大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

埼玉県 私立大学
獨協大学

school

総合政策学科

社会問題を総合的にとらえ、 解決する力を身につけます

学部・学科・コース情報

●1年次から専門科目を学ぶことができます
 「総合政策入門」のほか、法律学・政治学を学ぶ上で基礎となる、憲法・民法・刑法の入門科目を学びます。また、1年次には広い選択の幅をもった全学共通授業科目も用意されています。専門分野にとらわれない、魅力いっぱいの科目が多数開講されています。

●徹底した少人数教育のゼミナール(「演習」科目)
 1年次の「入門演習」では、高校と異なる大学の講義を受けるための基礎的能力や方法を身につけます。2年次の「基礎演習」、3~4年次の「専門演習(演習Ⅰ・Ⅱ)」では、学生それぞれの関心に基づいて、問題をより専門的に判断する姿勢と洞察力を身につけます。

●多彩な専門科目群
 国際社会の分析と政策に重点をおいた多彩な科目が開かれています。地方政治のあり方やまちづくり、環境・福祉・人権など、現代社会が抱える重要な課題を把握し解決するための科目がおかれています。また、学生の関心に応じて、他学部他学科の科目も履修可能です。

●リアリティーを重視した授業展開
 「法政総合講座」では、オムニバス形式で、研究や実務に携わっている各分野の専門家をゲストスピーカーとして招き、現代社会の様々な問題についての理解を深めます。

●国家試験対策講座でキャリアアップを応援
 課外講座の「公務員試験対策講座」や「法律専門資格講座」を通じて、学生諸君の資格取得を支援してきました。その成果として、これまでに数多くの国家・地方公務員を輩出しています。また、法学部の卒業生から司法試験合格者も輩出しています。さらに「法学検定試験」にも多数の合格者を出しており、裁判所事務官や検察事務官への進路など受講生のキャリアアップを強力に支援しています。法科大学院(ロースクール)進学や司法書士をめざす学生のための講座も人気です。ほかにも国家試験をめざす学生には「受験準備室」が利用できる制度があります。

<総合政策学科 ゼミナール 一例>
※ゼミナールは法学部3学科すべてのゼミの中から選択できます。
◆行政学・地方自治論
◆行政法
◆基礎から学ぶ刑法
◆会社法の基礎と発展
◆刑事模擬裁判と研究発表
◆政治学・日本政治/外交史・国際関係史
◆刑法各論と特別刑法
◆比較政治/西洋政治史
◆現代思想の批判的検討

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年
募集定員
70名

卒業後の進路

卒業後の進路(獨協大学法学部オリジナルサイトへ)
https://www2.dokkyo.ac.jp/law/career.html


目指せる資格・検定

  • 司書
  • 警察官
  • 裁判所事務官
  • 消防官(消防吏員)

学費

2021年度実績

入学金

270,000円

卒業までの総学費

4,511,200円

学費について

学費(授業料、施設設備費)、学生教育研究災害傷害保険、委託徴収費(「学友会」会費、「同窓会」入会金、「父母の会」年会費)の合計金額となります。

初年度 1,352,800円
2学年~4学年 1,052,800円

入試方法によっては、併願大学の合格発表日あるいは経済的な理由を考慮し、入学金以外の納付金について、延納申請を行うことができます。詳しくは入学納付金とあわせて、入学試験要項(推薦入試は9月上旬、一般入試は11月上旬HP掲載予定)でご確認ください。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。
スマートフォン版はこちら