植草学園大学の先輩・先生の声

school

千葉県 私立大学

植草学園大学

パンフレットをもらう

植草学園大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
043-239-2600(入試・広報課)  
E-mail
nyuusi@uekusa.ac.jp  
URL
http://www.uekusa.ac.jp  

先輩の声

子どもたちにたくさんの愛情をそそげる保育者をめざします!

山本真由 さん / 発達支援教育学科 / 千葉県立匝瑳高等学校

先輩

私は保育所でお世話になった先生に感謝しています。子どもたちを大切に保育してくださった先生のようになりたいと思い、先生方やカリキュラム・設備の充実している植草学園大学を選びました。大学では、子どもの発達や的確な支援について細やかな学びを得ることができます。人との関わりを大切にし、実践力も身につけたいです。

(掲載年度:2018年度)

信頼してもらえる理学療法士をめざします!!

水野奈緒 さん / 理学療法学科 / 千葉県立君津高等学校

先輩

私は将来、患者さんに寄り添ったケアのできる理学療法士になりたいと思っています。植草学園大学には、豊富な知識と経験を兼ね備えた先生方がいらっしゃり、施設やカリキュラムも充実しています。講義や実習をとおして専門的な知識・技術を身につけるため、仲間たちと支え合って頑張っていきたいです。

(掲載年度:2018年度)

▲ 植草学園大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

共生社会の形成に貢献できる人を育成します

渡邉 章 先生 / 発達教育学部長

先生

発達教育学部・発達支援教育学科では、その名称が示すように、子どもの発達を支援することと、子どもの教育について総合的に学ぶことができます。
本学科では、小学校教育、特別支援教育、幼児・保育という3つの専攻がありますが、どの専攻でも障害のある人への支援やインクルーシブ教育について、しっかり学びます。
これらの学びを通して、障害やさまざまな困難を抱える子どもたちに、やさしく適切な支援を行える教員や保育士など、これからの共生社会の形成に貢献できる人材を育成します。

(掲載年度:2018年度)

やさしい心と確かな知識・技術をもった全人的医療の担い手になりましょう

小池 和子 先生 / 副学長/保健医療学部長

先生

2025年に国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となる超高齢社会を迎える我が国では、身体機能の障害をもちながら生活する方々はますます増えていくと予想されます。保健・医療分野では、こうした方たちが生活の質を高く保ち、いきいきと日々を過ごすことができるように専門的な技術支援をします。
特に植草学園では、困難をもった人が、社会の一員としてその人らしく生活できるよう支援することを重視します。
身体だけでなく心の痛みにも寄り添うことができるあたたかい理学療法士として、地域社会に貢献し、情熱と努力を惜しまない臨床力のある理学療法士を育成します。

(掲載年度:2018年度)

▲ 植草学園大学の先輩・先生情報トップへ

植草学園大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
植草学園大学のパンフをもらう