職業から進路や進学先を考えよう!!はこちら

語る!仕事人 スペシャルインタビュー 語る!仕事人 スペシャルインタビュー 医師

まずは相手の立場にたって物事を考える

三田 勝 みた まさる(仮名) さん

・京都府生まれ ・神奈川県の私立高校を卒業 ・東京都の私立大学医学部を卒業 ・母校の附属病院で皮膚科医として活躍中 

年齢

30代後半

勤務時間

1日約10時間

賃金

1000万円以上

仕事内容について

 外来で患者さんを診察し治療方針を立て、重症の場合は入院を指示し、投薬、手術などの治療をしています。また遺伝性皮膚疾患の専門外来を担当しており、患者・家族に対する遺伝相談などを行っています。大学病院に勤務しているため、医学生や後輩医師の指導もしています。

仕事に就いたきっかけ

 自分の記憶にはないのですが、生まれてすぐに大病をして入院したため、両親から“お医者さんに命を助けられたのだから、将来、人の役に立つ仕事をしなさい”と言われて育ったので、気が付けば医学部に入学していました・・・。

良いところ、大変なところ

 良いところは皮膚科は目に見える病気を扱うので、治療によって患者さんの症状が良くなったのがすぐにわかり感謝されること。
 大変なところは、逆にごまかしが効かないところ。

仕事でのこぼれ話

 病院に向かう途中で会った女性の顔に偶然、皮膚ガンを見つけたので、すぐに手術をすすめ一命を取り留めたこと。

仕事人から読者へ

 基本的に他人と接する職業なので、服装や言葉づかいが乱れていたり、他人とのコミュニケーションがうまくとれない人は、医師として信頼されません。また患者さんは悩みがあって受診するのだから、“こんなことぐらいで…”などと思わず、相手の立場にたって物事を考えましょう。

お仕事ワンポイント!

仕事で接する人

  • 患者さん
  • 医師
  • 看護師
  • 医療事務員
  • 薬剤師
  • 製薬会社担当者

必需品

顕微鏡、精神的ゆとり(自分に余裕がないと人に優しくできない)

役に立つ資格

  • 医師免許
  • 皮膚科専門医

大事にしているものは

説明と同意、患者さんと自分自身の満足度

趣味

テニス、旅行、写真

(掲載日:2006-10-01)