相談内容|私は将来アメリカで働きたいと思っています。 できれば養護教諭として働きたいと思

みんなの進路相談

相談内容
私は将来アメリカで働きたいと思っています。 できれば養護教諭として働きたいと思

私は将来アメリカで働きたいと思っています。 できれば養護教諭として働きたいと思っているのですが、アメリカには養護教諭という職業はあるのでしょうか? また、日本人がアメリカで養護教諭として働くのは難しいのでしょうか?

回答

 アメリカにおける養護教諭に相当する仕事は「school nurse(スクールナース)」となります。

言葉通り、学校の看護師(ナース)ですので、働く州でナースとして登録されていることが、採用の必須条件となります。

 ナースとしての登録を行うためには、NCLEX-RN(正看護師相当)か、NCLEX-PN(准看護師相当)の試験に合格しなければなりません。

 NCLEXの受験資格を得るためには、アメリカの大学・短大の看護課程を修了するか、日本で正看護師、または準看護師の資格を取得した後にCGFNSの試験に合格するかしなくてはなりません。

 ただし、ニューヨーク州とカリフォルニア州では、日本の看護師の資格があれば直接NCLEXを受験することができるそうですので、特別に働きたいと思う州がないようなら、日本で看護師資格を取ってから、この2州で働くことを目指してみても良いでしょう。

 なお、スクールナースになるためには、NCLEX-RNに合格し、その上で「the National Board for Certification of School Nurses' (NBCSN) certification exam」という資格試験に合格する必要があるようです。その後、自力で働き口を探して応募、採用してもらう必要があります。

 これらの手順に加えて、アメリカで長期間働くためには、アメリカの学校などに雇用してもらった後に、雇用主からアメリカ政府に労働ビザ(一般的に「H-1Bビザ」となります)の発行を申請してもらう必要もあり、これまた高いハードルとなります。

 このように、アメリカで養護教諭になるのは簡単なことではありません。

 アメリカで働くためには、日常会話はもちろん、専門的な会話もできるだけの高い英語力が必要となりますので、今の内から英語に親しんでおくとよいでしょう。

 スクールナースについてより詳しい情報を得るために、英語の勉強がてら、インターネット上の検索サイトを利用して、「school nurse」というキーワードで情報を集めていくことをおすすめします。

2011年05月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら