「学費」について - 奨学金の基礎知識

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

自力進学のススメ 進学支援・学費サポートガイド

学費 について

あなたが進学したい学校の学費はどのくらいでしょうか?
まずは入学時にかかる金額、そして支払う時期、受験費用などについて見ていきます。
そして最終的には、進学先で学ぶ期間に必要な総額も知っておくといいでしょう。

1年目にかかる学費は?

1年目にかかる学費のことを「初年度納入金」といい、一般的に「入学金(料)」「授業料」「諸経費」の3つの合計額を指すことが多いようです。まずは初年度納入金の額を知ることが大切です。

入学金(料)+授業料+諸経費(施設・設備費、実習費、教材費など)=初年度納入金

初年度納入金平均額

下のグラフは初年度納入金の平均額です。 国立大学は文系でも理系でも金額そのものは変わりませんが、その他の学校では、設立区分や種類、また学ぶ系統・分野によって納入額に大きく差があるため、注意しましょう。
これらを支払う時期と内訳ですが、入学手続時に「入学金(料)+ 1年次の前期授業料+ 諸経費」を、そして1年次の秋に「1年次の後期授業料+諸経費」を支払うのが一般的です。

初年度納入金平均額

卒業までにかかる学費は?

自力進学のススメ 進学支援・学費サポートガイド

卒業までに必要な学費の概算は、国公立大学の場合、240〜260万円程度(4年制昼間部の場合。入学料+授業料※諸経費含まず)。私立大学の場合、文科系(4年制)で400〜500万円、理科系(4年制)で600〜700万円、医歯系(6年制)で2,000〜5,000万円程度。短期大学(短大)や専門学校では、コースによりますが、2年間で200〜250万円ほどのお金がかかります。

このようなデータを聞くと、自力で負担するのはとても不可能だと思うかもしれません。
でも、大丈夫。何百万円ものお金を、入学時に全部支払うわけではないのですから。

一般的に学費は入学時に支払う「初年度納入金」が最も高く、「入学金+1年次の前期授業料+諸経費(施設・設備費、実習費、教材費など)」を合わせた金額となります。1年後期および2年次以降は、期毎の「授業料+諸経費」を支払うだけです。

学費はいつ払うの?

入試シーズンの最盛期は1〜2月頃で、合格発表後、入学手続きが2月から3月頃となるのが、これまでの一般的な流れでした。

しかし近年は、AO 入試や推薦入試を実施する学校が多く、場合によっては12月よりも前に試験が終わることもあります。そうすると、それに応じて入学手続きが早まってきます。入学前の10月に支払いが必要となる場合もあります。
「3月でいいと思っていたから、急には学費の用意ができない」ということにならないよう、募集要項などをよく読んで、手続きの期日の確認をしっかりしましょう。