大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

栃木県 私立専門学校
さくら総合専門学校

school

最短のカリキュラムで臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士を目指す!
「人を助ける人になる」をスローガンに、
各分野で地域に貢献できる人材を育成します。

本校は、1997年に開校し、これまで臨床工学科と救急救命科から多くの卒業生を輩出してきました。「人を助ける人になる」というスローガンを掲げ、 多くの卒業生は、地元の病院や消防署に就職 し、地域医療の最前線で活躍しています。また、2019年4月から介護福祉科を新設し、地域の皆様を支える人材の育成にも取り組んでおります。学生の皆さんの“夢の実現”のため、先ずは国家資格の取得、採用試験の合格に向けて、各分野のスペシャリストである経験豊富な教職員が全力で指導しています。

school_main_pic

学校の特長

  • 車通学OK
  • 海外研修・留学制度あり
  • 学費延納制度
  • 独自給付・免除奨学金制度あり
  • 少人数クラス
  • クラス担任制
  • 自然が豊か

さくら総合専門学校からのニュース

WEBオープンキャンパス毎月開催決定!

さくら総合専門学校からのニュース画像[239]

オンラインによるWEBオープンキャンパスを毎月行うことになりました。来校型のオープンキャンパスに加えオンラインで本校のことを知ることができるので遠方の方やお忙しい方、また来校が心配な方など幅広い方々にご参加いただければと思います。また、こちらのWEBオープンキャンパスは来校型のオープンキャンパスと同じようにAOエントリーの参加資格にもなり、ご希望の方には特待生制度の過去問題も配布いたします。

【WEBオープンキャンパスの流れ】
①各種申し込みフォームからお申し込み
②「個別相談あり」を選んだ方はこちらから相談方法や希望日などをお伺いします
③アンケートが送られてくるので回答する
④開催時刻になりましたらyoutubeのプレミア公開動画を視聴
⑤事後アンケートに回答する
⑥「個別相談あり」を選んだ方は個別相談を実施
※HPよりお申し込みができますので、ぜひ皆さんご参加ください!

ICT導入!

さくら総合専門学校からのニュース画像[240]

社会の情報化が急速に進むなか、「ICT教育」もまた、急速に導入が進められています。
ICTとは、Information and Communication Technology、つまり“情報通信技術”を意味します。「ICT教育」とは、教育現場で活用される情報通信技術そのものや取り組みの総称です。
本校ではGoogleが提供する教育支援ツール「Google Workspace for Education」やリクルートが提供する「スタディサプリ」など様々なツールを学生全員に使っていただけるよう環境を整備しています。
将来皆さんが就職した際に必ず必要となる知識や経験を本校でたくさん経験していただければと思います。

【Google Workspace for Education】
学生全員に本校専用アカウントを配布し、学校全体の連絡やクラス内の情報共有を円滑に進める「Chat」や課題の提出や授業用資料の保管場所として使えるクラウドストレージ「Drive」などの機能を駆使しICT教育を進めています。

【スタディサプリ】
学生全員に本校専用アカウントを配布し、授業に必要な基礎学習能力向上に繋げています。また一人ひとりの能力に合わせて課題を提出したり、学生の課題進捗状況をシステムで把握し指導の一指針として活用しています。

【高速Wifi利用可能】
全教室で使用できる高速WiFiを学生用に開放しています。上記の教育支援ツールなどをストレスなく使用できる環境を整え、効率の良い学習環境を整備しています。

【自由に使えるPC】
学生に対してノートPCを貸し出ししております。授業に使用するのはもちろん各自の自習にも自由に使用することができます。PCの使用頻度を高め、就職した際の業務に支障がないよう環境を整えています。

救急救命士・臨床工学技士に関する法律が変わります!

さくら総合専門学校からのニュース画像[241]

医師の長時間労働問題を解決すべく2021 年10 月1 日から法改正されることが可決されました。医師業務を他業種でもできるようにするタスクシフティングが重要視され、救急救命士、臨床工学技士、診療放射線技師、臨床検査技師が実施可能な医行為の幅が広がります。

【2021年10月1日からの変更点】
◎救急救命士
現行法上、医療機関に搬送されるまでの間(病院前)に重度傷病者に対して実施可能な救急救命処置について、救急外来* においても実施可能とされます。

※ 救急外来とは、救急診療を要する傷病者が来院してから入院(病棟)に移行するまで(入院しない場合は、帰宅するまで)に必要な診療・検査・処置等を提供される場のことを指します。

今後期待できること
救急救命士が病院内で医療行為を行うことができるようになるので、今まで就職先の選択肢として少なかった病院が増え、「消防」「病院」から安定して選べるようになります。

◎臨床工学技士
・手術室等で生命維持管理装置や輸液ポンプ・シリンジポンプに接続するために静脈路を確保し、それらに接続する行為、輸液ポンプやシリンジポンプを用いて薬剤(手術室等で使用する薬剤に限る。)を投与する行為、投与終了後に抜針及び止血する行為が実施可能となります。
・心・血管カテーテル治療において、身体に電気的負荷を与えるために、当該負荷装置を操作する行為
・手術室で行う鏡視下手術において、体内に挿入されている内視鏡用ビデオカメラを保持し、術野視野を確保するために操作する行為

今後期待できること
今まで医師が行っていた行為の一部ができるようになるので、医師の負担を減らすことができるようになります。

お問い合わせ・アクセス

キャンパス

Address
〒329-1321
栃木県さくら市馬場410 マップ表示
TEL
028-681-1301
Access
JR宇都宮線「氏家駅」下車 西口よりスクールバス 5分
スマートフォン版はこちら