大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立大学
大阪電気通信大学

school

先生・先輩

先輩の声

コミュニケーション力と機械の知識を仕事で発揮していきたい

モノづくりや機械いじりに興味があり、この学科に進学。「機械創成工学実習」や「CAD実習」といった実習で、楽しく技術を磨けました。学修に励む中で意識していたのが、「わからない部分は聞く」ということ。男女関係なく、積極的にコミュニケーションを図りました。内定先では生産技術職として、工場の機械の保全や修理、製造に携わります。学科で身につけた力を活かし、工場スタッフの方々の要望をくみ取りながら、より使いやすい機械をつくっていきたいと考えています。

(掲載年度:2021年度)

基板や回路に多く触れ、「組み立てる力」が身についた

カメラを搭載した車型ロボットをつくり、遠隔操作するシステムの構築に取り組んでいます。通信回路を利用した遠隔操作をめざしていますが、画像データを受信する際に遅延が生じてしまうため、それをどれだけ少なくできるかが目下の課題です。学科の授業は基板や回路に触れる機会も多く、自分で一からプログラムを組み立てる力が身につきました。内定先では電力設備の管理にかかわる予定なので、大学で培った回路構成の知識を活かして活躍し、頼られる存在になりたいと思っています。

(掲載年度:2021年度)

授業内外で多くの機材を扱った経験が揺るぎない自信に

駅のホームで流れるアナウンスが画一的な事実に着目し、駅ごとの個性をもっと出すことはできないかと考えるようになりました。そこから、ある鉄道の本線・40駅を対象として、実際に各駅を訪れながらその特徴について調査。競馬場が近くにある駅なら、馬の足音を盛り込む等、創意工夫を重ねながらオリジナルのアナウンス音づくりに励んでいます。本学科には映像と音響を学ぶために進学しましたが、濃密なカリキュラムを通し、理論と技術の両方がバランスよく身につきました。また、「電chu!」での動画配信や、「esports project」の大会運営にも参加し、音響をメインで担当。授業外でも多くの機材を扱う中で、実践的なスキル・ノウハウが培われました。報道番組の制作やスタジオ技術、イベントの中継配信を行う内定先でも、向上心を持って自分のやりたいことを突き詰めていきます。

(掲載年度:2021年度)

スマートフォン版はこちら