進路相談:看護学校の面接では養護教諭志望を隠すべき?

みんなの進路相談

相談内容

看護学校の面接では養護教諭志望を隠すべき?

養護教諭になるため、4年制大学の看護学科への進学を検討しているのですが、面接などで養護教諭をめざしていることを前面に出すと、不利になってしまうのでしょうか。

小児看護に携わり、看護師として経験を積み、将来的に養護教諭になりたいと考えています。

PR [看護学]が気になるあなたにオススメの学校はこちら!

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 看護学校や面接官によって評価の基準は異なりますので、面接の際に養護教諭(保健師、助産師)について触れることがマイナス評価に繋がるのかどうかはなんとも言えません。

 例えば、病院との繋がりが深い看護学校であれば、系列の病院に勤める看護師を増やしたいと考えるため、養護教諭志望者に対して低い評価を与える可能性もあるでしょう。一方、養護教諭の養成課程を持っている大学であれば、当然、それ目当てで進学してくる人も多くなるため、養護教諭志望者に寛容である可能性が高くなると思われます。

 ただ、あなたの場合、看護師として経験を積んでから養護教諭をめざすという考えのようですので、それを考えればさほど心配する必要はないかもしれません。すべての学校に対して同じ話をするのではなく、学校の性格を考えて、志望理由などを調整していけば問題ないと思いますよ。

 何はともあれ、まずは学校のことを知るのが第一ですので、学校パンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスに参加するなどして、色々と調べてみましょう。

2016年2月 更新

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他