相談内容|絶滅危惧種を保護する職業にはどのようなものがありますか?

みんなの進路相談

相談内容
絶滅危惧種を保護する職業にはどのようなものがありますか?

絶滅危惧種を保護する職業にはどのようなものがありますか?

回答

 残念ながら日本では野生動物保護の体制が発達していないため、専門的に野生動物保護を行う仕事はほとんど存在しないようです。

 一応、公的な職業として自然保護官(パークレンジャー)という職業はありますが、野生動物保護の仕事に関わることはあまりなく、求人も非常に少ないようです。



 それ以外ですと「野生動物調査員」という職業もあります。所属する企業や団体によって職業名は異なりますが、大規模な工事の際などに、周辺環境への影響を調査する仕事となるようです。

 こちらの職業も、求人はあまり多くないようですので、大学の獣医学部や生物学部などで勉強をしつつ、求人情報を収集したり、業界へのつてを得るなどして、野生動物調査員としての就職を目指してみるとよいでしょう。野生動物調査員を募集している団体としては、環境省の外郭団体や自然保護関係団体、民間の野生動物調査会社などがあるようです。



 また、地方自治体の自然保護関連の部署で同様の仕事に就ける可能性もあります。

 ただ、公務員の場合は、定期的に別の部署に配置転換されるのが一般的ですので、自然保護関連の業務を長期間行うのには向いていないかもしれません。



 実際のところ、日本の野生動物保護活動の現状は、理学部や農学部で動物学や生態学を学んできた者が、その延長線上の仕事として野生動物保護の仕事に関わったり、獣医師の資格を持つものが野生動物の繁殖や調査などで関わってくる程度となっているようです。

 ですので、あなたがボランティアとしてでも、野生動物保護の仕事に関わりたい、ということであれば、獣医師を目指すか、大学で動物学、生態学などを学んでみるようにするとチャンスを得られるかもしれません。

 日本獣医学会公式サイトのQ&Aページなどを見てみれば、参考になる情報が見つかるかもしれませんので、一度目を通してみることをおすすめします。

2017年06月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら