相談内容|私は高校卒業後、デザイナーとしての就職を希望しています。 中学の頃から自分でイ

みんなの進路相談

相談内容
私は高校卒業後、デザイナーとしての就職を希望しています。 中学の頃から自分でイ

私は高校卒業後、デザイナーとしての就職を希望しています。 中学の頃から自分でイラスト系のHPを作っていて、HTMLやFTPの知識もそれなりにあるので、Webデザイナーをやってみたいと思っています。ですがイラストを描くことも同じくらい好きで、ゲームなどのキャラクターデザイナーも諦めきれずにいます。 なので、よろしければ高卒でwebデザイナーとキャラクターデザイナーの仕事に就くにはどういったことをすればいいのかお聞きしたいです。これをすれば絶対にその仕事に就ける、なんていう道はないと重々承知の上ですので、先生方の考えをお聞かせください。どうぞよろしくお願いいたします。

回答

 Web業界にしても、ゲーム業界にしても、基本的には即戦力、もしくはすぐに即戦力になってくれそうな人材を求めていますので、まずは技術力を磨くことが大事だと思います。

 Webデザイナーを目指すのであれば、HTMLのタグの知識のほかに、CSS、Flash、Javascript、PHPなどの知識も持っていた方が良いでしょう。それに加えてマーケティングを意識したデザイン手法や、SEO対策の知識もあれば、更に就職しやすくなると思います。

 ゲームのキャラクターデザイナーを目指すのであれば、手書きの絵の基礎的なデッサン力はもちろんとして、PhotoshopやIllustratorなどの定番グラフィックソフトの使い方や、画面レイアウトの技術、タイトルロゴやボタン類の作成技術、テクスチャ画像の作成技術なども持っていた方が良いと思います。ゲーム開発会社で、キャラクターデザインだけさせてくれる会社はごくごく限られていますので、2D系の仕事なら大抵はこなせます、というくらいの力を身につけるようにしないとプロとして仕事をこなしていくのは難しいでしょう。

 また、イラストに関しても、得意とする絵柄だけしか描けないのでは仕事にならない場合が多いので、写実調、アニメ調、デフォルメ調、ファミリー向け、ヘタウマ調など、様々な絵柄を描けるようにしておくと良いでしょう。

 こう色々と言語名やツール名などを書きつらねますと、自分は本当にプロになれるのだろうか、とあなたを怖気づかせてしまうかもしれませんので、ここで種明かしをします。

 実はこれはあくまで若手デザイナーの理想像、もしくはベテランのWebデザイナー、ゲーム系グラフィックデザイナーの場合はこれくらいのスキルを持っていてもおかしくないという例だったりします。

 高卒の時点でこれほどの技術を身につけていれば、それこそあちこちの会社から引く手あまただと思いますが、技術を身につけるのにはそれなりの時間と経験が必要となりますので、なかなかそうもいかないでしょう。

 高卒者をデザイナーとして採用してくれる会社であれば、ある程度は採用してから育てるという意識を持っていると思いますので、ここまで厳しい条件は要求してこないと思います。

 ただ、大手のデザイン会社、ゲーム開発会社の中には新卒採用の際に大学・短大、専門学校卒以上という条件をつけているところが結構あります。ですので、就職先の幅を広げることを考えると、高校卒業後、すぐに就職を目指すのではなく、大学・短大、専門学校などへの進学も考えに入れておいて良いと思います。

 また、Webデザイナーを目指すにせよ、ゲームのキャラクターデザイナーを目指すにせよ、選考の際に重視されるのは、まず作品になりますので、時間が取れるようならなるべく多くの作品を描いておく(Webページを作っておく)ことをおすすめします。

 そして、なるべくなら批評眼のある友人などにその作品を見てもらい、遠慮のない批評をしてもらってください。自分で好きに絵を描いているときより、他人の目を意識して絵を描く方がずっと絵の技術が上達しやすくなるものですから。

 また、この際、自分が苦手としている構図やポーズなどをわざと選んで描くようにするのも良いでしょう。プロとして仕事をする場合、苦手な構図、ポーズを描くことを要求されることもしばしばですので、そういった時のために練習をしておくことは損にはなりません。

 私にはゲーム系のキャラクターデザイナー&Webデザイナーとして、数多くの開発会社を渡り歩いてきた経験がありますが、どの会社でも最も重視されたのは提出作品でした。

 会社によっては、「Webデザインが一通りできる上に、キャラクターデザインもできるの? じゃ採用」と一発で採用が決まってしまったこともありますので、プロのデザイナーとして仕事をしていくのであれば、質の高い提出作品を用意しておくことと、色々な技術を身につけておくことは非常に有効だと言えます。

 とはいえ、最初から色々な技術を身につけていこうとすると、結局どれもものにできず、単なる器用貧乏になってしまう可能性がありますので、まずは志望職種のどちらかの技術で一人前になってから、もう片方の職種の技術を磨くようにすることをおすすめします。

2008年06月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら