職業から進路や進学先を考えよう!!はこちら

語る!仕事人 スペシャルインタビュー 語る!仕事人 スペシャルインタビュー 要資格 弁理士

努力の結晶である発明や商品名を守る

発明者に代わって特許権、実用新案権、意匠権および商標権(総称して産業財産権)の申請を行う。これにより、新製品は保護され、模倣品の出現や横行を防ぐことができる。この手続きは、発明者が自分で行うこともできるが、複雑な手続きなので、弁理士に依頼されることが多く、弁理士は権利取得までの手続きをすべて代行する。

進学先弁理士になるための進学先

進学先(例)
法学、理学、工学系
大学
理工系の各学科、経営法学科 など
短期大学
法学科 など
専門学校
司法試験・法科大学院進学コース など
卒業後の主な進路
特許事務所、法律事務所、企業や研究機関のの知的財産関連部署、独立開業 など

資格弁理士の関連資格

  • 弁理士(国)
    ◎弁理士試験合格後、または弁護士となる資格を有するか、特許庁の審査官・審判官として通産7年以上実務に従事した者が、実務修習を経て弁理士登録が可能

プロの体験談法律・公務員・行政関係の他の仕事人を見る

弁理士を目指せる学校を検索してみよう!

その他の業種をさがしてみる

職業マップ

仕事につながる資格を調べよう