大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

熊本県 私立専門学校
熊本総合医療リハビリテーション学院

school

先生・先輩

先輩の声

同じ夢をもつ仲間や先生方と共に頑張っています。一緒に学院ライフをエンジョイしましょう!

私の身近に医療機器を必要としている人がいて、そのような人の力になりたいと思ったのが臨床工学技士を目指したきっかけです。熊リハへの入学を決めたのは、見学した際に、先生と学生の雰囲気が明るかったこと、様々な機器が備えてあり実習が充実しているのを知ったことで、ここなら自分が成長できると感じたからです。クラスでは年齢問わず男女仲良く過ごし、協力して勉強に取り組んでいます。また、先生と距離が近く、何でも相談することができます。将来は、チーム医療の一員として患者の命を預かっているという責任感と自覚を持ち、周囲から信頼される臨床工学技士になりたいです。また、医療の進歩で導入される新しい機器にも対応できるよう学び続けたいと思います。

(掲載年度:2022年度)

将来何をしたら良いか悩んでいる人は、ぜひ一緒に義肢装具士を目指してみませんか?

人の役に立つ仕事がしたいと漠然と考えていた時に義肢装具士を知りました。患者さんを健康な状態にしたいという想いを、義肢装具を使うことによって形にできると知り目指すことにしました。熊リハへの入学を決めたのは、自宅から通える距離にあったことと、九州で唯一の義肢装具について学べる学校だったからです。学院には、幅広い年齢の学生がいて、他県から来た人も多く、さまざまな交友関係をもつことができます。勉強は、人体の構造や運動の仕組みなど、初めて学ぶことばかりで大変ですが、わからないことは先輩や先生にどんどん聞ける良い雰囲気です。将来は、動きやすく体に合ったものを作るのはもちろん、人として言葉や行動で患者さんの心に寄り添えるような義肢装具士になりたいです。

(掲載年度:2022年度)

理想の救急救命士を目指して、ここ熊リハで一緒に学びませんか。

以前、家族が怪我をして救急車を呼んだ際、救急救命士がすぐに駆けつけ迅速に病院へと搬送してくれました。医療の最前線で活躍するその姿に憧れを抱き、目指すことを決意しました。熊リハ入学の最大の決め手は、最短2年で資格を取得できることでした。クラスは40人と多く、とても活気に満ちています。みんなで協力して日々の座学や実習に取り組んでいます。私のイチオシの授業は「救命処置実習」です。救急救命士として必要な技術を学ぶことができます。救急救命士は求められる知識量が多く、就職してからも勉強を続けなければいけません。そのため、日々の自己学習を怠らず、どんな現場にも対応できるようなプロフェッショナルを目指します。

(掲載年度:2022年度)

先生からのメッセージ

食べること、楽しいこと、出かけることが大好き!!

  • 高田 理恵子先生

理学療法士はやりがいのある楽しい仕事です。患者様に慕われるような素敵な理学療法士を養成できるように支援したいと思っています。勉強はもちろん、人間性も磨きながら学院生活を楽しんでください。4年間一緒に頑張りましょう。

<専門分野>
 整形領域の運動療法、スポーツ疾患に対する運動療法

(掲載年度:2022年度)

たまにめっちゃなまっている、学科のお兄さん。

  • 仮屋 俊作先生

ここを卒業して10年以上経ちます。毎年多くの後輩が入ってくることを心待ちにしています。私の役目は、学院時代で学んだこと、消防時代で学んだことを少しでも多く皆さんに伝え、目標設定の手助けになればと思っています。2年間はあっという間です。後悔しない学院生活を一緒に作り上げていきましょう!

<専門分野>
 病院前救急救命学、病院前外傷救護学、災害医学

(掲載年度:2022年度)

教育大好き。最新の教育システムや手法を導入し、最先端を走ります。

  • 松本 明人先生

身体障害領域の病院に6年間勤務し、母校である熊リハに講師として戻ってきました。「生活」を治療することができる唯一の作業療法士を育成するために奮闘中です。「人の助けになるような仕事がしたい!」という優しい心をもった方をお待ちしています。料理や絵を描くことなど自分の趣味を活かしたいという人も向いていますよ。

<専門分野>
 身体障害作業療法

(掲載年度:2022年度)

スマートフォン版はこちら