進路相談:警察官の採用試験は大卒と高卒のどちらで受けるべき?

みんなの進路相談

相談内容

警察官の採用試験は大卒と高卒のどちらで受けるべき?

警察官になりたいと思っているのですが、大卒と高卒のどちらで採用試験を受けた方がよいのかで悩んでいます。

高卒でも採用試験を受けられるのだから、大学に行くのは無駄だという意見もあれば、大卒の方がいろいろと有利であるという話も聞きます。どうしたらよいでしょうか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 エリート警察官である「キャリア組」を目指すのであればともかく、普通の警察官を目指すのであれば、高卒でも大卒でもそれほど大きな差はないようです。

 確かに、大卒であれば、大学での専攻分野を活かせる部署に配属される可能性が出てくるため、適性的に有利になる面がありますし、万が一、警察官が性に合わず、転職することになった場合の再就職先探しにも役立つでしょう。そのような意味では、大学に進学しておいた方が無難ではあると思われます。

 ですが、高卒には高卒の利点があります。採用試験の難易度は低くなりますし、体力試験でも若い方が有利になるでしょう。同年齢での実務経験も長くなるため、立場的に大卒者より上に立てることもあると思います。

 そのあたりを考慮していくと、大卒、高卒のどちらにもメリット、デメリットがあるため、一概にはどちらの方がよいとは言えません。

 昇任試験に関しても、警部補までは大卒の方が早いスパンで受験できるそうですが、警部以降になると差がなくなるそうですので、そちらについても大差ないと言えます。

 ですので、変に悩まずに、早めに社会に出たいから高卒で受験、もう少し学生生活を楽しみたいから大卒で受験、くらいの感覚で決めてしまってもよいと思います。

2018年2月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他

お役立ちコラム