相談内容|併願と専願について

みんなの進路相談

相談内容
併願と専願について

専門学校と短期大学の両方を受験する場合は併願にしないといけませんか? 専願で受験するのであれば一校にした方がいいのか教えてください。

回答

まず「専願(単願)」について整理しましょう。

専願とは、合格したら必ずその学校に入学することを約束して出願する選抜方法です。その学校への志望度の高さを表明することになるので、併願制度よりも合格の可能性が高まる制度と言ってよいでしょう。そのため、専願で出願する場合は「一校にした方がいい」のではなく「一校にしなければならない」のです。専願で出願して合格したら、よほど特別な理由(経済状況の悪化や著しい体調不良で通学が困難な場合など)がない限り、入学辞退はできません。

さて、専門学校と短期大学の併願ですが、利用する入試方式や学問分野によっては難しくなります。推薦入試とAO入試の場合は時期が重なっている場合もありますが、これらはそもそも専願を基本とした入試方式なので併願は現実的ではありません。一般入試の場合、短期大学は2~3月頃、専門学校は11月以降に行われます。看護など一部の分野以外は、専門学校の方が早めに出願や入試が開始されるため、入学手続きまで進めてしまうと、そこから短期大学へ切り替えるのは大きな進路変更となります。

理由あって併願を望むのであれば、専門学校の中には短期大学の合否結果が出るまで入学手続きを待ってくれる制度を用意している学校もあるので、そのような学校を進学先に選べば併願はしやすくなると思います。進路ナビで事前に気になる学校から学校パンフレットを取り寄せるなどして、そのような制度がないか確認しておくとよいでしょう。進路ナビでは一部の学校を除き、資料代・送料ともに無料で資料請求ができますので活用してください。

2021年12月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら