相談内容|日本語教師になるための進路は?

みんなの進路相談

相談内容
日本語教師になるための進路は?

私は将来、海外の人々に日本語を教える教師になりたいと考えています。 そのような場合、何を学ぶべきか、どの学部に進むべきかについて教えていただきたいです。 なお、高校では理系選択をしていますが、日本語教師という文系的な職業に就くのは難しいのでしょうか。

回答

 外国人に日本語を教えるのに際して必須とされている資格は存在しません。

 ただし、実際に日本語学校に就職したり、青年海外協力隊などでボランティア活動をする際には、やはり日本語教師としての実力の裏打ちとなる資格等が必要となってきます。

 日本語教育の能力を証明する方法としては、主に下記のものが挙げられます。



1)420時間程度の日本語教師養成講座(通信講座含む)修了

2)大学または大学院の日本語教育主専攻・副専攻

3)日本語教育能力検定試験合格



 これは青年海外協力隊の日本語教育ボランティアに参加する際の推奨条件ですが、海外の日本語学校で働くことを希望する場合も、同様の要件が求められるでしょう。また、国によっては、その国の教員免許が必要になる場合もあるそうですので注意が必要です。



 あなたの場合、高校で理系選択をされているとのことですので、日本語教育について学べる学部・学科(文学部など)に進むのは少し大変かもしれません。

 ですが、なりたい!という気持ちが強ければ、独学で必要科目(社会科など)の勉強をしていくことは不可能ではありませんし、大学によっては、全学部で日本語教員養成課程を受講できたり、副専攻として日本語教員養成課程を受講できたりする場合がありますので、そのような大学への進学を検討してみてもよいでしょう。



 あるいは、大学の学部・学科については就職の良い理系学部とし、在学中に日本語教育能力検定試験を受験したり、日本語教師養成講座を修了するなどの方法で、日本語教師としての能力を磨くという方向性もあるでしょう。

 日本語教員については、ネット上にもさまざまな情報がありますので、あなた自身でもいろいろと調べてみるとよいと思いますよ。

2018年04月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら