相談内容|准看護師と正看護師の違いについて

みんなの進路相談

相談内容
准看護師と正看護師の違いについて

准看護師と正看護師の違いについて教えてください。

回答

准看護師と正看護師の違いについて説明します。

・免許・資格について

まず免許の出どころが異なります。看護師は厚生労働大臣から免許を受けますが、准看護師は都道府県知事から免許を受けます。正看護師が国家資格であるのに対して、准看護師は都道府県知事が発行する資格となり国家資格ではありません。

・業務について

準看護師と正看護師の業務内容に大きな差はないとされています。そのため准看護師であっても、血圧・体温・脈拍などの測定、点滴、注射・採血、食事介助、排せつ介助、入浴介助、夜勤巡回、患者の移送、カルテの記載、カンファレンスへの参加など、看護師と同じような業務を行うことができます。ただし、異なる点もあります。准看護師は医師や看護師の指示のもとに業務にあたらなければいけません。そのため、自らの判断で業務をおこなったり、看護計画を作成したり、ほかの看護師に指示を出したりすることはできません。

・教育について

資格取得までのルートについては、正看護師は3年以上、准看護師は2年の期間を要します。正看護師の資格を取得するには、看護大学(4年)、看護短大(3年)、看護師養成学校(3年)のいずれかを卒業し、看護師国家試験に合格しなければなりません。准看護師の資格を取得するには、准看護師養成所(2年)を卒業し、准看護師試験に合格しなければなりません。准看護師は最終学歴が中学卒業でも目指せるのが特徴です。

・将来性について

正看護師も准看護師も需要の高い仕事なので、就職についてはそれほど苦労せずにできるはずです。しかし教育内容が異なることからも、将来のキャリアについては正看護師と准看護師で差が出てきます。昇進や昇格は期待できず、准看護師として働き続ける以上は現場が主な仕事場となります。

准看護師は戦後の病院増加による看護師不足に対応するため、正看護師に比べて資格取得の要件を下げ、看護師を確保しようとする動きから始まった制度です。看護師としてのキャリアを考えるのであれば、正看護師を目指して進学するほうが将来の可能性は広がるでしょう。

2021年11月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら