面接のコツはこちら

面接試験のコツ
身だしなみ・言葉づかい

最後は、実践を想定したクイズで、面接マナーの最終確認をしてみましょう。

身だしなみ全般について気をつけることは?

答え

「見た目の好印象」こそ、面接の鉄則です。頭のてっぺんから足の先まですべてに清潔(ツメを切る、化粧やマニキュアをしない、ピアスは着けないなど)で、健康的(眠そうな目、だるそうな体勢はダメ)な印象を与えることに徹し、自分なりの高校生らしいスタイルをつくっておきましょう。

服装について気をつけることは?

答え

制服(面接に臨む高校生の服装として最善)または、黒やグレーなどの落ち着いた色づかいのスーツを用意。当然、汚れやほころびは印象を悪くします。

また、シワやホコリ、ボタンのゆるみにも注意が必要です。スラックスやスカートは折り目がつくようにアイロンをかけておきます。

スカートの長さも適切に(短すぎるのはダメ)。もちろん、だらしない着こなし(腰パンなど)は×です。

頭髪について気をつけることは?

答え

パーマやカラーは絶対にいけません。ボサボサ髪にならないようにきっちりと整えて、清潔な髪型で臨みましょう。また、女子はゴムやヘアピンの使い過ぎに注意しましょう。

足元について気をつけることは?

答え

靴は学校指定のもの、指定の靴がなければ黒いものを用意し、必ずきれいに磨いておきます。靴下も地味目の色(黒、グレー、白など)にしましょう。ストッキングの伝線にも注意しましょう。

面接で「学校」と言いたい時、どの単語を使いますか?

答え

御校おんこうが最も丁寧な呼び方となります。このほかでは、大学・短大の場合は貴学きがく、専門学校の場合は貴校きこうと呼びます。

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「ここの学校を希望したのは」

答え

御校おんこう貴校きがく/貴校きこう)を希望したのは」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「先生がいってたんスけど」

答え

「先生がおっしゃっていたのですが」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「僕の方から電話します」

答え

「私の方からお電話させていただきます」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「おばあちゃんが大好き」

答え

「祖母がとても好きです」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「○○高校から来ました」

答え

「○○高校からまいりました」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「受付で聞いたんですけど」

答え

「受付でうかがったのですが」

以下の言葉を面接時に使うていねい語、敬語に直してみましょう。

「もう一度言ってほしい」

答え

「おそれいりますが、もう一度おっしゃっていただけますか」
「おそれいりますが、もう一度お願いできますか」