大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立大学
大阪音楽大学

school

パイプオルガン専攻

パイプオルガン専攻

学部・学科・コース情報

バロックからロマン派、近・現代へと学習を進めます。日本を代表するオルガニストによる個人レッスンで技術向上はもちろん、理論や音楽史、構造学を学ぶことにより、一台として同じもののないパイプオルガンに対応できる力を育成します。また、歴史とともに変化してきた様々な音楽を実際に学び、演奏することを通じて、より深い音楽の捉え方を身に付けます。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年

注目のカリキュラム

パイプオルガン(レッスン)/オルガン構造学

注目のカリキュラム

■パイプオルガン(レッスン)...パイプオルガン演奏の技術や演奏表現法を身に付けます。学生一人ひとりの進度に応じて、パイプオルガンという楽器の特性ならではの演奏法を学習。J.S.バッハの作品はもちろん、バッハに影響を与えたそれ以前の作曲家から、現代に生きている作曲家に至るまでのあらゆる楽曲に触れることができます。

■オルガン基礎理論
パイプオルガンの仕組み、各部分の名称や働き、楽器の使い方やレジストレーション(音色の組み立て方)など、パイプオルガンの基礎的な知識を総合的に習得。パイプオルガン音楽の成り立ちやあり方など、パイプオルガンの概念についても確実に学びます。

■オルガン音楽史
前期はオルガンの起源からルネサンス、バロック、そしてバロック時代をしめくくるJ.S.バッハまで、歴史上の主な出来事との関連にもふれながら学習。後期はJ.S.バッハとその時代について詳しく学び、ロマン派から近代、現代に至るまで、オルガンとオルガン音楽の歴史について掘り下げます。

■オルガン構造学
パイプオルガンとはどのような楽器か、その構造と原理を学習。さらに、楽器の時代背景や、時代ごとの構造の違いを知ることにより、さまざまなパイプオルガン音楽の演奏表現に対する理解を深めます。

学費

2020年度

入学金

200,000円

学費について

授業料1,380,000円 施設費650,000円