大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立大学
東京聖栄大学

school

先生・先輩

先輩の声

「食の安全」のエキスパートを目指します!

  • 本橋 紀子さん
  • 健康栄養学部食品学科 2019年卒業 東京都 朋優学院高等学校出身 銀座アスター食品株式会社 勤務 

 私の就職先は銀座アスター食品株式会社です。中国料理レストランの経営およびお持ち帰り用の中国料理の加工販売を行っており、「美味しいものを食べさせてお客様をびっくり仰天させたい」という創業精神のもと、洗練された本物の中国料理を心づくしのサービスと居心地の良いムードと共に提供する事をモットーとした会社です。
 授業内のインターンシップの研修先の一つに銀座アスターがあり、本物の中国料理とサービスに興味があったため、参加させていただく事にしました。料理の説明や提供をする事も楽しいと感じ、働いている方々の雰囲気が良かった事がとても印象に残っています。
 新入社員は入社後まず、営業係として店舗に配属されレストランサービス業務を行う事になっています。将来は、環境保全管理部というアレルギーの対応や店舗・従業員の衛生管理などを行っている部署での仕事を希望しています。大学では応用微生物学研究室という微生物の専門的な技術・知識の習得に適した環境で、食肉熟成時の微生物の生育に関する研究に携わりました。これに加えて、食品微生物検査技師2級を取得した事もあり、入社後の目標が見つけられたと思っています。環境保全管理部では、食の安全や微生物検査について学んだ事を生かし、食品の事故を未然に防止したり、衛生的なお店にできる様に貢献したいです。
 東京聖栄大学は先生と学生との距離が近いため、アットホームな雰囲気が特徴です。食品メーカーや外食・中食など、食品関係の仕事に就きたい方におすすめの大学です。

(掲載年度:2019年度)

臨地実習で見つけた、私の仕事

  • 村山 未来子さん
  • 健康栄養学部管理栄養学科 2019年卒業 千葉県立千葉商業高等学校出身 (医) IMS グループ 勤務

 「管理栄養士として病院で働きたい」との希望を私が抱くようになったのは、大学での講義や専門的な実習を通じて、でした。特に、実際に病院へ伺った臨地実習の期間中、医療チームの一員として他の担当者と連携しながら医療現場で働く管理栄養士の先生方の姿に触れた事で、自分もこうした医療の現場で働きたい、との希望がより一層強くなったと思います。
 また、病院の管理栄養士として働く上で、食事の献立作りに関する知識や技術等に精通する事も、患者さんへの栄養指導や日々の食事を通しての治療提供に大きく影響する、という事が、実習を通じて実感する事が出来ました。就職活動においても、こうした点を意識して候補の絞り込みを行いました。最終的にIMSグループを選んだのは、日々の業務を通じて給食管理も栄養管理も学ぶ事ができる、と感じたからでした。
 今後は大学で学んだ事はもちろん、業務を通じてより多くの事を常に吸収しながら、患者さんに寄り添うことのできる管理栄養士を目指し、地域の医療に貢献して行きたい、と思います。

(掲載年度:2019年度)

フードサイエンスコースでの「学び」

  • 黒川 紗希さん
  • 健康栄養学部食品学科 2017年卒業 栃木県 宇都宮短期大学附属高等学校 出身 滝沢ハム株式会社 勤務

 食品学科フードサイエンスコースでは食品の成分分析や品質管理等について、科学的な観点から学びます。講義等の座学にとどまらず、豊富な実験・実習を取り入れたカリキュラムにより、深い理解と技術を身につける事ができます。
 入学時から、将来は食品の開発に携わりたいとの夢を持つ私にとって、食品の分析手法等が学べるフードサイエンスコースはその実現には最適だと考え、迷わずコース選択を決定しました。専門科目の実験・実習が本格化する2年次には、例えば食品からの栄養素の抽出や水道水の調査をはじめ、微生物が生成した酵素の働きの観察に至るまで、様々な知識と技術を学ぶ事ができ、充実した1年間を過ごせたと思います。その結果、さらに視野が広がり、食品の分析だけでなく微生物にも興味・関心を持つ事が出来ました。
 今後は、こうした微生物の機能を応用した食品の開発を新たな目標に、さらに研究を進めたいと考えています。

(掲載年度:2018年度)

先生からのメッセージ

「健康・栄養・食品」について共に学びましょう

  • 荒木 裕子先生

 食生活は、心身ともに健康で豊かな生活を送るために欠くことのできない営みです。東京聖栄大学健康栄養学部は、健康・栄養・食品に関する専門的な知識と技術・技能を学び、さまざまな分野において活躍できる食と栄養のプロフェッショナルを育てる学部です。食品学科では、食品の機能性や安全性、食材の生産から加工と流通など食品全般を学び、食の専門家の養成を目標にしています。管理栄養学科では、個々の健康を栄養面でサポートできる管理栄養士として、保健・医療・福祉・教育等の現場で即戦力となる専門知識と技能を養います。
 大学への社会の要請はより多岐に、具体的、高度になっており、「どこで・何を学んだか」より「どのような力を身につけたか・何ができるか」が求められています。既存の知識をそのまま覚えるだけでは社会のニーズに応えることが難しくなってきており、自分で考え、探求し、仲間と協働して新しい知を創り出すことが大学の学びとして大切です。めざましく進化する食や栄養の分野の可能性に夢を抱く皆さんには、ぜひ本学部において最先端の専門知識と技能を学ばれ、それぞれの領域で活躍できる人材に育って頂きたいと思います。私たち教職員は全力で皆さんの夢を応援いたします。大学の学びの楽しさである知の創造を、ともに体験していきましょう。

(掲載年度:2022年度)

スマートフォン版はこちら