大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

北海道 私立大学
北海道情報大学

school

診療情報管理コース

医療界待望の情報管理の専門家「診療情報管理士」

学部・学科・コース情報

高度医療サービスの実現に向けて体制整備が進むチーム医療。これを実践する上で今「情報共有」が重視されています。診療情報管理士はその任務を担当する中心的役割で、電子カルテを制作、それをデータベース化し情報を管理、分析します。病院経営に携わるケースもかなりあり、知識を蓄えてマネジメントに参画する人も出始めています。現在、全国で約2万人の有資格者が働いているといわれますが、現場ではまだ人材不足なのが実情です。

診療情報管理士には、病院の医療情報を分析し、院内外へさまざまに発信することが求められます。これに対応するために学ぶべきは「情報」「医療・医学」「医療システム」の3領域。その基礎として診療情報管理学、情報処理技術、臨床医学、診療報酬請求事務、医療ネットワークシステム、医師法、医療法、健康保険法といった要素を学び、その上で3領域の専門科目を深く掘り下げます。ここで身につける質の高い情報分析力を生かせば、病院のマネジメントに携わることも可能で、将来、管理職を目指せます。もちろん、質の高い情報処理技術の学びを生かしてシステム開発の仕事に就くことも可能です。「医療・医学」と「情報」の専門知識を併せ持つ医療系システム開発ができるエンジニアは希少な存在です。

※診療情報管理士
「診療情報管理士認定試験」は、四病院団体協議会(現在の(一社)日本病院会、(公社)全日本病院協会、(一社)日本医療法人協会、(公社)日本精神科病院協会)および(公財)医療研修推進財団が認定するもので、現場では国家試験並みに評価されています。

本学は、北海道で唯一の認定大学であり、所定のカリキュラム履修で受験資格が得られ、3年次と4年次の2回の受験が可能です。