相談内容|大学入試に有利になる情報系資格は?

みんなの進路相談

相談内容
大学入試に有利になる情報系資格は?

工業高校から専門高校推薦を利用して大学の情報工学科に進学したいと思っています。 高校在学中に入試に有利になる情報系の資格を取りたいと思っているのですが、どのような資格を取ればよいでしょうか。自分としては「基本情報技術者」や、可能なら「応用情報技術者」などがいいのではと考えています。 他に評価されやすい情報系の資格はないでしょうか?

回答

 高校時代に取得しておくとよい情報系の資格ということであれば、やはり基本情報技術者が挙げられると思います。その他、IT関連の広範な知識を学ぶ意味合いでITパスポートを取っておいてもよいでしょう。

 基本情報技術者とスキルレベルが同じ(スキルレベル2)資格として、情報セキュリティマネジメントというものもありますが、こちらは2016年に新設されたばかりの資格であるため、まだ評価が定まっていない可能性があります。



 それを考えるのであれば、応用情報技術者の勉強をした方が有益かもしれません。

 例年、高校生で応用情報技術者試験に合格できるのは数十人程度となっていますので、これを取得できれば大きな武器になると思われます。

 ただ、資格取得にかまけて学生の本分である学校の授業の方がおろそかになり、評定平均値を落としてしまうようでは意味がありません。

 応用情報技術者の勉強まですると負担が重すぎると思えるようなら、基本情報技術者だけでも評価されますので、基本情報技術者試験合格に目標を絞り込んで頑張ってみるとよいでしょう。



 他に「全国商業高等学校協会 情報処理検定」「全国工業高等学校校長協会 情報技術検定」「ICTプロフィシエンシー検定(P検-パソコン検定)」なども評価されやすいと思います。

 どの資格の何級からが評価対象になるのかは、大学によって異なりますので、事前に情報を集めておくことをおすすめします。

2017年12月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら