大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

福岡県 私立大学
福岡工業大学

school

先生・先輩

先輩の声

「災害に強いインフラを整える」将来の目標に向かって限界にチャレンジ!

  • 越智 章仁さん
  • 情報工学部 情報通信工学科4年

高校生の時に、携帯電話が普及しはじめて、最初にスマホを手にした時は、簡単にいろいろな情報が手に入ることに驚きましたし、興味を持ちました。私の場合は、スマホ本体というより通信の方により興味を持ち、電波塔の設備や管理などについてもっと知りたい!と思い、情報通信工学科への進学を希望しました。最近は、自然災害も多く、通信系のインフラの大切さを実感しています。そこで将来の目標が見えたというか、災害に強い通信インフラの設備に携わる仕事がしたいと思うようになりました。
大学へ入り、専門的なことを学ぶにつれ奥の深さを実感しました。情報通信工学科の学びの中で通信の歴史を知り、「もっとこんなことができるのでは」と想像することで理論と実践両面から知識を深めることの楽しさを感じました。そこで1~2年はとにかく勉強をがんばる!という目標を立て、1年の内に可能な履修登録上限を超えての単位取得を試みました。福工大の情報通信工学科には、該当の授業の単位を取得していると科目免除になる制度があるので、残りの科目を独学で勉強しています。
現在は「第一級陸上無線技術士」の資格取得を目標に勉強中です。

(掲載年度:2019年度)

グローバルな舞台で活躍できるエンジニアを目指して

  • 立石 雄貴さん
  • 工学部 電気工学科4年

将来はエンジニアになりたいという夢があり、高校でも理系を専攻し、工業大学への進学を希望していました。福工大のオープンキャンパスにも訪れ、設備の充実度や先輩方の雰囲気の良さ、特に自分がやりたいことに向かって頑張っている人が多いな、という印象だったのが進学の大きな理由のひとつです。それにもう一つ、大学では海外留学を経験したい!という強い思いがあり、さまざまな留学プログラムがある福工大に魅力を感じました。
1年の時に「キャリア形成」という授業を受け、4年間これからどう過ごすか計画を立てて就職について意識づけができていたのは大きかったと思います。加えて留学、国際交流サークル「FIT ICE」など常にグローバルな環境の中で、コミュニケーション能力やリーダーシップを発揮できたことが、自分自身の強みになったと思います。
夢だった外資系企業から内定をいただき、卒業後はITスペシャリストとして働く予定です。
こうして夢に向かって一歩一歩前進して、成長できたのも福工大へ進学したからこそだと実感しています。

(掲載年度:2019年度)

先生からのメッセージ

「好き」を伸ばし、豊かな人間力を。世界に通じ、地域に貢献できる真の技術者を育てます。

  • 学長 下村輝夫先生

福岡工業大学の魅力は、九州の私大の中でもトップレベルの就職率と、「For all the students」を合言葉とした面倒見のよい丁寧な教育。教員・職員が一丸となり、わが子のように学生一人ひとりの可能性を拡げる強力なサポート体制を築いています。また、地域や企業と連携しながら九州のモノづくりに貢献する活動を行っています。人工知能が注目される現代社会において、人間にしかできないこととは何か?それは自ら課題・問題を見出し、解決する力。人間の知的生産力こそが未来を拓く鍵です。すぐに役立つスキルだけではなく、自分の好きなものを深く追求すること。「好き」は無限のエネルギーを生み、モノづくりに一番大切なコアです。
好きなことを見つけ、夢を育むために、本学の教育環境をフル活用してください。また、異分野にも興味を拡げ、多様な視点を持つことが柔軟な発想にもつながります。サークルなどのグループ活動にも積極的に参加して、自分の財産となるネットワークを築いてください。礼節と柔軟性と知力を兼ね備えた人が、未来に活躍できる真の技術者です。私たちも全国トップクラスの教育拠点を目指し、あなたの10年後、その先の夢を叶えるサポート役として、この魅力あふれるステージで待っています。

(掲載年度:2018年度)