相談内容|学費は前期と後期に分けて支払うのが普通なのですか? 例えば、学費が100万円だ

みんなの進路相談

進路相談

学費は前期と後期に分けて支払うのが普通なのですか? 例えば、学費が100万円だったら、前期、後期に50万円ずつ払うのですか?

回答

 学費の納入時期については、一括支払いと、前期(入学手続き時)・後期(秋頃)の2回払いのどちらかを選べる学校が多いと思います。

 ただし、一括払いのみの学校や、3回以上の分割支払い(分納制度)ができる学校もありますので、あらかじめ気になる学校から学校パンフレットを取り寄せて、確認しておくとよいでしょう。

 最近では、奨学金利用者の増加を受け、毎月払いの形で(多くの奨学金は一定金額が毎月振り込まれる形で支給されます)学費を払える学校なども出てきています。

 なお、学費と一口に言いますが、その内容は、入学金、授業料、施設設備費、実習費、教材費、諸経費などとなっており、それぞれ納入時期が異なっていることもありますので、詳細については、事前に確かめておく必要があります。

2010年12月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら