相談内容|私は韓国語を学んで、化粧品の会社に就職して韓国語を活かし、韓国の化粧品を売り込ん

みんなの進路相談

相談内容
私は韓国語を学んで、化粧品の会社に就職して韓国語を活かし、韓国の化粧品を売り込ん

私は韓国語を学んで、化粧品の会社に就職して韓国語を活かし、韓国の化粧品を売り込んだりしたいのですが、専門的に韓国語だけを勉強してそのような職業に就けるのでしょうか?

回答

 韓国語に限らず、ビジネスの世界では語学力は単なる道具でしかありません。

 化粧品会社の営業職に就いた後で、韓国語ができるから韓国関連の仕事に回されるということはあっても、韓国語ができるから化粧品会社に入れる、営業職に就けるということはまずないと思った方が良いと思います。

 加えて、日本には在日韓国人、在日朝鮮人という日本語と韓国語に堪能な人が多い集団が数十万人規模で存在していますし、日本語ができる韓国人、韓国語ができる日本人も数え切れないほど存在しています。そのため、就職の際に韓国語の語学力がアピールポイントになることはあまりないと思われます。

 ですので、まずは化粧品会社について研究をして、どの化粧品会社が韓国製の化粧品を扱っているのか、化粧品会社が営業職に求めている能力や資質は何なのか、化粧品会社に就職するのに必要とされる学歴はどの程度なのか、といったことを確認してみると良いと思います。

 このような情報は、インターネットを利用して化粧品会社の公式サイトを見てみれば、採用情報や商品情報などのページで調べていくことができると思います。

 まずは化粧品会社にとって有用な人材になること。韓国語の勉強はその後からでも十分だと思いますよ。

 ただ、一般的な企業からの評価や役立つ機会の多さから考えると、韓国語の勉強に回す時間を英語に回してTOEICなどで高得点が取れるくらいの英語力を身につけた方が良いと思います。中国や韓国との取引でも、実際に使われる言語は日本語や英語の場合が多いと聞きますので、それを考えても英語の勉強をした方が有利だと思います。

2008年09月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら