相談内容|書類審査の採点基準は?

みんなの進路相談

進路相談

書類審査の採点基準は?

書類審査20点 小論文40点 集団面接40点の配点の推薦入試を利用して進学することを考えています。 ですが、書類審査に自信がないため、出願すべきかどうか悩んでいます。 評定平均値は出願資格ギリギリしかありませんし、資格や検定は何も取得してません。欠席日数も多くはありませんが、全く欠席していないわけではありません。 一般に、書類審査の採点基準はどのようになっているのでしょうか? 法学部であれば社会科の平均評定値を見られたりするのでしょうか? できれば集団面接のアドバイスと合わせて回答をお願いします。

回答

 推薦入試の書類審査の評価基準は学校によって異なるため、はっきりとしたことは言えませんが、一般的には評定平均値が最も重視され、続いて出欠状況や課外活動、取得資格などの実績がチェックされることになります。

 法学部志望だからといって、特別に社会の評定平均値がチェックされるようなことはないと思いますが、各教科の全般的な成績の伸び具合についてはチェックされる可能性が高いです。

 評定平均値が出願資格ギリギリ、かつ特別なアピール点がないということであれば、書類審査では平均的な評価を受けるのが精一杯と思われますので、出願するのであれば、面接や小論文で挽回していくしかありません。

 幸い、配点的には書類審査のウェイトはそこまで高くありませんので、面接と小論文に自信があるのであれば、出願してみてもよいと思います。

 集団面接の注意点ですが、基本的には個人面接と同様で、身だしなみや受け答えの礼儀正しさなどが重要になります。ただ、比較のために他の受験生と同じ質問をぶつけられる可能性がありますので、周りの受験生の応対にも注意を払い「前の人と同じです」といった主体性のない回答をしないように心がけていくとよいでしょう。

 詳しくは市販の面接対策のマニュアル本などを参考にしてみてください。ただし、本に書かれている通りの回答をしているだけでは、マニュアル的に過ぎると見られる可能性がありますので、本の回答例をベースに、自分自身の経験や考えを加えてアレンジしていくようにしましょう。

2014年12月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら