進路相談:行政書士に興味があるのですが、資格を取るためには、やはり法学部に進んだ方がよいの…

みんなの進路相談

相談内容

行政書士に興味があるのですが、資格を取るためには、やはり法学部に進んだ方がよいの…

行政書士に興味があるのですが、資格を取るためには、やはり法学部に進んだ方がよいのでしょうか?

また、この職業に就いている人の内、女性は何割程になりますか?

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 行政書士試験は、法学系(行政法、民法など)の配点が高い試験ですので、法学部に進んでおいた方が有利にはなると思います。

 とはいえ、法学部の講義を受けているだけで合格できるほど、行政書士試験は簡単な試験ではありませんので、どの学部に進んだとしても、何らかの形で受験勉強をしていく必要はあります。

 それを考えるならば、志望学部はあなたが興味を持っている学部にしておいて、行政書士試験の勉強については、専門学校や通信教育を利用して行っていくようにしてもよいでしょう。

 行政書士の男女比ですが、平成22年度の行政書士試験の最終合格者男女比によれば、男性:3,695(79%)、女性:967(21%)となるようです。ただ、開業する割合は男性の方が高いようですので、実際に行政書士として働いている女性の割合はこれよりも低くなる可能性があります。

2012年7月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他