相談内容|私はアーティストを支える、アシスタントマネージャーやマネージャーになりたいと思っ

みんなの進路相談

相談内容
私はアーティストを支える、アシスタントマネージャーやマネージャーになりたいと思っ

私はアーティストを支える、アシスタントマネージャーやマネージャーになりたいと思っています。 これらの職業にはどうすれば就けるのでしょうか? また、マネージャーなどは、人的な繋がりがないとなることが難しいと聞きました。それは本当なのでしょうか? あと、マネージャーとアシスタントマネージャーの違いについても教えてください。

回答

 芸能マネージャーになる方法ですが、多くの場合、芸能マネージャーは芸能事務所の社員が勤めることになりますので、芸能マネージャーを目指すのであれば、まずは芸能事務所に就職をする必要があります。

 大手の芸能事務所であれば、新卒採用という形で芸能マネージャー(アシスタントマネージャー)の募集をしている事務所もありますので、求人情報などをこまめにチェックして応募してみても良いでしょう。

 学校に通う場合は、マスコミ系、放送系などの芸能マネージャー養成コースのある専門学校を選んで進学しても良いと思いますが、特定の学校、特定の学部に進学しなければ芸能マネージャーとしての就職に不利になるということはないようです。

 芸能マネージャーとアシスタントマネージャーの違いですが、アシスタントマネージャーは名前の通り、芸能マネージャーの助手のこととなります。基本的に新人が行う仕事で、いわゆる使い走りのことです。タレントや芸能マネージャーの指示に従って、荷物持ち、ドアの開け閉め、送り迎え、買い出しなどの雑用をなんでもこなさなければなりません。

 芸能マネージャーには、チーフマネージャーと現場マネージャーとがあります。

 チーフマネージャーは、担当しているタレントの売り出し方(仕事選び、ビジュアルの方向性の決定など)などの企画面を主に担当します。TVや雑誌などのマスコミへの売り込みをしたり、時にはドラマなどのタイアップ企画にも携わります。

 現場マネージャーは、一般的にイメージされる芸能マネージャーのことで、担当しているタレントに同行して、撮影、収録、インタビューなど全ての現場での責任を負うことになります。タレントのビジュアルやコメントに現場でOKを出したりするのも現場マネージャーの仕事となります。

 最初に書きましたとおり、芸能マネージャーの募集は求人情報誌などでも行われていますので、コネなどがなければ芸能マネージャーになれない、ということはありません。

 ただし、アシスタントマネージャーから現場マネージャー、チーフマネージャーへの昇格を目指すのであれば、積極的に人脈を増やしたり、現場で仕事を学んでいくなどして、芸能マネージャーとしての実力を身につけていく必要はあると思います。

 芸能マネージャーは、基本的に体力勝負の仕事ですので、仕事の時間や休みも不規則で人並み以上の体力と忍耐力を必要とされます。また、「人」を相手にする職業であるため、人当たりや気配りの良さなども必要とされ、そういった面での苦労も多いと聞きます。

 とはいえ、実績を重ねて人脈を増やしていけば、給与や待遇も良くなりますし、独立も夢ではなくなるといいますので、上昇志向の強い人には向いている職業といえるかもしれません。

2008年07月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら