大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立大学
高千穂大学

school

情報コース

情報コース 経営とITがわかるスペシャリストを養成

学部・学科・コース情報

企業経営に関する多彩な科目と同時に、プログラミングやデータベースなど実際にコンピュータを使用した情報通信技術も学びます。IT技術をどのように経営に活かしていくか、といったITと経営のつながりについても詳しく学びます。

【コース研究テーマ例】
ビッグデータから見る様々なモノ、新しいアプリビジネスについて、KH Coderによる分析
モノのインターネットとは、Google検索によるヒットから普及への道、不正アクセス、ヴィジュアルプログラミング言語、Appleのコアコンピタンスと成長戦略について、アプリの個人開発、違法ダウンロードの現状と対策 など

【在学生紹介】
 経営学部 情報コース3年 中山ゼミ
 小池 夏花
 
 パソコンを基礎から学び、経営で役立つ情報処理技術を習得

 将来、水族館の経営に携わりたいと思い経営学部を志望。今後はAIの役割が高まると考え、情報コースを選択しました。
 入学後は「基礎コンピュータ」でパソコンの基本操作を学び、「情報リテラシー」「情報社会論」で基礎知識を習得します。パソコンはあまり得意ではありませんでしたが、1年次の学びで基礎的な能力を養えました。
 2年次では「情報管理論」を履修。実践的な課題をこなしながら、ワード、エクセルなどを使いこなす技術を習得。専門科目は「データベース」を履修しました。情報の知識を深められれば経営の現場である生産管理にも役立つと思います。
 企業経営をITで支援できる人材になりたいので、可能であれば在学中に起業・事業承継コースの友人の家業をITで支援することにも挑戦したいです。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年
備考
2年次よりコース選択

卒業後の進路

システムエンジニアやプログラマとして、企業のシステム部門や情報通信産業のソフトやシステム開発などに携わります。また、情報と経営・マーケティングの知識を活かし、情報メディア産業で営業などでも活躍できます。

目指せる資格・検定

  • ITパスポート試験

注目のカリキュラム

データベース&マーケティング情報論

データベースではデータベースの構築・管理や販売管理システムの作成などについて学びます。また、マーケティング情報論では消費者がインターネットを使用し、どのような理由で商品を購買しているかを学びます。これらによりさまざまなデータを最適に処理でき、新しいトレンドを発見できるようになる。将来は、マーケターやデータサイエンティストとして販売促進を成功させる。

学費

2020年度予定

入学金

220,000円

学費について

1,175,000円(初年次、入学金、学費等を含む)