大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

島根県 私立専門学校
島根リハビリテーション学院

TEL
0854-54-0001(事務部渉外課)
E-mail
bosyuu-reha@shima-reha.jp
URL
http://shima-reha.com/
school

医療福祉の専門職から、地域、スポーツ分野へも。
スキルアップの選択科目と実践教育で未来の可能性広がる。

【専門学校では珍しい自由選択科目制の導入】
近年リハビリ職の働き方は、医療現場から、社会の様々な場面での自立や社会適応の支援へと活躍の場を広げています。スポーツ分野で活躍するアスレティックトレーナー、高齢者への介護予防や地域コミュニティづくり、子どもの就学支援など、学生の将来的な進路選択を見据え、プラスαの授業を自由に選択ができるカリキュラムを導入しています。

【地域まるごとキャンパス(地域実践型授業)】
学校がある奥出雲町をフィールドに、地域住民と企業・行政と連携した実践型教育を積極的に実施。
リハビリの視点から地域の課題解決を提案する授業や、福祉施設での介護予防事業の他、近隣高校の運動部へのスポーツトレーナー指導など、机上で学んだことを現場で即応用することで、実践力を育成します。

【合格へ導く独自の国家試験対策】
開学以来、累計合格率96.7%と、高い国家試験合格率を維持(2001年3月~2020年3月卒業生合格者数918名/受験者949名)。学校独自の国家試験対策教材を使用し、早期からデータ分析を用いたスムーズな学習を支援しています。また、分野別の対策講座や個別指導など、きめ細やかな指導体制により、国家試験合格へ導きます。

【心に寄り添う教育指導と退学率でわかる優位性】
本学が何よりも大切にしていることは、教員と生徒の信頼関係を育むこと。担任制を導入し、勉強に関する疑問や将来の悩みなど、どんなことでも気軽に、本音で質問・相談できる学習環境をととのえています。令和元年度の退学率は、1.1%と全国的にみても極めて低い結果として表れています。

school_main_pic

学校の特長

  • 学生寮あり
  • 車通学OK
  • バリアフリー対応
  • インターンシップ
  • 卒業後も就職支援継続
  • 独自給付・免除奨学金制度あり
  • 企業提携あり
  • 少人数クラス
  • クラス担任制
  • 文部科学省職業実践専門課程認定校
  • 学外入試あり
  • 自然が豊か
  • HP進学相談

島根リハビリテーション学院からのニュース

重要【2022年度入試についてお知らせ】(2021.12.15)

理学療法学科、作業療法学科は、募集定員を満たす見込みのため、一般入学試験4期は実施しない予定です。

(※なお、辞退者があり欠員が出た場合は、再度入学試験を実施する場合があります。)


また、一般入学試験3期は以下のとおり実施します。

【一般入学試験3期】

出願期間:2021年12月23日(木)~2022年1月25日(火)

選考日: 2022年1月29日(土)

島根リハビリテーション学院の動画

施設・設備のポイント

自然に囲まれた広大な敷地に、充実した施設・設備が集結

施設・設備のポイント 写真1

自然光があふれる明るい3階建ての校舎には、各種教室・作業治療室、機能回復訓練室、レクリエーション室・体育館がゆったりと配置され、リハビリテーション関連教育機関の中でも導入例の少ない貴重な器機等も完備しています。
その他、「医療福祉を中心にしたまちづくり」を進める奥出雲の中核を担う本学院の周囲には、町立奥出雲病院、医療福祉施設やスポーツ施設などがあり、クラブ活動や施設実習に活かされています。

学生がいつでも集いグループ学習ができる環境

施設・設備のポイント 写真2

学生自身が自ら考え、発言し、行動を起こす力をはぐくむ「アクティブ・ラーニング」を積極的に導入しています。そのため、生徒が自由に使えるwi-fiを完備した演習室を始め、教員室や学生交流スペースにもホワイトボードとデスクを設置し、学生がいつでも集まってディスカッションできるような環境を整えています。

お問い合わせ・アクセス

校舎

Address
〒699-1511
島根県仁多郡奥出雲町三成1625-1 マップ表示
TEL
0854-54-0001 (事務部渉外課 学生募集担当)
Access
JR木次線「出雲三成駅」より徒歩20分