札幌大学の学校情報

札幌大学の魅力
ここが

2021年12月にICT完備の新校舎が完成
「1学群9専攻」の幅広い学びを自分流にデザインし
変化が加速する時代を力強く生き抜く

札幌大学は、文科系総合大学として、経済や経営、法学、語学、文化学などの9つの専攻を揃え、それらを1つの学群「地域共創学群」に包含しています。多彩な学びの中から自分の興味・関心に応じて「主専攻」を選び、さらに目指す職業を意識し「副専攻」を選択することもできます。複数の分野を同時に学ぶことで、さまざまな発見が生まれ、視野が広がります。
専攻に関わらず自由に選択できる新しい教育プログラム「サツダイ:みらい志向プログラム」もスタートします。これは、変化が加速する現代社会を力強く生き抜くために、学生の皆さんに現在進行形の知識とスキルを身に着けていただくことを目的としています。2022年度は、「データサイエンス」「ビジネス創生『食と観光』」「アイヌ文化」の3つのテーマで開講されます。
入学時に学びたい分野を決められないという方も、「レイターマッチング制度」があるから安心です。これは、入学後に大学での幅広い学びを経験し、専攻説明会や教員との面談を経て、自分の興味や関心を見極めてから主専攻を決めることができる制度です。「大学に入学してから1年間、自分を見つめ直す時間を持てる」と学生にも好評で、2020年度入学者の約30%がこの制度を活用しています。
札幌ドーム4個分の広大なキャンパスには、2021年12月に新校舎「SUcole(スコーレ)」がオープン。ICT設備が充実した快適な空間が広がります。

学生生活を紹介!

CAMPUS LIFE

  • 施設・設備のポイント 写真1

    SUICC:札幌大学国際交流センター

    外国人留学生・日本人学生・地域が互いに学び合うコミュニティ。 国際交流のための交流スペース。 「札幌大学国際交流センター:SUICC(Sapporo University International Communication Center)」は、札幌大学の国際交流の拠点。頭文字を組み合わせて「SUICC(スイック)」と呼ばれています。札幌大学に在籍する多くの留学生と、外国人留学生と交流してみたい、海外に留学したい日本人学生との交流の場として広く活用されています。世界各国の交流協定校から寄せられる留学や国際交流に関する様々な情報発信も行っています。 外国人留学生が、札幌大学の学生とだけではなく、多種多彩に日本での体験ができるよう、学外の方々にも広く開放。地域と一つになって、さまざまな交流や連携が生まれる場として活用されています。

  • 施設・設備のポイント 写真2

    S-Wing:札幌大学 学生立志テラス

    学生が相互に体験学習・活動に誘い合う 学生間相互ナビゲーションフロア「学生立志テラス」 札幌大学では、「地域共創」の理念の下、全学を挙げて「地域共創人」の養成に取り組んでいます。正課のカリキュラムに加えて、異文化や地域社会と積極的に関わりながら課題に向き合い、困難を乗り越える力を養う「アクションプログラム」を用意。アクションプログラムは、「地域共創人」に欠かせない実践力を涵養するためのプログラムとして、本学が推進するアクティブラーニングの象徴と位置づけています。S-wingは、アクションプログラムを含め、各種の体験学習・活動に参加している学生が一堂に会する、体験学習・活動の「メッカ」となります。S-wingの運営を通じ、彼らの活動の認知が広く学内外に伝播するとともに、学生たちに新たな仲間・同志が加わる循環が生まれることにより、札幌大学が目指す「体験知に基づく実践力を備えた人材育成」が根付くことを狙いとしています。

  • 施設・設備のポイント 写真3

    新校舎「SUcole(スコーレ)」

    2021年12月、札幌大学のキャンパス内に新校舎「SUcole(スコーレ)」がオープンしました。大講義室および中講義室のすべての教室には、追尾カメラ(登壇者の動きをリアルタイムで追いかける自動カメラ)が設置され、ハイフレックス授業(対面・遠隔の両方にて同レベルの質が保たれる授業形態のこと)に対応。また、フレキシブルに教室内の設備や広さ等を変えられ、アクティブラーニングにも適した環境となっています。 詳しくはこちら⇒https://www.sapporo-u.ac.jp/new-building/

新着記事

NEWS

  •  札幌大学からのニュース画像[1292]

    「サツダイ:みらい志向プログラム」が開設されます!

    2022年度から「データサイエンス」「ビジネス創生『食と観光』」「アイヌ文化」の3つのテーマで、新教育プログラム「サツダイ:みらい志向プログラム」が開講されます。このプログラムは、専攻に関わらず自由に選択できます。 ■データサイエンス「魁(さきがけ)」プログラム 世界は「第4次産業革命」の真っただ中にあり、その担い手はデータサイエンスやAIです。本プログラムでは、データを読み解き、ストラテジックに実社会に活かすためのスキルを学びます。 ■ビジネス創生「食と観光」プログラム 北海道の観光に必要な、新しいコンテンツ開発と受入体制を担う人材を育てます!北海道の新たな「稼ぎ方」を創り出すためのスキルを学びます。 ■アイヌ文化スペシャリスト養成プログラム「asir(アシㇼ)」 アイヌ工芸作家を講師に招き、木彫りや刺繍などの実技を単位化することにより、アイヌ文化のスペシャリティを継承し、産業化を志向する人材を育てます。 詳しくはこちら⇒https://www.sapporo-u.ac.jp/new-program/

  •  札幌大学からのニュース画像[1293]

    ≪2022年度≫札幌大学 OPEN CAMPUS

    見て、聞いて、体験しよう! 各専攻の「体験授業」や学生ボランティアによる「キャンパスツアー」、「学食体験」、「サツダイ生と話そうコーナー」など人気企画が盛りだくさん!(企画内容は今後変更となる場合があります。) ① 2022年5月22日(日) ② 2022年6月26日(日) ③ 2022年8月6日(土) ④ 2022年9月17日(土) 詳細は決定次第更新いたします。HPよりご確認ください。 https://www.sapporo-u.ac.jp/prospect/event/opencampus.html ※オープンキャンパスへ参加を希望される方は、本学ホームページにて事前にお申込みください。 【お問い合わせ先(入学センター)】 ●TEL 0120-15-3201 ●E-mail nyushi@ofc.sapporo-u.ac.jp

  • 日本語教師養成課程が開設されました!

    「日本語教師」とは、日本語を母語としない外国の方に、外国語としての日本語を教える教師のことです。 札幌大学では、この「日本語教師」を養成する課程を2021年4月に開設しました。 外国の方に日本語を教えるために必要な専門的な知識や技術を修得できる道内大学でも数少ない課程です。

札幌大学 学部・学科・コース

卒業までにかかる学費

札幌大学
オープンキャンパス・イベント情報

その他 奨学金・入試・就職情報

札幌大学 学校基本情報

キャンパス情報

学校URL http://www.sapporo-u.ac.jp
E-mail nyushi@ofc.sapporo-u.ac.jp
電話 0120-15-3201(入学センター)
  • 札幌大学 キャンパス

    所在地 〒062-8520
    北海道札幌市豊平区西岡3条7-3-1
    MAP Google マップを開く
    交通案内 ・地下鉄南北線「澄川駅」下車・中央バス「札大南門」下車(乗車時間約6分)
    ・地下鉄東豊線「月寒中央駅」下車・中央バス「札大正門」下車(乗車時間約9分)
    電話 011-852-9153 (入学センター) / 0120-15-3201 (入学センター)

特集ページ

関連キーワードを選択して学校をさがす

学校の種類

エリア・都道府県

学びたい分野

おまかせ資料請求で
無料プレゼント

おまかせ資料 無料プレゼント おまかせ資料 無料プレゼント

「どの学校を選べばいいかわからない…」「行きたい学校が決まらない…」そんな学校選びに迷っている高校生へ
「興味のある分野」「通学希望エリア」をえらぶだけで、進路アドバイザーがおすすめする学校の資料をお届けします(無料)!

「かんたん3STEP」で完結!

  1. 学校の種類と気になる分野・系統を選択
  2. 通学希望エリアを選択
  3. 送付先を入力

学生さんを応援し隊!

今なら人気のガイドブックを
無料プレゼント中!

資料請求する