進路相談:こども福祉って、どういう仕事をするのですか?

みんなの進路相談

相談内容

こども福祉って、どういう仕事をするのですか?

こども福祉って、どういう仕事をするのですか?

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 「こども福祉」は児童福祉と同じ意味となりますので、「こども福祉」の仕事は、基本的には児童福祉関係の仕事になると思われます。

 たとえば、障害児や孤児、母子家庭の児童に対する援助や、児童虐待にあっている子供たちを救済する仕事などが含まれることになります。また、近年の少子化対策として、子育てをしている家庭に児童手当を出したり、出産、育児をしやすい環境を作るよう、企業などに指導していく仕事も児童福祉の中に含まれると思われます。その他、保育・幼児教育や少年犯罪の防止、予防検診なども児童福祉の一環ということができるでしょう。

2008年8月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他