大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

福岡県 私立専門学校
福岡医健・スポーツ専門学校

TEL
0120-717-261(入学事務局)
E-mail
info@iken.ac.jp
URL
http://www.iken.ac.jp
school

先生・先輩

先輩の声

結果を出した選手が周りから賞賛されること。それが一番の喜び。

  • 河村 茂さん
  • スポーツ科学科非常勤講師 SET UP代表 / 2005年 スポーツ科学科卒業

■ケガをきっかけにトレーナーをめざすようになりました
もともとは私自身も選手として野球をしていました。ケガをきっかけにトレーナーをめざすようになり福岡医健専門学校でスポーツトレーナーとして必要なすべてを学びました。トレーナーとしての活動は10年くらいになり現在は自分で会社を設立してお仕事をさせていただいています。 仕事は杉内俊哉投手のパーソナルトレーナーが主ですがプロ野球選手との仕事は、選手の身体のケアやトレーニング、クールダウンを行い試合の際にはサポートを行います。
プロアスリートのパーソナルトレーナーは一年を通してシーズンを戦い抜くカラダづくりを支えるので非常に責任の大きな仕事です。当然、オフシーズンにも選手につきっきり。身体のみならずメンタル面でのサポートも重要な仕事になります。
トレーナーの仕事はあくまでも裏方で、選手が結果を出して周りから賞賛されることが最大のやりがいであり一番大きな喜びだと思います。

■卒業して改めて先生方のレベルの高さを実感します
医健の魅力はなんといっても講師の先生方が現場の第一線で活躍をしている点。しっかりとした理論を基に高い知識と技術を身に付けることができます。卒業して、トレーナーとして活動を始めてから改めて先生方のレベルの高さを実感しますね。
インターンシップや1年生のときから参加できる現場実習も多く、実力が身に付くのと同時に将来の仕事をイメージしやすかったですね。
医健のスポーツ科学科は自身も長く関わってきた大好きな「スポーツ」を仕事にできる環境が揃った最高の学校です。

(掲載年度:2017年度)

鍼灸師資格を持つスポーツトレーナーとして、選手やチームから頼られる存在をめざして

  • 黒木 麻世さん
  • 飛翔会グループ 医療法人社団 飛翔会 呉整形外科クリニック勤務 / 2013年 鍼灸科 美容スポーツコース卒業

■ケガがあったからこそ今がある
スポーツが好きだった私は、高校時代は陸上に励んでいましたが、ケガの際に鍼灸師の先生をたずねました。鍼灸師の施術を知り、ケアを受けた選手が再び活躍して結果を残すことが、この仕事のやりがいだと思いました。そして、私だったら自分が選手として経験したことを伝え、より選手に近い立場で施術にあたることができ、サポートする側からスポーツに関わることができると思うようになりました。

■選手が頼れる存在となるために
今現在は、鍼灸師の仕事としてクリニックにて身体の局所施術を行っています。一方で、トレーナーとしては、高校のバスケ部でトレーニング指導とメディカルケアをしています。今はまだ半人前のトレーナーで、至らないことや対応しきれないこともありますが、いずれは選手からもチームからも認められる、頼れる存在となり、一人前のスポーツトレーナーになれるよう、日々励んでいる最中です。そして、いつか私を頼って、スポーツ選手に限らずいろんな方がケアを受けに来てくれる場所を提供したいと思っています。

■ひとつの専門だけではない学び方
福岡医健は医療やスポーツをはじめとした総合校です。スポーツトレーナーとしても実績があるため、鍼灸師とスポーツトレーナーの両面から学ぶことにより、将来の可能性が広がると考え、福岡医健へ入学しました。専門学校だからひとつのことを専門的に学ぶのはもちろんですが、総合校ならではの学科を超えた学びの場があることは、社会に出てから非常にありがたかったことの一つです。例えば、テーピングやストレッチなど、スポーツの学校でしか学べないようなことを鍼灸科に在籍しながら学んだことは、スポーツ選手を支える今の仕事の原点となりました。専門以外の分野を学んで知っておくと、社会ではとても有効的に活用できると思います。

■鍼灸師は万能の仕事だと思う
私は国家資格を取得した鍼灸師として、スポーツ業界の分野を選択しましたが、医療や美容の分野で活躍している同級生もたくさんいます。また、痛みをすぐに和らげることができる鍼灸師の技術は、スポーツ分野で活躍するには最適だと思っています。それぞれの分野でその技術を活かせる領域があり、これからも多くの鍼灸師が様々な分野で活躍することを願っています。

(掲載年度:2017年度)

先生からのメッセージ

みんなの味方!近藤先生!

学生たちの「わからない」が大好物!!一人ひとりの魅力を引き出します。
是非学校でお会いしましょう!

(掲載年度:2021年度)