進路相談:柔道整復師と理学療法士の違いを教えてください。

みんなの進路相談

相談内容

柔道整復師と理学療法士の違いを教えてください。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 柔道整復師は、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷を手術や投薬などを使わずに整復治療する仕事です。

 理学療法士は、病気や事故による障害を受けた人に対して、運動療法(リハビリテーション)や物理療法(電気刺激、温熱、マッサージなど)を施し、基本的動作能力の回復を目指す仕事です。

 柔道整復師と理学療法士には似通った点が見られますが、以下の点ではっきりとした違いがあります。



○柔道整復師

・必要資格は国家資格の柔道整復師

・業務範囲内であれば自ら患者を診察・診断し施術を行うことができる。なお、骨折・脱臼の診断および施術を行うためには医師の指示が必要となる

・開業権を持ち、健康保険の請求ができる



○理学療法士

・必要資格は国家資格の理学療法士

・自ら患者を診察・診断し施術することはできない。施術を行うためには、必ず医師の指示が必要となる

・開業権を持たず、健康保険の請求もできない



 どちらの資格も、それぞれの養成施設で、最低3年間(4年制の学校も多いです)学ぶことによって国家試験受験資格を得られますので、将来、独立開業を目指すのならば柔道整復師を、病院のリハビリ室や高齢者福祉施設への勤務、訪問リハビリなどの形で働きたいのならば理学療法士を、といったように勤務形態から進路を選んでみても良いでしょう。

 なお、柔道整復師も理学療法士も、近年、有資格者が増え、飽和状態になり始めているという話もありますので、その辺りについてもよく調べた上で進路を決めることをおすすめします。

2010年1月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他