大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立大学
岡崎女子大学

school

先生・先輩

先輩の声

発表や表現するシーンにあふれた4年間を通じて、つねに改善しようとする姿勢を養えました。

  • Y.Kさん
  • 岡崎女子大学 子ども教育学科(2020年3月卒業) 豊川市役所 保育園勤務

4年間を振り返って、印象に残っているのが学友会の活動です。学友会は新入生歓迎会やスポーツ大会などのイベントを企画・運営するのですが、私は役員として全体の取りまとめを行いました。特に2年次の大学祭では、子ども向けの劇をする会場を受け持ち、出し物の進行管理や各クラスとの連絡事項のやり取りなどに奔走。円滑に本番を迎えられるよう、クラスの代表者や学友会の別の班のメンバーと協力し合いました。しかし、やはり、失敗はつきものです。十分に準備をしたと思っても、なかなか一筋縄ではいきません。些細なトラブルが起こるたびに、反省し、どうすれば失敗を防げるのか考えを巡らせて対応していきました。その繰り返しの中で、「状況を見極めて、次に生かす姿勢」が養われたと思います。
この企画⇒行動⇒繰り返し⇒改善というサイクルは、「PDCAサイクル」と呼ばれ、保育の現場でも重要なものだと授業で学びました。振り返れば、大学での活動もすべてPDCAサイクルが関わっていたようにも思います。たとえばゼミのシーン。音楽を専門とするゼミの一員として、乳児を対象にした音楽劇を創りあげるときも仲間とともに反省と改善を重ねてより良いものに仕上げました。言い換えれば、「岡崎女子大学には、反省・改善が求められる発表や発言のチャンスにあふれている」と言えるでしょう。アウトプットにあふれた4年間で培った「改善し続ける力」を今度は保育の現場で発揮していきたいと思います。

(掲載年度:2021年度)

正解がない保育に向き合い、考える時、何よりも大切な視点を身につけることができました。

  • S.Oさん
  • 岡崎女子大学 子ども教育学科(2019年3月卒業) 岡崎市役所 保育園勤務

学生時代、一番力を入れた活動は、4年次の長期フィールド実習です。「子どもたちは友だちと関わることで、どのような変化が現れるのか」という点に着目して、22回の実習を行いました。毎日の実習を通じてたくさんの気づきを得られるのですが、それを言葉にして発表したり、記録にまとめたりすることは、なかなか難しくて…。そんな時助けてくれたのが、ゼミの担当教員や仲間でした。「この時、子どもたちの様子はどうだった?」「ほかにはどんな声掛けが考えられるだろう?」。そんな問いかけが、自分に新たな視点を与えてくれたのです。そのくりかえしのなかで、子どもたちのことを客観的に捉える力が身につきました。
この「客観的に捉える力」は、保育の現場でも大切な力だと、痛感している毎日です。私が担当している1歳児さんは、言葉で自分の思いを伝えるのが難しいので、思うようにコミュニケーションがとれません。その分、大切になってくるのが、保育者がいかに子どもの気持ちをくみとるかどうか。正解はありませんから、毎日、「こうしたらよかったのでは」と自分に問いかけています。その時にかかせないのが、物事を客観的に捉える力なのです。
もう一つ、大切にしているのが、子どもたちに「大好きだよ」という思いを伝えること。実習中に担当の先生からいただいた「保育はハートだよ」という言葉をいつも胸に、これからも笑顔で子どもたちと接していきたいと思います。

(掲載年度:2020年度)

子どものことを考え続ける8カ月間。この経験は、これからも生きるはず。

  • Y.Sさん
  • 岡崎女子大学 子ども教育学科(2020年3月卒業) 大府市役所 保育園勤務

長期フィールド実習を経験した大学の先輩保育者のクラスでご指導いただき、8ヶ月間、子どもたちの様子を観察しました。しかし、なかなか子どもたちと打ち解けることができません。きっと私の緊張が伝わっていたのでしょう。ある先生から「まずは自分が楽しむことが大切なんじゃない?」という言葉をいただき、目がさめました。それからは、めいっぱい楽しむことを心がけ、徐々に子どもたちとも信頼関係を築いていきました。
そのなかで研究のテーマである「安定した生活とは何か」を考え続けました。研究をはじめる前は「子どもが泣いてしまうのは、安定していないらだ」と思っていましたが、今では「安定していないとは言い切れないじゃないか」と、考えに変化が生じました。「それでは子どもにとっての安定とは何だろう?」と、今、研究の原点に立ち返っています。まだまだ答えは見つかりませんが、こうやって自らに問い続ける姿勢こそ、保育者に必要なものなのではないかと思っているところです。保育者になってからも、子どもたちの心を追求しようとする姿勢を持ち続けていきます。

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

広い視野、誇りと自信を持ち、社会人・職業人としての品格ある女性をめざして。

  • 学長 林 陽子先生

これからの時代、教育・保育の学びはますます重要性を増していきます。理由は大きく2つあります。
1つは、はたらく女性が増える、ということ。女性が社会で活躍するほど、小さい子どもを預ける場所が必要になります。保育者の仕事は、女性の自己実現を支える仕事です。政府は「待機児童ゼロ」をめざして環境整備を行っていますが、それ以上に子どもを預けたい人は増えていく。保育者がこれまで以上に待望されることは容易に想像できます。
もう1つは、質の高い子どもの教育は、経済学的に見ても社会のメリットにつながる、ということです。優れた幼児教育の機会に恵まれた子どもは、大人になってからの精神的・身体的健康や社会的な成功を得られやすい、という研究結果が注目されています。このことは、個人の幸福だけでなく、社会にとっても有益である、ということになります。本当に必要な優れた幼児教育や保育が実践できるプロフェッショナルがもとめられていくでしょう。

2020年は社会が大きく揺れ動いた年でした。岡崎女子大学・岡崎女子短期大学も学生とのコミュニケーションのあり方や授業の方法など、さまざまな点で柔軟に対応してきました。今後も学生の安全や健康を最優先に考えた体制づくりや環境づくりに努めていきます。2020年は、独自のガイドラインをつくって、新型コロナ感染症対策を徹底し、授業やゼミ活動、課外活動などについて、可能な範囲での活動を行ってきました。しかし、まだまだ十分ではありません。たとえば、授業をオンラインで実施する場合には、授業内容の工夫や、課題の量やチェックのタイミングなど、細部にまで工夫が必要なことがわかりました。遠隔授業を受ける学生の立場になって、検討することが大切だと痛感しています。人は、やはり人の中で学んでいくもの。そのことを踏まえたガイドラインの改定に取り組み、安心で充実した学びの環境を整えていきます。

高校生のみなさまには、ぜひキャンパスに足を運んでいただきたいと思います。そして、たくさんの「?」を、先生や先輩に投げかけてください。もちろん、わたしにも。わたしたちは、好奇心と行動力をもったみなさまを応援します。岡崎女子大学・岡崎女子短期大学の教職員一同、みなさまといっしょに学べる日を心待ちにしています。

(掲載年度:2021年度)

ともに育ち合いながら、未来を力強く生き抜く力を磨きます。

  • 赤羽根 有里子先生

子どもたちはさまざまな個性を持っていますが、輝く個性を持っているのは学生だって同じこと。子どもであれ、どんな個性も受け止め、一人一人を包み込み,ともに成長し合いたい。それが私たちの子ども教育学部の確固たる思いです。そんな「受け止め、包み込み、共に育つ」環境だからこそ、小さな疑問や興味にだって、しっかりと立ち止まり、思う存分悩み、自らの力で答えをたぐり寄せることができます。その繰り返しなかで、高度化する教育・保育現場のニーズに応えうる力を磨くことができるのです。私たちはあなたを歓迎します。いっしょに輝く未来をつくりましょう。

(掲載年度:2021年度)

スマートフォン版はこちら