相談内容|私は調理の学校に行きたいと考えています。 調理の技術を学びつつ、栄養学や食物学

みんなの進路相談

相談内容
私は調理の学校に行きたいと考えています。 調理の技術を学びつつ、栄養学や食物学

私は調理の学校に行きたいと考えています。 調理の技術を学びつつ、栄養学や食物学も学び、将来は自分でメニューを考えたり、料理教室を開いたり、フードデザイナーの資格もとりたいです。小さなカフェも開けたら……なんて夢も持っています。 短期大学の方が将来の仕事の幅が広がるが、調理一本で行くなら専門学校の方が良いといった話も聞きますが、私の場合は、専門学校と短期大学のどちらに行った方が良いでしょうか。

回答

 まず短期大学と専門学校の違いについてお話します。

 短期大学は専門学校に比べ、ひとつのことに特化せずに幅広い教養を身につけるためのカリキュラムが組まれていることが多く、大学への編入をサポートしている学校も多くみられます。かたや専門学校では、実技や実習を行う授業が大半を占めます。このようなことから、「調理一本で行くなら専門学校」という考え方がよく聞かれるのかもしれません。

 色々な夢があるようですが、その中であなたが一番やりたいことは何ですか?まずは、自分の中で優先順位を定めてみてください。そして、短大・専門の枠にとらわれずに、気になる学校のパンフレットを取り寄せてみてください。その中であなた自身が「学びたいこと」と、その学校のカリキュラムが一致するかどうかを調べてみると良いと思います。最初に述べた短大と専門の違いは一般論なので、全ての学校にあてはまるとは言い切れないからです。

 これは、私なりに調べて分かったことですが、短期大学で調理師の資格を取得できる学校は全国的にみても、かなり数が限られているようです。しかし、中には昼間は短期大学で栄養士としての授業を受け、ダブルスクールとして付設の調理師専門学校へ通い調理師の資格を得ることのできる学校もありました。こちらも数は少ないようですが、栄養士と調理師の資格を両方取得できるのが利点だと言えます。

 また、専門学校で調理師の資格を得る場合ですが、こちらはカリキュラムの中に栄養学が含まれてきますので、「栄養士」の資格を必要としないのであれば、こちらの進路をとっても問題ないでしょう。

 最終的に学校を決めるのはあなた自身です。決して学校のパンフレットや公式サイト、また、人の噂だけにとらわれずに、気になる学校が出てきたら、是非体験入学やオープンキャンパスに参加してください。校風や学校の先輩・先生に直に触れることができるので、自分に合っているかどうかを判断する大きな材料になります。

 学校調べは大変かもしれませんが、自分の将来に関わることなので、がんばってくださいね。(とさ)

2008年01月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら