大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

岐阜県 私立大学
岐阜女子大学

school

初等教育学専攻(子ども発達専修)

文化創造学部 文化創造学科 初等教育学専攻(子ども発達専修)

学部・学科・コース情報

1年次から繰り返し子どもたちと直にふれあい、心や体の育ちを理解することで、現場の即戦力として活躍できる保育士・幼稚園教諭・児童福祉施設職員をめざすことができます。
また、入学時ピアノ初心者でも、レベル別個別指導にて、実習までに弾き歌いができるまでに上達し、子どもの知性、感性を育てる技術を身につけることができます。

【主専門・副専門システム】
子ども発達専修のある文化創造学部では『主専門・副専門システム』があります。
これは、自分が所属する「主専門(子ども発達専修)」とは別に、興味ある「副専門(他専攻・専修)」の科目も自由に組み合わせ、主専門と並行して履修できるシステムです。主とする専門能力に副専門の知識や技術をプラスすることで、複数の資格が取得でき付加価値が生まれ、就職の幅が広がります。

別学・共学
女子
昼/夜/通信
年限
4年
募集定員
50名(初等教育学専攻2専修の合計数)※保育士養成課程(子ども発達専修)の入学枠は40名

卒業後の進路

【文化創造学部(2022年3月卒業者の主な就職先)】
一般行政(七宗町)、保育士(安曇野市)、幼稚園教諭(知立幼稚園)こども園(あおぞらキンダーガーデン、ハートンこまづめ)、小学校教諭(岐阜県・富山県・福井県・静岡県・静岡市・愛知県)、国語教諭(長野県)、日興美術㈱、西日本三菱自動車販売㈱、㈱キョウデン、㈱マーキュリー、八幡信用金庫、㈱クスリのアオキ、ゲンキー㈱ ほか

目指せる資格・検定

  • 小学校教諭免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士
  • 中学校教諭免許状
  • 高等学校教諭免許状
  • 司書
  • 学校図書館司書教諭免許状
  • 学芸員
  • ピアヘルパー
  • デジタル・アーキビスト
  • 日本語教員
  • JUIDA認定無人航空機(ドローン)資格
  • ※他学部・学科・専攻履修で取得実績のある資格を含みます。

注目のカリキュラム

学生主体、全員で作り上げるミュージカル

注目のカリキュラム

すべて学生の自作で上演する「ミュージカル」活動。講義で学んだ音楽の知識は、劇中の歌やダンスに活かされ、美術の技術は色彩を吟味した衣装・小道具・背景壁面の制作に役立ちます。
子どもの育ちを第一に、新しい生活様式に対応した上演経験は、即戦力になると採用試験の合格に結びついています。

学費

2023年度予定

入学金

180,000円

卒業までの総学費

4,730,000円

学費について

【学費詳細】
●授業料(年額)750,000円
●施設設備費(年額)300,000円
●実験実習費(年額)80,000円
●杉の実会(保護者会)会費(4年分)30,000円

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。
スマートフォン版はこちら