進路相談:土地家屋調査士とはどのようなことをするのですか。

みんなの進路相談

相談内容

土地家屋調査士とはどのようなことをするのですか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 土地の所有者は土地や建物の現状が変わった時、地目を変更した時などに登記をしなければなりません。

 このような登記をする際に土地家屋を調査、測量した上で図面を作成し、申告の代行をするのが土地家屋調査士です。

 土地家屋の調査の際に測量士の資格が、売買による権利者変更の際に司法書士の資格が必要となるため、この二つの資格を持っているとより仕事の範囲が広がります。

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他

お役立ちコラム