相談内容|教育学部と教員養成系学部の違いはなんですか? 小学校や中学校の教師になりたい場

みんなの進路相談

相談内容
教育学部と教員養成系学部の違いはなんですか? 小学校や中学校の教師になりたい場

教育学部と教員養成系学部の違いはなんですか? 小学校や中学校の教師になりたい場合には、どちらの学部に進学したら良いのでしょうか?

回答

 教育学部は教育学を学ぶための学部、教員養成系学部は教員を養成するための学部となっています。

 教員養成系学部では、卒業に必要な単位を取得すると自動的に教員免許が得られるようになっています。一方、教育学部では、卒業に必要な単位を取得しただけでは教員免許が取れない場合があります。

 ですので、教師を目指すのであれば、教員養成系学部に進学した方が有利になります。特に小学校教師を目指す場合は、教員養成系学部でないと免許が取れない場合が多いようです。

 注意すべきこととしては、「教育学部」も「教員養成系学部」も学部名自体は「教育学部」となっていることが多いことです。ですので、進学先を決める時には、学部のカリキュラムや取得できる資格をよく調べて、志望学部が教員養成系学部であるかどうかを確かめておく必要があります。

 文部科学省の公式サイトに、教員免許が取得できる大学・学部の一覧表がありますので、そちらの情報も参考にして、進学先を決めていくと良いでしょう。

2009年01月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら