大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

埼玉県 私立大学
日本工業大学

TEL
0480-33-7676(教務部入試室)
E-mail
nyu-shi@nit.ac.jp
URL
http://www.nit.ac.jp/
school

学校独自の奨学金・特待生制度詳細

特別奨学生入試 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 1年生
採用人数 1年目の授業料全額免除7名(うち、特待生5名)、半額免除14名。
金額 1年目の授業料全額(98万円)、または半額(49万円)を免除
特待生制度あり(授業料全額免除の方の中から特に優秀な方(特待生)には、1年目の授業料の全額免除、2年目から4年目の授業料の半額免除、毎月4万円支給の奨学金が受けられます。)
返還方法 -
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 特別奨学生入試を受験し、特別奨学生として採用されて入学する方に給付します。

<出願資格>
高等学校もしくは中等教育学校を平成31年3月卒業見込みの学業成績優秀者(評定平均値4.3以上)で、本学を単願する方。

<選考方法>
書類審査(調査書、自己推薦書、推薦書)および面接

<選考基準>
次のいずれかに該当する方。(1)学業成績が特に優秀で、向学心堅固な方。(2)学業成績が優秀で、秀でた特長を有し、本学において、その伸展が期待できる方。(3)学業成績が良好であり、かつ全国高等学校選手権大会等において入賞の経験を有し、 本学においてその伸展が期待できる方。

特別入試奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 1年目
採用人数 一般入試Aにおける合格者のうち各学科・コースの成績上位5%の方
金額 一般入試Aにおける合格者のうち各学科・コースの成績上位5%の方のうち、
学科・コース1位の方には1年目の授業料の全額(98万円)免除
2位以下の方には、1年目の授業料の半額(49万円)免除
返還方法 -
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 ■選考方法
一般入試Aにおける筆記試験、書類審査(調査書)

入試奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 1年生
採用人数 2018年度入試では、249名の方が認めれられました。
金額 年額20万円
※実際の給付は、学費の減免で行います。
返還方法 -
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 一般入試、センター利用入試、一般推薦入試(公募制)、専門高校入試(S工業科)、専門高校入試(B 工業科)の合格者のうち、入試の成績が優秀で、学業の進展が期待できる方に給付します。

AO入試奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 1年生
採用人数 AOコーディネータ入試による合格者のうち、各学科2名を上限として給付します。
2018年度入試では、4名の方が認めれられました。
金額 1年目の授業料半額(49万円)免除
※実際の給付は、学費の減免で行います。
返還方法 -
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 <出願資格>
高等学校もしくは中等教育学校を、平成31年3月卒業見込みの方。

<選考方法>
書類審査および面接(面接のほかに、課題を課す場合があります)。

秋山奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 機械工学科
適用学年 1年生
採用人数 若干名
金額 年額30万円~
返還方法 給付
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 機械工学科へ入学する方のうち、成績優秀者

日本工業大学学業奨励奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 2年生以上
採用人数 ES(エクセレントスチューデント)奨学金:全学で36名程度
RS(リマーカブルスチューデント)奨学金:全学で75名程度
金額 ES(エクセレントスチューデント)奨学金:年額50万円
RS(リマーカブルスチューデント)奨学金:年額20万円
返還方法 給付
申込時期 申込不要
その他条件〔選考方法など〕 各学科の選考基準(成績、人物評価)により選考

日本工業大学工友会奨学金 (2018年度実績)

奨学金の形態 給付
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 2年生以上
採用人数 10名程度
金額 年額20万円(1年間、在籍期間中1回限り)
返還方法 -
申込時期 入学後
その他条件〔選考方法など〕 本学に1年以上在籍する学生で、卒業後、工友会会員として積極的に活動し、社会の産業発展に貢献し得る充分な資質を有すると認められる者。

日本工業大学育英資金 (2018年度実績)

奨学金の形態 貸与・無利子
対象学部・学科・コース 全学部
適用学年 1学年秋学期~4学年
在学期間中に2回まで。ただし、複数の年度にわたって受けることはできない。
採用人数 若干名
金額 返還時無利子
出願した年度の学費(委託会費除く)の半額を上限とし、その上限額から出願した学期の自己資金額を差し引いた残額。
返還方法 卒業・修了した月の翌月から、6ヵ月を据え置いた後、別途定める方法で返還しなければならない。
 貸与金の返還は、貸与額に応じて、1年から最長5年間で返還しなければならない。
 貸与金の返還は、年賦とする。
 貸与金の返還は、償還期限が来る前に全額または一部を繰上返還することができる。
申込時期 入学後
その他条件〔選考方法など〕 <採用条件>
本学に1セメスター以上在籍する学生で、以下に該当する方が対象。
勉学意欲があり、かつ、学年相応の単位を取得し、卒業が見込めること。人物が良好であること。出願する学期の学費を、納入期限までに納入することができないこと。原則、出願時に独立行政法人日本学生支援機構、その他の奨学金を受けていないこと。

<選考方法>
書類審査、面接