進路ナビ公式facebook

相談内容|地方公務員と国家公務員の違いは何ですか?

みんなの進路相談

相談内容
地方公務員と国家公務員の違いは何ですか?

地方公務員と国家公務員の違いは何ですか? この2つについて詳しく教えて下さい。

回答

地方公務員は主に県庁や市役所で働く公務員で、地域の運営にかかわる仕事を行います。住民が暮らしやすい生活環境をつくっていくのが役割です。仕事内容は治安、消防、水道、交通、教育、文化事業など、地域の生活全般にかかわる広い範囲に及んでいます。職業としては、都道府県や市町村の役所の職員、公立の学校の先生、看護師、保健師、福祉施設の職員、上下水道の管理や清掃に携わる仕事など、さまざまなものがあります。

国家公務員は主に中央官庁やその出先機関で働く公務員で、国家の運営にかかわる仕事を行います。財務省、法務省、外務省、経済産業省などの中央省庁や、裁判所、国会などの国家機関に所属して、国民全体の生活を支えるのが役割です。仕事内容は各所属機関での政策立案や予算編成、法令整備、統計調査など、国家レベルのプロジェクトに携わります。国民のために国の予算を有効に運用し、暮らしやすい社会づくりに貢献する仕事です。

また、地方公務員と国家公務員は、それぞれ一般職と特別職に分けられます。地方公務員の特別職は、都道府県知事や市区町村長・地方自治体の議員などで、国家公務員の特別職は、国会議員・裁判官などです。これら以外が一般職となり、公務員の大半を占めています。

また、試験の方法も、地方公務員と国家公務員では異なります。地方公務員は各都道府県または市町村が試験を実施し、種類は上級・中級・初級に区分されています。地方公務員の場合は各自治体によって試験内容が異なります。対して国家公務員は、人事院が実施し、Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種に区分されています。

このように、公務員といっても職種はいろいろあります。もし公務員に興味があるのなら、あなたの将来やってみたいことや、いま好きなことが役立ちそうな職種はないか、探してみてください。

2021年12月更新

はなそう!これからの事とか