議論を交わす力。
1年次から少人数制の「演習」が展開され、リサーチ、レポート執筆、プレゼンテーションを繰り返す中で、法的思考能力の基盤を固め、論理的に議論する力を鍛えます。

・国際的なビジネス紛争を解決する力。
国際法や各国の規制、社会の構造などを学びながら、国境を越えた民事紛争を解決するために必要な知識や理解力を身に付けます。

・国際舞台を生き抜く、グローバルマインド。
外国の法律を読み解くことで、言語も商習慣も異なる外国企業との係争を未然に防ぐ知識と理解力を身に付けます。
2022年度より、原則、英語のみで学位取得が可能な「グローバルコース」を新設します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書|学芸員|社会教育主事|司法試験

法学部政治学科

日本や外国の政治や制度を幅広く学びながら、現実を分析し、未来を構想する人を育てます。

○政治学科の3つの特色
1)日本、アジア、欧米など、広く世界の政治を学ぶ。
憲法など基礎となる法律科目の他に、政治理論・思想、日本や諸外国の政治、行政や政策などを学び、日本や世界のさまざまな問題を解いていくための知識と方法を身に付けます。

2)思想、歴史、理論、計量を学ぶ。
各国の政治の仕組みや思想、歴史的背景などの知識を学びながら、政治のプロセスを理解するための理論や計量の手法を学びます。

3)政治と法をバランス良く学ぶ。
法が社会を作り、政治が社会を動かす。いわば表裏一体の関係にある法と政治をどちらも学べます。政治学の視点で社会で起きていることを探究するとともに、法学の視点で法律などのルールを学び、現代社会の仕組みを明らかにします。

○政治学科で身に付く能力・知識
・情報を分析し、思考する力。
私たちが抱く疑問を解いていくために、情報の集め方、分析の仕方と問題を考え抜く思考力を身に付けます。

・倫理的な視点を持って、多様な価値観を理解する力。
世界各国の政治史や理念、対外関係などを学び、立場や利害、価値観の多様性を理解し、自分の立場を相対化できる倫理的な感覚を身に付けます。

・確かな知識や理論をもとに、自ら表現する力。
講義や演習を通じて、知識や理論、倫理的感覚を統合して、自分の考えや意見を述べ、広く社会に働きかけていく力を養います。

続きを読む

〈目指せる資格〉

高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事|司法試験

観光学部観光学科

新たな観光ビジネスや地域振興を創出する、次世代リーダーを育てます。

○観光学科の3つの特色
1)ビジネス界のトップから学ぶ。
旅行会社やホテル企業など、観光ビジネスをリードするトップによる講義を開講。経営の視点を身に付けながら、新しい観光サービスを構想する力を養います。

2)観光産業の現場に学ぶ。
短期の海外体験で観光の役割を知る「グローバル・スタディ・プログラム」や、観光の現場を体験するインターンシップ、海外フィールドワークなど体験型プログラムが充実。多様な実体験を通じて、観光現場のリアルな姿に迫ります。

3)基礎と専門をバランス良く学ぶ。
経済や政策、法律など、観光を多面的に捉えるための基礎を重視。確かな基礎の上に、観光ビジネスや地域開発など、専門性の高い科目を用意しています。

○観光学科で身に付く能力・知識
・観光経営の視点を持ち、社会をリードする力。
経営や計画、地方行政など、さまざまな場面で新しい観光の姿を構想し、起業家や地域振興のリーダーになる力を養います。

・地域の魅力を掘り起こす力。
各地に点在する地域の豊かな魅力を発掘し、地域活性化につなげていくとともに、その場所が「観光化」することの負の影響にも触れ、持続可能な観光を実現する力を身に付けます。

・調査・研究を通じて、問題を解決する力。
観光に関する課題を自ら見つけ、文献による研究や統計分析、現地調査、ビジネスプランの作成などを通して、解決へと導く力を磨きます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

司書|学芸員|社会教育主事|総合旅行業務取扱管理者

観光学部交流文化学科

観光の楽しさを伝え、地域間・文化間をつなぐ国際人を育てます。

○交流文化学科の3つの特色
1)異文化交流を実感できる、豊富な体験型授業。
実地体験や社会調査、ボランティア活動などを通して、観光現場を自分の目で確かめ、観光による交流は、現地の文化にどんな影響を与え、互いの文化をどう変えるのか、理解を深めます。

2)幅広い海外体験で、国際感覚を磨く。
海外フィールドワークや外国語学習など、学部独自の国際化教育が充実。さらに海外協定校を中心に国際交流の機会も数多くあり、世界を意識して学修できる環境が整っています。

3)自らの体験を発信するプログラムが充実。
「トラベル・ジャーナリズム論」や「トラベルライティング」など、文化を記述し、旅の楽しさを伝えるための授業が充実。自分の言葉で、質の高い情報を発信する力を磨きます。

○交流文化学科で身に付く能力・知識
・多文化を理解する国際性と、幅広い教養。
世界の観光シーンで求められるのは、異なる文化を理解するための国際感覚と教養。地域研究をもとに多文化への視点を養い、国際公務員やジャーナリストなど、新しいタイプの国際人を育成します。

・異文化をつなぐ、コミュニケーション能力。
外国語の運用能力だけでなく、少人数の演習科目で発表経験を積み、どんな場面でも他者を理解し、コミュニケーションできる力を養います。

・自分の言葉で伝える、情報発信力。
古今東西の紀行文や旅行記を講読し、自身の旅の体験をアウトプットする。これを繰り返すことで、自らの体験や考えを、自分の言葉で世の中へ発信していく力を鍛えます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事|総合旅行業務取扱管理者

コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科

社会福祉の問題を、コミュニティの力で解決できる人を育てます。

○コミュニティ政策学科の3つの特色
1)コミュニティづくりの基本を、3つの領域から学ぶ。
コミュニティ形成の理論や活動について学ぶ「コミュニティ形成学」、効果的な政策を開発するための「コミュニティ政策学」、そして、人間理解を深める「コミュニティ人間学」。3つの領域を柱に、専門性の高い科目が充実しています。

2)生活に密着した問題をテーマにして学ぶ。
子育て支援、不登校や少年非行、被災者の救援、失業者の就労支援、健康づくりなど、生活に関わるさまざまな政策課題をテーマに、幅広い視野で問題を発見する能力を養います。

3)少人数のゼミで実践的に学ぶ。
ゼミは少人数の参加・体験型授業を展開。フィールド感覚を身に付けたうえで、提案を発信する力を身に付けることを目的に、1年次から福祉の現場におけるフィールド学習を展開します。

○コミュニティ政策学科で身に付く能力・知識
・コミュニティの問題を解決する力。
コミュニティの現状と問題点を把握し、効果的な解決策を考えられるソリューション力を養います。リサーチの企画、実施、分析などのスキルを高めます。「社会調査士」の資格が取得可能です。

・新しい政策やサービスを生み出す力。
生活に関わる課題への多角的なアプローチを学び、コミュニティの本質的な課題を解決し、住民の福利を向上するための政策やサービスを策定する力を身に付けます。

・グローバルな視点で社会問題を分析する力。
国際規模での社会問題に焦点を当てた講義や、国内外での実習体験を通じて、社会問題への理解と関心を深め、分析する力を養います。

※2022年1月時点での情報です。2023年4月の学部改編に伴い、内容に変更が生じる場合があります。詳しくは大学webサイトにてご確認ください。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

コミュニティ福祉学部福祉学科

実践的な解決力を持って、福祉社会の構築に寄与するソーシャルワーカーを育てます。

○福祉学科の3つの特色
1)社会福祉を幅広く学ぶ、多彩な専門科目。
福祉に関する国や自治体の政策、法をはじめ、行政・政策の視点から社会福祉を学ぶ専門科目が充実。コミュニティ政策学科で開講している行政・政策関連専門科目も履修可能です。

2)現場を大切にした学び。
児童養護施設や病院での福祉現場実習、相談援助演習など、2年次から4年次にかけて発展的にフィールド学習を行います。

3)福祉現場での経験豊富な教員から学ぶ。
ソーシャルワークの現場で実務に取り組んできた専門家が教員となり、多数の専門科目と現場実習を担当。「社会福祉士」や「精神保健福祉士」などの国家資格の受験資格を得ることができます。

○福祉学科で身に付く能力・知識
・「福祉マインド」を持って、 福祉社会を築く力。
福祉とは、一人一人を大切にする営みであり、人間への温かいまなざしが必要です。そのために、人間に対する深い洞察力と「福祉マインド」を身に付け、より良い福祉社会を構築する力を育みます。

・現場感覚に基づいて、課題を解決する力。
多彩なフィールド学習によって、人々の抱える苦難や困難を想像・感受する力を身に付け、克服・解決するための提案力を養います。

・ソーシャルワーカーに必要な、知識、技術、実践力。
ソーシャルワーカーとして求められる「知識」「技術」「実践力」を修得。相談援助の専門職としての理論と方法を学びながら、社会福祉を実践する力を養います。

※2022年1月時点での情報です。2023年4月の学部改編に伴い、内容に変更が生じる場合があります。詳しくは大学webサイトにてご確認ください。

続きを読む

〈目指せる資格〉

高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事|社会福祉士|精神保健福祉士

現代心理学部心理学科

心の機能とメカニズムを科学的に探究し、現代における心の問題をサポートする人を育てます。

○心理学科の3つの特色
1)早期の専門教育と3年次からの少人数教育。
1年次には心理学の基礎を身に付けつつ専門科目を受講できます。2年次には英語文献からも学び、心理学の研究方法を修得。3年次には、研究テーマに応じたゼミを選択し、徹底的な少人数教育により「自分で学ぶ」姿勢を身に付けます。

2)基礎から新領域まで、心理学を幅広く学べる。
実験などの科学的方法で心の法則を探る「基礎心理学」、現実生活のさまざまな課題に向き合う「応用心理学」、心身の健康促進やサポートの在り方を探る「臨床心理学」の3領域を軸に、近年、注目されている認知心理学、応用行動分析、心身医学などの新しい領域も学べます。

3)学生実験室や実習・研究施設が充実。
視覚実験のための暗室や、聴覚実験のための防音室を備えた15の学生実験室など、充実した実習・研究施設を備えています。また、心理学の専門的な活動に必要なことを実践的に学ぶ実習や、研究方法などを身に付ける科目も充実しています。

○心理学科で身に付く能力・知識
・心理学を正しく理解する力。
心理学を正しく理解して、最新の知識を得るために。心理学の歴史、主な研究領域、学説、統計手法といった基礎知識や、英文読解力を身に付けます。

・研究や調査を計画し、実行する力。
実験・調査・面接・テストなど、心理学の研究や実践活動に必要となる技術を身に付けます。また、研究や調査を自ら計画・立案する能力を養います。

・心理学を応用して問題解決する力。
心理学の学びは、家庭や学校、企業などのさまざまな場面で応用することができます。立教大学の心理学科では、実社会で生じる問題に対して、心理学の知識と方法論を用いて解決していく力を身に付けます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|学芸員|社会教育主事|臨床心理士

現代心理学部映像身体学科

人と心を哲学的、芸術的に理解し、新しい表現を創造していく人を育てます。

○映像身体学科の3つの特色
1)映像と身体の関わりを、広く、深く学ぶ。
映像表現と身体表現の背後に広がる人間の思考行為や表現行為を理論と実践の両面から解明します。

2)シアター型教室や撮影スタジオなどの設備が充実。
国内有数の設備を誇るシアター型教室やスタジオ棟、舞台としても利用できるロフト教室など、充実した環境が整っています。また、教授陣は研究者、著述家、アーティストなど第一線のプロフェッショナルで編成しています。

3)多彩なワークショップ。
映像系では、映画、写真、広告など、また身体系では、演劇、ダンス、武術など、教員の専門ごとに多彩なワークショップが設けられていて、映像表現や身体表現を実際に体験しながら、その手法や知識、仕事の進め方を学びます。

○映像身体学科で身に付く能力・知識
・創造的な表現力、企画力、発信力。
映像と身体に関わる理論や技法の基礎をしっかりと身に付け、その上で表現、企画、発信する力を養います。その力は、将来、映像や広告の制作をはじめとするクリエイティブな領域で活躍の場を広げる際にも役に立ちます。

・実践で生きる“行動的知性”。
カリキュラムは講義、演習、ワークショップの3本柱。これらをバランス良く学ぶことで、頭の中で考えるだけではなく、実際に身体を動かしながら考え、創り上げる力(行動的知性)が身に付きます。

・時代に流されない力、時代を引っ張っていく力。
映像身体学科で得られる知識・技能・思考は、社会が大きく変化していく時代の中でも、本質を見極め、流されることのない強さとなります。また同時に、21世紀の知的・芸術的活動を次の時代へと力強く引っ張っていく発想力、構想力を育みます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

学芸員|社会教育主事

Global Liberal Arts Program (GLAP)

リベラルアーツを学び、グローバルリーダーとして世界と共に生きる。

リベラルアーツの理念をさらに進め、英語による科目で構成されるグローバル・リーダーを育成する学位コースです。世界の新たなあり方を見据え、自ら考える能力と人間性を養っていきます。

○Global Liberal Arts Program(GLAP)の3つの特色
1)英語でリベラルアーツを学ぶ。
人文科学、社会科学、自然科学など、学問分野の壁を超えて広く世界を知り、多角的な視点を手に入れます。原則英語のみの授業で学位の取得が可能です。

2)寮生活×全員留学。
留学生との交流、留学準備を目的とし、GLAP生専門寮への入寮が可能です。また、2年次秋学期からの1年間は、原則全員が世界的に評価の高いリベラルアーツ大学などへ留学し、幅広いネットワークを形成します。

3)超少人数の導入教育。
1学年の人数はわずか20名。「Tutorial」では、最大5名の超少人数で導入科目の「学びの技法」を修得します。教員との距離が近い教育環境のもと、積極的に学び、自立的に考える習慣を身に付けます。

○GLAPで身に付く能力・知識
・世界で活躍するための、思考力と英語力。
少人数で濃密なディスカッションやプレゼンテーションを繰り返し、問題の本質を論理的に解明する思考力を身に付けながら、英語によるコミュニケーション力と表現力を磨きます。

・分野の壁を乗り越える、幅広い視点。
留学からの帰国後は、自身の興味・関心に合わせて「Humanities」「Citizenship」「Business」の3領域から、より深く学びたい分野を選択し、幅広い「ものの見方や考え方」を身に付けます。

・世界と共に生きる「新しいリーダーシップ」。
企業などから与えられた課題に、各学部の学生や留学生とチームを組み、解決策を提案するリーダーシップ教育科目を必修化。「世界と共に生きる力」を養います。

続きを読む

スポーツウエルネス学部スポーツウエルネス学科

豊かで価値ある生き方を実現するために多様な視点でウエルネスをとらえます。

〇3つの学びの領域と取得可能な資格
【環境・スポーツ】教育領域
環境問題やサスティナビリティ社会に関する知見を有し、スポーツを通した人間教育に貢献できる人材を育成します。

【ウエルネス】スポーツ領域
心身ウエルネスや障がい者スポーツの専門性を有し、すべての人がスポーツを享受できる社会構築に寄与する人材を育成します。

【アスリート】パフォーマンス領域
スポーツ科学的知見を総合的に理解し、アスリートのハイパフォーマンスに貢献できる人材を育成します。


〇養成する人間像
・スポーツウエルネスに関する科学的視点や、基礎知識・基礎理論を、総合的・学際的に理解し、社会に応用できる人材

・人間の適応可能性を高め、高度なアスリートサポートに寄与するための、スポーツウエルネス学の深い理解に基づいた指導ができる人材

・すべての人が運動・スポーツを通して個々人のウエルネスを向上させ生活を豊かにするための科学的知見と力能を有する人材

・人間と自然の調和をはかり、幅広い教養と国際的な感覚を身に付け、指導ができる人材

続きを読む

〈目指せる資格〉

健康運動指導士|レクリエーション・インストラクター|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学芸員|社会教育主事

学部・学科・コース

心理学部臨床心理学科

「心をみつめ、支える力」を身につける

臨床心理学の特長は、科学性(人に共通する法則)と個別性(個人の語りや独自性)を土台にして、勘ではなく、専門性に基づくカウンセリングの知識や技術、態度を用いた援助を追求することです。そのため、臨床心理学科の学修テーマは「心をみつめ、支える力」を身につけることです。
「心をみつめる力」は、専門用語でいうとアセスメントとも言います。具体的には、目の前の人はどんな人か、どんな状態か、どんな風に育ってきたか、これからどうしていきたいかといったことについて、様々な方法やツ ールを用いて理解する力です。
「支える力」とは、カウンセリングの技法です。具体的には、目の前の人に耳も心も傾けて聴けることや、悩みに合わせた専門的知識を提供できるといったことです。前者はいわゆる傾聴技法です。人が安心して語れるように聴くということは案外と難しいことで、専門的なスキルが必要です。また、後者は、例えば、臨床心理学にはリラクゼーションという心をリラックスさせるためのさまざまな方法があり、状況にあわせて役立つ方法を選んでやり方を紹介したりします。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|臨床心理士|認定心理士

心理学部対人・社会心理学科

社会で役立つ心理学を学ぶ

対人・社会心理学の特徴は、状況に注目して、人々の行動を理解・説明することです。ここでの状況とは、その場に誰がいるかといった個人をとりまく対人関係から、広さや温度などの物理的な環境、社会や文化などを含みます。そして、対人・社会心理学では、こうした状況から「人々」が影響を受けるプロセスを明らかにすることを通して、人と人、人と社会の関わりを分析し、「こころ」のメカニズムを解き明かしていきます。
そのため、対人・社会心理学科の学びの特徴は、「人と人との関係にアプロー チ」することです。
「自己」、「対人」場面、「集団」場面、「文化」という4領域から構成される学びを通じて、「いろいろな視点から想像する力」を身につけるとともに、対人・社会心理学の知識を実践し、社会の改善に役立てていくための「実践的な対人スキル」を習得します。対人・社会心理学では、人々の行動や意識を、調査や実験を通して得たデー タから、客観的によみとり、解釈していきます。そのために、統計ソフトを用いて取得したデータ解析するスキルを身につけます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

社会調査士|司書|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|認定心理士

文学部文学科英語英米文学専攻コース

英語力を磨き、英語を通して言語・人間・文化の本質にまで迫る

全学年にわたり、「読む」「書く」「聴く」「話す」の4つの英語スキルをバランスよく修得します。英語を語学としてだけではなく、英語学や英米文学・英語圏の文化・英語コミュニケーションと併せて学ぶことで言語・人間・文化をより深く理解していきます。

1年次ではBrush-up ReadingおよびPre-Seminarを必修科目とし、初年次教育にも力を入れています。Brush-up Readingでは、英語で書かれたエッセイや短編小説などを読んで訳すことで、英語および英語文章の読解力や翻訳力を身につけます。また、学生が取り組んだ課題にはひとりひとり細かく添削をし、フィードバックをしています。そうすることで、学生に自分の弱点を把握してもらい、翻訳力や読解力の向上へとつなげています。
Pre-Seminarでは、日本語および英語の文献講読をとおして文章を的確に読解したり、大学での学びに必要なレポートの書き方や文献の集め方を学んだりすることで、口頭および文章で論理的に表現できるようにしていきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格

地球環境科学部

人、社会、自然環境を科学し、環境問題の解決に貢献する

地球環境科学部は、地球環境の諸問題を科学する環境システム学科と、⼈間と社会・⾃然との関わりをひも解く地理学科からなる、⽂理融合型の学部です。
国内外での積極的なフィールドワークで、環境科学や地理学の基礎的な素養を養います。
また、最新の実験・実習機材や豊富な資料、設備を活⽤し、地球・地域の問題に取り組めます。その他、コンピュータでの実習を通じてICT活⽤能⼒を磨き、問題を解決する⼒が⾝につきます。

環境システム学科では、地球環境の構成要素のうち「生物」「地学」「気象」「水」を中心とした自然科学の知識の修得とともに、環境問題を包括的に捉えるための高度な情報処理技術を学修します。実験や実習を通じて測定・分析方法を修得し、環境問題の解決へ向けて貢献できる力を身につけます。
地理学科で学ぶ「地理学」は、「暗記科目」とみられがちな高校までの受験地理とは異なり、座学では終わらず、自分で地域の課題を見出し、仮説を立て、自分で地域に出かけて調査し、明らかにする力が求められます。
そのため、フィールドワークにおける学びを重視し、地域の個性・特徴や問題を明らかにする、地域の総合的な調査・分析力を修得します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

基本情報技術者試験|測量士|測量士補|土地家屋調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|環境計量士|公害防止管理者|気象予報士|技術士、技術士補|総合旅行業務取扱管理者|国内旅行業務取扱管理者

地球環境科学部環境システム学科

自然現象のメカニズムをひとつのシステムとして捉える

動植物の生態や生物の多様性、地球の固体部分を形成している地形・地質や岩石などを環境情報とともに修得する「生物・地球コース」と、大気現象や気候変動、水循環や水質汚染などを環境情報とともに修得する「気象・ 水文コース」の2つのコースを設置しています。
1年次よりどちらかのコースに所属し、⾃然科学的⼿法を⽤いて地球環境(気圏・⽔圏・地圏・⽣物圏)のメカニズムを体系的に捉えながら環境問題にアプローチしていく⽅法を学びます。

1年次には⾃然科学の基礎科⽬や環境科学の概論科⽬を修得して地球環境を学ぶうえでの基礎を固め、2年次以降に専⾨科⽬を選択して、⾃⾝の選択した分野に関する専⾨知識を深めていきます。⼀⽅、他コースや他学科の科⽬を含む多くの授業を選択でき、環境科学に不可⽋な幅広い視野を養います。
また豊富な実験・実習科⽬や情報処理科⽬、実践的な野外でのフィールドワークによって、実践的な調査・分析能⼒を⾝につけます。
教室で行われる講義だけでは自然や環境、地球や地域を理解することはできません。自分の目で見て、肌で感じ、現地の人の話に耳を傾けてこそ自然や環境、地球や地域の本質について理解を深めることができるため、1年次より積極的にフィールドワークを行う機会を設けています。
フィールドワークは日本だけではなく海外でも行っており、これらを通じて実践的な技術や知識の獲得だけでなく海外・異文化理解能力も養うことができます。このような学修を通じて、幅広い視野と高い専門性をもった環境コーディネーターを目指します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

基本情報技術者試験|測量士|測量士補|土地家屋調査士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|環境計量士|公害防止管理者|気象予報士|技術士、技術士補|総合旅行業務取扱管理者|国内旅行業務取扱管理者

地球環境科学部地理学科

幅広く興味を追及できる、伝統の立正地理

地理学科における学びの特長は、人文社会系と自然系を融合させた、人文地理学、自然地理学、地図・GIS・測量の3つの領域を学ぶことです。
各学年におけるバラエティ豊富で実践的なフィールドワークや、活発に行われている地域連携・地域貢献プロジェクトでの学び、さらに、旅行業務取扱管理者資格対策講座など、就職を後押しするさまざまな講座での学びを通じて、地域の総合的な調査・分析力を修得します。現代の地域問題と向き合うプロフェショナルを育成し、卒業研究や就職につなげます。

まちづくりや防災も地理学の重要な課題となっており、地図に関する講義や実習が数多く開講されています。
測量や空中写真判読をはじめ、地理情報システムなどの基礎的な技術を修得し、応用分野に発展させます。また、「まちづくり」「観光」「環境保全」「防災」「水環境」などの視点から、国内外の地域特性や課題について興味・関心を持ったテーマを探究していきます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

測量士|測量士補|土地家屋調査士|不動産鑑定士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格

社会福祉学部

社会福祉・教育の理論と実践を学び、ソーシャルワーカー、教育・保育のプロを目指す

社会福祉学部では、理論と同時に、豊富な実習・演習など、社会で実際に役⽴つ実践的なカリキュラムを⽤意しています。社会で起こっている問題を的確に分析する能力、様々な困難を抱えた人々の気持ちに寄り添い共感する心と豊かな人間性、そして、創造的に福祉課題に取り組む実践力を持ち合わせた、実社会の各分野で活躍できる力を養います。
社会福祉学科では、社会福祉の学びを基盤として、ソーシャルワーカー(社会福祉⼠・精神保健福祉⼠)、特別⽀援学校教諭、公務員などを⽬指します。
⼦ども教育福祉学科では、教育・福祉・⼼理の3領域の学びを中⼼に、⼦どもたち⼀⼈ひとりの個性や特性を⼤切にできる保育⼠・幼稚園教諭・⼩学校教諭を⽬指します。

学内には実践力を育む環境があります。
◆ボランティア活動推進センター
熊谷キャンパスに設置されているボランティア活動推進センターでは、様々な地域から学生ボランティア活動の要請が集まります。また震災や水害の際には、学生ボランティアを組織化し、現地で様々な活動を行っています。これらの活動に対し、専任のコーディネーターや学生スタッフが、これらの活動に新入生がスムーズに参加できるよう支援するほか、各種研修講座も開催しています。
◆子育て支援センター「ベアリス」
キャンパス内に、熊谷市から委託を受け社会福祉学部が運営する「子育て支援センター「ベアリス」」が設置されています。近隣地域の小さな子どもたちとその保護者の居心地の良い場所として、また子育てに関する相談場所として定着しています。イベントの開催時には、社会福祉学部の学生もサポート役に回り、子育て支援の考え方と方法を実践的に学ぶ機会となっています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

福祉住環境コーディネーター|小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉士|精神保健福祉士|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)|認定心理士

社会福祉学部社会福祉学科

社会福祉の価値や倫理を理解し、福祉社会の実現に寄与できる構想⼒と実践⼒を学ぶ

社会福祉士や精神保健福祉士、特別支援学校教諭の資格・免許取得を目指し、福祉や教育の思想・歴史・制度に加え、人間の行動および社会システムに関する理論を修得し、福祉、教育、社会、身体、心理といった幅広い分野をバランスよく学びます。
また、高齢者や障がい者が地域社会の中で安心して生活できるよう、彼らを支える相談援助の力を培います。

◆ソーシャルワークコース
社会福祉の専門職として必要な知識を学ぶ講義科目、的確な技術を修得する演習科目およびソーシャルワーク実習の単位取得により、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験の受験資格を取得できます。介護職員初任者研修も学内で開催しています。
◆教育福祉・社会デザインコース
特別支援学校、中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許が取得可能です。福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員の資格取得などのサポートも実施しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉士|精神保健福祉士|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

社会福祉学部社会福祉学科教育福祉・社会デザインコース

特別支援教育・行政・NPOの現場で活かす福祉社会の構想力と実践力を身につける

教育福祉・社会デザインコースには「教育福祉」と「社会デザイン」の2つの学びの領域があります。
教育福祉では社会福祉と教育の双方を学び、特別支援教育の現場で活躍するための知識・技術を修得します。講義・演習を通じて福祉と教育を結びつける知識・技術を磨くとともに、特別支援学校など教育現場に出向き、実践力を伸ばします。
社会デザインでは社会福祉の学びを基に、行政・NPO・福祉関連企業など社会の各分野で活躍するための力を身につけます。「福祉テクノロジー」「地域づくり」「多文化共生」の3プログラムから選択してアクティブラーニングに取り組み、福祉社会の担い手として構想力を身につけます。

【資格について】
教育福祉では、特別支援学校、中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許が取得可能です。社会デザインでも中学校(社会)・高等学校(公民)の教員免許は取得可能です。また、福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員の資格取得、介護職員初任者研修、公務員試験受験対策などのサポートが実施されています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

福祉住環境コーディネーター|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|特別支援学校教諭一種免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

社会福祉学部子ども教育福祉学科

教育・福祉・心理を総合的に学び、高い専門性と実践力を兼ね備えた保育者・教育者を目指す

乳幼児・児童の発達の支援、そして、その家族や地域を支援する力を身につけ、高い専門性と実践力を兼ね備えた保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の養成を目指します。
教育・福祉・心理の3つの学問領域を柱に、4年間じっくり理論と実践に取り組むことで、保育と教育の理念、保育観や教育観を構築することができます。また、本学科では多彩な専門科目を選択して自分のテーマを追求できるカリキュラムを用意しています。さらに、保護者の子育ての悩みや課題に取り組むことができる「認定心理士」の資格や、グローバル化の流れにも対応できる「幼保英検」を受験するなどプラスアルファの保育者・教育者を目指したカリキュラムとなっています。
【資格について】
子ども教育福祉学科では、幼保一体化の流れが進行している現代において必要とされる保育士、幼稚園教諭の2資格を取得できます。また、子どもの幼児期からの発達や心理を理解できる小学校教諭を目指し、小学校教諭と幼稚園教諭の免許を同時に取得することができます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格|認定心理士

法学部法学科

リーガルマインドの涵養を目指す

法学部の学修では、単にリーガルナレッジ(法律の知識)だけでなく、それを正しく使うための論理性や客観性にもとづいた思考力・判断力を養います。このことを「リーガルマインド」といいます。
たとえば、「人権」について法律でどのように定義されているかを知識として学ぶだけでは、目の前で実際に誰かの(またはあなた自身の)人権が侵害されていても対応することができません。また、誰かの「人権」と他の誰かの「人権」がぶつかるような場面では、どちらの「人権」をどこまで優先させるべきか、最適な選択が必要になります。それぞれの立場に寄り添い、確かな知識と公平公正な思考力でよりよい解決策を導き判断する力は、どの分野のどのような仕事でも必ず求められます。
法学部では、いま社会で求められるこのような能力、すなわち課題を発見し、大学で得た学びを基礎に問題を適切に判断し、周囲を納得させながら自らの考えを表現できるリーガルマインドの涵養を目指します。

続きを読む

〈目指せる資格〉

宅地建物取引士|税理士|中学校教諭免許状|高等学校教諭免許状|司書|学校図書館司書教諭免許状|学芸員|社会教育主事|社会福祉主事任用資格|司法試験|行政書士|司法書士|社会保険労務士|警察官|裁判所事務官|国税専門官|検察事務官

データサイエンス学部データサイエンス学科

データを実務に応⽤できる⼈材、新しい価値を創造する⼈材を⽬指す

「データサイエンス」は、様々なデータを収集し、分析したうえで導き出されたものを新しいアイデアとして社会の広範に役立てていく学問です。
データサイエンス学部では、問題をデータから発⾒する“⽂系的な発想”とデータを⽤いて解決していく“理系的な視点”のどちらも⼤切です。
データサイエンスの様々な分野での実績を持つ教授陣による講義と、実際にデータを⽤いてビジネスを展開する企業や組織との連携によるインターンシップやフィールドワークといった実践的な学びによる「⽂理融合型」のカリキュラムを展開しています。

1年次には、必修科⽬を通じてデータサイエンティストに求められる幅広い知識・技術の基礎を固め、2 年次以降は、⾃⾝の興味・関⼼に合わせてデータサイエンスの応⽤分野(ビジネス、社会、観光、スポーツ)や、より⾼度な統計、機械学習やプログラミングなどに関する科⽬を選択して学んでいきます。
さらに、データを⽤いたビジネスモデルを展開している企業などと連携したインターンシップなどの体験型の授業も準備しています。このような学びを通じて、データサイエンスを駆使して価値創造を⾏うための⼒を養います。

続きを読む

帝京平成大学

帝京平成大学

  • 私立
  • 大学
  • 千葉/東京

学びたい学科がある。実学の総合大学。

学部・学科・コース

東邦大学

東邦大学

  • 私立
  • 大学
  • 千葉/東京

東邦大学は、2015年に90周年を迎えました。

桜美林大学

桜美林大学

  • 私立
  • 大学
  • 東京/神奈川

世界中の留学生が集う国際色豊かなキャンパスで 「自分らしい学び」を確立できます

学部・学科・コース

川村学園女子大学

川村学園女子大学

  • 私立
  • 大学
  • 千葉/東京

Kawajoで咲く ~あなたらしく花ひらく大学~ Kawajoで過ごす日々の先には、満開の笑顔。 充実した4年間での学びでしなやかに明日を生きる女性へ。

北里大学

北里大学

  • 私立
  • 大学
  • 青森/東京/神奈川

学祖・北里柴三郎の精神を受け継ぐ 「生命科学の総合大学」

工学院大学

工学院大学

  • 私立
  • 大学
  • 東京

創立135年の伝統校。 知識・技術・豊かな人間性を培い、科学技術の発展に貢献します。

学部・学科・コース

淑徳大学

淑徳大学

  • 私立
  • 大学
  • 埼玉/千葉/東京

2023年新設・移転。新しくなる淑徳大学

白梅学園大学

白梅学園大学

  • 私立
  • 大学
  • 東京

【みるみる見える、あなたらしい未来。】 保育・教育・心理・福祉の専門的な学びと豊かな教養を身につけ、 あなたらしい未来を白梅でみつけましょう。

学部・学科・コース

子ども学部子ども学科

子ども学を学び、保育・教育のプロフェッショナルをめざします。

子ども学科は、子どもを中心に保育・教育、福祉、文化とキーワードを広げ、子どもの幸せを願うさまざまな仕事に携わることができる人材養成を目的としています。それに向けて、人間理解、子ども理解をより深められるカリキュラムとなっており、4年間を通してのゼミナールや保育所、幼稚園、小学校、福祉施設などでの系統的な実習がその核をなしています。
子どもの育ちや学びの連続性を踏まえ、乳幼児期から学童期までを視野に入れて学んでいきます。これらの学びを通して、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の3つの資格・免許を取得でき、保育所・幼稚園と小学校両方の指導ノウハウを身につけることができます。
また、保育士、幼稚園教諭に加えて社会福祉士(受験資格)を取得できる道もあり、ソーシャルワーク(社会福祉)に精通した保育者養成をめざしています。地域における子育て支援活動や児童虐待問題への対応など、今後ますますの活躍が期待されます。
卒業後は、卒業生の多くが保育所、幼稚園、小学校、児童養護施設、公務員(福祉職)などに就職し、幅広い分野で活躍しています。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|特別支援学校教諭一種免許状|学芸員|社会福祉士

子ども学部発達臨床学科

心理学を学び、発達支援・心理支援のプロフェッショナルをめざします。

心理学の基本を学び、人の心のはたらきやその仕組みについて考えていきます。それと合わせて臨床心理学やカウンセリング、精神医学などの分野を学びながら、人の悩みや環境への不適応をはじめとする心の不調やいじめ問題などに対処するための「心理臨床」を学びます。
また、乳幼児期から老年期までの発達過程の特徴や課題について考え、発達上、さまざまな困難を抱えた人を理解し、支援するための「発達臨床」を学びます。これらの学びと並行して、幼稚園教育や小学校教育、特別支援教育について学ぶことにより保育士資格、幼稚園教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状、特別支援学校教諭1種免許状を取得できます。
卒業後は、発達障害や知的障害など、障害のある子どもたちや、その家族を支援するためのノウハウを身につけることによって、幼稚園、小学校、特別支援学校などで発達支援・心理支援のスペシャリストとして活躍することが期待されます。ほかに、大学院に進学するなど、さらに心理学の学びを深めることにより、カウンセラーや病院の心理職等の道もあります。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|幼稚園教諭一種免許状|保育士|特別支援学校教諭一種免許状|認定心理士

子ども学部家族・地域支援学科

ソーシャルワーク(社会福祉)を学び、新しいソーシャルワーカー(社会福祉士)をめざします。

ソーシャルワーク(社会福祉)の基本を学び、日常生活を営んでいく上で支障ある人に対し相談援助できる力を身につけるとともに、ケアワーク(介護福祉)についても学ぶことができます。社会福祉士(受験資格)と介護福祉士(受験資格)の両資格を取得することにより、2つの力を兼ね備えた福祉のスペシャリストとして幅広く活躍できます。高齢者福祉施設や障害児(者)福祉施設、児童養護施設、社会福祉協議会などでの活躍をめざします。
また、ソーシャルワーク(社会福祉)の学びとあわせて、小学校教育や学校ソーシャルワークなど、福祉と教育の両方について学ぶ道もあります。いじめや不登校、児童虐待など、子どもを取り巻く問題は多様化していますが、福祉の専門的な知識・スキルをも有する小学校教員、児童館・学童保育所の指導員、あるいは、子どもを中心にして、家庭支援・学校支援・地域支援をつなぐスクールソーシャルワーカーとして活躍することが期待されます。

続きを読む

〈目指せる資格〉

小学校教諭免許状|社会福祉士|介護福祉士|社会福祉主事任用資格|児童福祉司任用資格

検索結果 197件(1-20件目を表示)