大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立大学
修文大学

school

先生・先輩

先生からのメッセージ

今まで以上に学生ファーストの学部をめざしています。

  • 田村 明先生

健康栄養学部は、次のような人に入学して頂きたいと思っています。
将来、管理栄養士として働きたい人
医療・福祉に関心がある人 
人間性を高め、食・栄養面から総合的に健康を考え、
地域・社会に貢献したいと思っている人
食べものに興味がある人
勉強は好きでなくてもいいですが、嫌いではない人
近年の本学管理栄養士国家試験の結果は、ここに胸を張ってお示しするほどの数値ではありません。しかし、これから入学しようとされる 皆さんが卒業される頃の合格率は「全員受験・全員合格」を旗印に、ほぼ100%に到達すると確信しています。なぜならば学部全教員が心をひとつにして、今まで以上に「学生ファースト」の学部を目指しているからです。

キャンパスで皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

(掲載年度:2021年度)

これからの時代に求められる看護師を養成します。

  • 池松 裕子先生

看護は、ひとに寄り添い、その人が病気を持っていようがいまいが、より健康的な生活を送れるように援助します。新型コロナウイルス感染症のパンデミックや軍事侵攻など、不安定な世の中にあって、ひとびとのこころもからだも傷つきやすくなっている昨今、看護はますます重要性を増しているといえるでしょう。そのようななか、多くの若いひとたちが看護職を目指してくださるのは本当にうれしく思っています。看護を学ぶということは、まさに人生を学ぶことです。ひとが生まれてから成長し、老いてこの世を去るまでの過程を学び、人生をより健康的に、豊かに過ごしていただくための援助方法を学びます。このような学びの経験は、きっと学生さんたちの人生も豊かにしてくれるものと信じています。本学は志の高い若い人たちの意欲を尊重し、主体的な学びを促進するように、教員一同、こころのこもった手厚い教育を行っています。これからもめまぐるしく変化していくと思われる世界に柔軟に対応できる看護職の育成を目指しています。  加えて、地域の皆様の健康にも貢献できるよう、種々の活動を行っています。多くの人たちが力を合わせ、明るく健康的な世の中をつくっていくために貢献するのが本学の使命だと考えます。

(掲載年度:2022年度)

キラリと光る臨床検査技師をめざして

  • 磯部 健一先生

皆さんは、自分自身が、あるいは愛する家族が突然、高熱がつづいたり、倒れたり、激しい痛みに襲われたりしたらどうしますか?迷わず、病院に駆けつけるでしょう。その時重要なのは、まず、病気を早く的確に診断することです。臨床検査技師は、医師の指示で、血液採取し、腹部や心臓のエコーをおこない、必要ならば心電図等の様々な検査で科学的に病気の診断を手助けします。知識と技術で病変を発見した時は大きな喜びを感じるでしょう。臨床検査技師の腕で多くの患者さんが救われるのです。医療科学部は、新しい時代の医療に貢献できる臨床検査技師を育てることを目的として、2020年4月開設された新しい学部です。少子高齢化、国際化といった社会構造の変化に伴って、疾病も大きく変化しています。また、医学、生物学のみならず、コンピューターサイエンスの発展に伴い、検査機器の進歩は目を見張るものがあります。このような時代、科学的な思考と、しっかりとした検査技術を備えた臨床検査技師の活躍の場はますます広がっています。医療科学部には、教育、臨床、研究の場で様々な経験を積んできたエキスパートが集まりました。私たちは、学生をしっかり鍛え、国家試験に合格させ、建学の精神である"国家、社会に貢献できる人材の育成"のもと、医学の進歩に対応でき、その技術で患者さんに喜んでもらえる臨床検査技師を育てます。

(掲載年度:2021年度)

スマートフォン版はこちら