大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

熊本県 私立専門学校
熊本総合医療リハビリテーション学院

school

先生・先輩

先輩の声

講義が終わるとみんなワイワイと賑やかな雰囲気です。先生と学生の距離が近くしゃべり易いです。

過去に手術を受けたことをきっかけに、将来は医療系の仕事に就きたいと考えるようになりました。熊リハのオープンキャンパスに参加した時に臨床工学技士の仕事内容を学び、「自分が安全かつ円滑に手術を受けられたのも臨床工学技士があってのこと」ということを知りました。また、熊リハは国家試験の合格率も高く、先生方の分かりやすい講義や熱心な指導方法にも魅力を感じ、この学院で頑張って、臨床工学技士になりたいと思いました。将来は得意分野を作り、誰からも信頼される臨床工学技士になりたいです。医療系専門学校は勉強に追われるというイメージがあるかもしれませんが、熊リハでは楽しく充実した日々を送ることができます。皆さんの入学を待っています!

(掲載年度:2021年度)

少しでも生きることや生活をすることが「楽しい」「幸せ」と思ってもらえる手助けができる人にな

家族や自分自身が怪我をした際に様々な医療関係の人と関わり、私も誰かが生活を送っていくうえで生きがいや幸せを感じるお手伝いをしたいと思ったため、作業療法士を志しました。歴史ある学校で、就職先にたくさんの卒業生がいるという安心感が決め手で熊リハに進学を決めました。クラスは男女関係なく仲が良く、互いに助け合って勉強しています。解剖学は難しいですが、人の体を知っていくにつれてどんどん興味が湧いてくる面白い教科だと思います。将来は人を笑顔にさせるプロフェッショナルになりたいです。そのために、まずは自分を磨き、知識や技術をしっかり身に付けようと思います。夢を全力で応援してくれる先生や先輩方がたくさんいるので、勉強も遊びも全力で楽しみたい人はぜひ熊リハに来てください!

(掲載年度:2021年度)

クラスでは、みんな仲良く授業の雰囲気も明るいです。

親が医療関係の仕事に就いており、自分も将来は医療職種に就きたいと考えていたところ、高校の担任の先生から義肢装具士という医療職を教えていただきました。もともとモノづくりが好きだったこともあり、すぐに義肢装具士の仕事に惹かれました。熊リハは九州で唯一、義肢装具の勉強ができる学校です。実際に切断者モデルの方に来ていただき、義足を製作、適合したり、学生同士で採型し装具を製作する授業が面白いです。将来は、患者さんが安心して義肢装具を使用していただけるよう、常に患者さんに寄り添い信頼してもらえる義肢装具士になりたいです。義肢装具学科は学年に関係なく仲が良く、頼りになる先生もいて、実習や勉強を行う環境が整っています。ぜひ熊リハで一緒に学びましょう!!

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

食べること、楽しいこと、出かけることが大好き!!

理学療法士はやりがいのある楽しい仕事です。患者様に慕われるような素敵な理学療法士を養成できるように支援したいと思っています。勉強はもちろん、人間性も磨きながら学院生活を楽しんでください。4年間一緒に頑張りましょう。

<専門分野>
 整形領域の運動療法、スポーツ疾患に対する運動療法

(掲載年度:2021年度)

たまにめっちゃなまっている、学科のお兄さん。

ここを卒業して10年以上経ちます。毎年多くの後輩が入ってくることを心待ちにしています。私の役目は、学院時代で学んだこと、消防時代で学んだことを少しでも多く皆さんに伝え、目標設定の手助けになればと思っています。2年間はあっという間です。後悔しない学院生活を一緒に作り上げていきましょう!

<専門分野>
 病院前救急救命学、病院前外傷救護学、災害医学

(掲載年度:2021年度)

教育大好き。最新の教育システムや手法を導入し、最先端を走ります。

身体障害領域の病院に6年間勤務し、母校である熊リハに講師として戻ってきました。「生活」を治療することができる唯一の作業療法士を育成するために奮闘中です。「人の助けになるような仕事がしたい!」という優しい心をもった方をお待ちしています。料理や絵を描くことなど自分の趣味を活かしたいという人も向いていますよ。

<専門分野>
 身体障害作業療法

(掲載年度:2021年度)