進路相談:自衛官と刑務官のどちらがいいでしょうか

みんなの進路相談

相談内容

自衛官と刑務官のどちらがいいでしょうか

私は小さい頃から陸上自衛隊に入りたいと考えています。そこで防衛大学について調べてみたのですが、私の学力では到底合格できそうにありませんでした。

それもあって、最近、興味を感じていた刑務官も悪くないかもと思うようになりました。

握力や短距離走はともかく、持久力に欠けることもあり、やっぱり自衛官は無理かもと感じています。

自衛隊と刑務官とでは、どちらの方が良いと思いますか?

何かアドバイスをいただけると嬉しいです。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 仕事というものは、場合によっては一生続けていくことになるものです。

 ですので、職業選択の際には、あなた自身の適性も考えに入れて、長く続けられそうか、ストレスなく楽しく働けそうか、という面からも検討していくことが重要になります。

 そのためには、それぞれの仕事について詳しく調べていく必要があります。

 幸い、現在ではインターネットという情報収集ツールがありますので、それを利用して自衛官、刑務官の両方について調べてみるとよいでしょう。

 公式の情報サイトも存在しますので、まずはそれらのページをすみずみまでじっくりと読んでみるとよいと思います。募集の詳細や必要とされる学歴などはもちろん、自衛官であれば、学校紹介や適性診断なども用意されています。

 公的なページ以外にも、個人ブログなどで実際の仕事の様子などについて触れられていることもありますので、そのようなサイトもチェックしてみましょう。



 また、なりやすさを基準に考えていってもよいかもしれません。

 最近は自衛官もかなりの人気職業となっており、採用数が少ない女性自衛官などはかなりの倍率となっています。

 現場指揮官をめざす一般曹候補生(女性)の場合は、30〜60倍もの倍率になりますので、この点だけを考えるなら、4〜7倍程度の倍率で済む女性刑務官の方がなりやすいと言えます。



 現在、中学生ということであれば、考える時間はまだまだありますので、あなた自身でも色々と調べてみて、適職を見つけてみることをおすすめします。

2016年4月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他