大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

千葉県 私立専門学校
明生情報ビジネス専門学校

school

学校独自の奨学金・特待生制度詳細

特待生奨学 (2021年度)

奨学金の形態 免除
対象学部・学科・コース 全学科対象。
特待A:第1学年後期授業料(工業課程25万円、文化教養課程23万円)を免除
特待B:入学金(10万円)を免除
適用学年 特待A:第1学年後期
特待B:入学時
採用人数 ・学校推薦特待生:特待A3名、特待B3名
・自己推薦特待生:特待A2名、特待B2名
・留学特待生:特待A2名
金額 特待A:第1学年後期授業料(工業課程25万円、文化教養課程23万円)を免除
特待B:入学金(10万円)を免除
返還方法 -
申込時期 出願時
その他条件〔選考方法など〕 ☆学校推薦特待生
学校推薦入試を受験し、以下に示す基準を満たす者。

・特待A 
全日・定時制は評定平均4.0以上、通信制は評定平均4.2以上
・特待B 
全日・定時制は評定平均3.8以上、通信制は評定平均4.0以上


☆自己推薦特待生
自己推薦入試を受験し、以下に示す基準(数字の項目は、いずれか)を満たす者。

・特待Aの基準
1.以下に示すいずれかの資格に合格している者。
ITパスポート試験、基本情報技術者試験、情報技術検定2級以上、全商情報処理検定2級以上、全商簿記実務検定2級以上、日商簿記検定2級以上、英検2級以上

2.課題テーマとして、プログラム作成またはデジタルコンテンツ作成を選択した者のうち、その内容が特に優れている者。

・特待Bの基準
1.以下に示すいずれかの資格に合格している者。
日商簿記検定3級、英検準2級、情報技術検定3級、全商情報処理検定3級、全商簿記実務検定3級
2.これまでの学習または社会活動・実務活動の実績が顕著であり、入学後の学業におけるリーダーシップと成果が高く期待される者。


☆留学生特待生
日本語能力試験N1合格済または日本留学試験「日本語」210点以上である者。

就学支援奨学 (2021年度)

奨学金の形態 免除
対象学部・学科・コース 全学科対象。
適用学年 第1学年後期
採用人数 特待A:3名
金額 第1学年後期授業料(工業課程25万円、文化教養課程23万円)を免除
返還方法 -
申込時期 出願時
その他条件〔選考方法など〕 世帯年収が380万円以下であり、日本学生支援機構奨学金を予約採用済または申込中である者。