職業から進路や進学先を考えよう!!はこちら

語る!仕事人 スペシャルインタビュー 語る!仕事人 スペシャルインタビュー 警察犬訓練士

犯罪捜査で活躍する警察県を鍛える

警察犬訓練士とは、扱う警察犬の種類によって「直轄警察犬訓練士」(公務員)と「嘱託警察犬訓練士」(民間人)の2種類に分かれる。直轄警察犬(警察所有犬)訓練士は鑑識課の警察官が、嘱託警察犬(民間所有犬)訓練士は民間の警察犬訓練所で働く訓練士などが務める。嘱託警察犬訓練士になるには、見習訓練士として訓練所に入り、住込みで早朝から夜遅くまで働きながら「公認訓練士」の資格を取得するのが第一歩。

進学先警察犬訓練士になるための進学先

進学先(例)
動物管理系、法学、公務員養成系
大学
法学科、法律学科 など
短期大学
法経科 など
専門学校
公務員総合コース、警察官・消防官・自衛官コース、ドッグトレーナー科 など
卒業後の主な進路
各都道府県警察署、警視庁、民間警察犬訓練所、ドッグスクール、ドッグトレーニングスクール など

資格警察犬訓練士の関連資格

  • 日本警察犬協会公認訓練士〈一等・二等・三等〉 など

警察犬訓練士を目指せる学校を検索してみよう!

その他の業種をさがしてみる

職業マップ

仕事につながる資格を調べよう