進路相談:電気主任技術者は電気工事士とどう違いますか。

みんなの進路相談

相談内容

電気主任技術者は電気工事士とどう違いますか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 店舗や住宅などの電気工事を行う電気工事士に対し、電気主任技術者は発電や変電設備などの事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安監督をするという、より高度な技術を必要とする職業です。

 どちらの資格も国家資格ですが、電気主任技術者の方が難易度の高い資格になります。

 これら電気関連の資格を取得しておくと、関連の企業に就職する際には有利と言えます。また、電気主任技術者の資格には第一〜三種まであり、それぞれ扱える仕事の範囲が異なります。

2015年1月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他