大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

埼玉県 私立大学
尚美学園大学

school

就職サポート

キャリアセンター ~進路・就職支援の拠点~

就職サポート1の写真

学生の進路・就職支援の拠点となっています。
音楽や情報、行政やスポーツなどの志望業界別に学生個別の進路に添った活動へのアドバイスをしています。3年生進級時には、全員に個人面談を実施し、その後も履歴書添削や模擬面接などを行います。
留学生には、国際交流室と連携しサポートを行っています。
また、大企業から地元中小企業まで積極的に企業訪問を行い、求人開拓にも重点を置いています。

<キャリアサポートプログラム>
~卒業後の可能性を専任のスタッフが親身にサポート~
学生の希望する進路に向け、学部の授業に加えて全学部学科で、キャリア関連講座やインターンシップなどの単位認定科目、エキストラプログラム(課外プログラム)を用意しています。学科・コースについても、計画的なキャリアアッププログラムを用意。3年次の就職支援には、自己分析、業界・会社研究、筆記・面接試験対策など実践的な知識やスキルを身につける「進路・就職セミナー」を開催。企業の人事担当者を招いた企業説明会も実施しています。

【インターンシップ】
インターンシップとは「企業研修」のことで、2・3年生が対象になり、事前研修を行ったうえで、夏休みに2週間~1ヵ月の実習を行います。研修先は民間企業、行政機関や音楽団体など様々です。全プログラムを修了した場合、正規の科目として単位が付与されます。毎年多くの学生が参加し、貴重な経験を得ています。

【学内企業説明会】
各業界(メディア・流通・メーカー・情報通信・アパレルなど)から企業の採用担当者をお招きし、学生にたいして業界や業種を取り巻く環境、求める人材や採用方法などについて直接ご説明いただく催しで、全学レベルで実施しています。
この機会を通し企業から内定を獲得する学生が増えています。
1回の説明会で、複数の個別の企業から説明を受けることができます。

卒業生インタビュー(芸術情報学部)

就職サポート2の写真

●芸術情報学部 舞台表現学科卒業 倉元 奎哉 さん 
【 株式会社オリエンタルランド ダンサー 】

「みんなに感動を与えるエンターテイナーになりたいです。」

~プロフィール~
小学2年生から高校3年生までNHK東京児童劇団に所属。小学3年の時にミュージカルの初舞台を踏み、舞台で演じることに興味を持つ。舞台関係の仕事に就きたいという思いから尚美学園大学に入学。現在は、国内大手の株式会社オリエンタルランドに入社し、ダンサーとしてお客様の前でパフォーマンスすることに歓びを感じる日々を送っている。

<Q.仕事の内容を教えてください>
テーマパーク内の劇場やパレード、野外舞台でお客様の前で踊るのが主な仕事です。大勢のダンサーで演技するので合同で踊るリハーサルを繰り返して、自分のパートをよく確認して本番に臨みます。1つのショーのために、多くのダンサーが演出家や振付家の指導のもと何度も何度もリハーサルを繰り返すのです。そうして初めて、お客様に喜んでいただけるステージが出来上がります。

<Q. どうすればなれますか?>
ジャズダンス、バレエ、ヒップホップなどダンスのスキルが最低限は必要です。どれかに偏るよりは全部バランス良く習得しておくのが良いと思います。大学の授業だけでは足りないのでスタジオに通い、レッスンを受けたりもしました。柔軟体操や筋トレ、体力をつけるトレーニングも日々ずっと行っています。また、目標となる人も必要です。大学内だけでなく、外に目を向けることも大切だと思います。

<Q.大学で学び、経験しておくべきことは?>
尚美学園大学では、プロのダンサーや俳優を教えている講師が授業をしてくれています。コーチ陣はすごいです。あとは学ぶ側の姿勢次第。先生に「1回の授業料がいくらか考えてみるといい」と教わりました。その金額を意識して1回1回の授業に打ち込むことをおすすめします。また、舞台公演には学割もあるので活用してたくさん観るべきです。僕は、多いときは年に50作以上観ていました。

卒業生インタビュー(スポーツマネジメント学部)

就職サポート3の写真

●総合政策学部 ライフマネジメント学科(※)卒業 原 有加 さん 
【 コナミスポーツ株式会社 トレーナー 】
※現 スポーツマネジメント学部 スポーツマネジメント学科

「「あなたがいるから、ここに来るのが楽しみ!」と言われるようになりたいです。」

~プロフィール~
小学生時代にテレビでダンスを踊っている子どもたちを見てダンサーに憧れ、高校でチアダンス部に入部。大学でも続けたいという思いから、様々なことを学びながらチアダンスも続けられる尚美学園大学に入学。現在は、チアダンスという団体競技で知った、仲間と共にスポーツに励む歓びを糧に、インストラクターとして、たくさんのお客様と触れ合いながら日々の業務を行っている。

<Q.仕事の内容を教えてください。>
スポーツクラブで、フィットネスやダンスなどを指導するインストラクターとして仕事をしています。例えばフィットネスであれば、スポーツ機器の正しい使い方を説明したり、お客様の目標達成のためのサポートを行います。人と接するのが大好きなので、スポーツを通してたくさんの人とかかわれるインストラクターをやってみたいと考えて、この仕事を選びました。

<Q.どうすればなれますか?>
社員はみんな、スポーツ好きです。そしてコミュニケーションをとるのがうまい、外向的な人がほとんどです。私は高校、大学と7年間チアダンスに全力で打ち込みました。スポーツを通して学んだこと、経験は今の私にとって大きな自信にもなりましたし、今の仕事にとても活きていると思います。「私は、これをがんばりました!」と言えるものを、在学中にぜひつくってもらいたいと思います。

<Q.大学で学び、経験しておくべきことは?>
尚美学園大学では音楽や心理学、経済など様々なジャンルの授業が受けられます。私は積極的にいろいろな分野を学んだことが将来の進路を決める時にとても役に立ちました。また、キャンパスには様々なジャンルを学ぶ学生たちがいます。他学部の人とも親しくなれば触れてこなかった情報を得たり刺激を受けたりすることもでき、自分の世界を広げることにつながると思います。